独特な世界。12歳の男の子が作るメランコリックな人形たち

Callum Donovan Grujicichくんは両親と、弟と愛犬のジグスと一緒にカナダのオンタリオ州ウィットビーに住む12歳の男の子で独学のアーティストです。

これらの人形はCallum Donovan Grujicichくんが作り出した作品です。小さい頃から何かを作ることで自分を表現してきたCallum(カルム)くんですが、10歳の頃より紙粘土、ワイヤー、アクリルなどを使い本格的に人形を制作するようになります。イメージをベースに制作していますが、舞台や文学に多くインスピレーションを受けているようです。

インスタグラムのアカウント(@callumdgart)にて多くの作品が掲載さていますので、是非ごらんください。また、2017年の春にはコンペティションであるスコラスティック・アート、ライティング・アワードでにて優秀な賞を受賞しています。現在人形は全て売り切れだということ。今後、どのように作風が変化するのかも気になるところですね。

CBC Artsが主催したCallum(カルム)くんの動画では、近所の空き地や森の中などで素材探しをしたり、本人が制作する光景などが撮影されています。合わせてごらんください。






拡大

CallumDGArt(@callumdgart)がシェアした投稿

CallumDGArt(@callumdgart)がシェアした投稿






拡大

CallumDGArt(@callumdgart)がシェアした投稿

こちらがCallum Donovan Grujicichくんご本人です。

CallumDGArt(@callumdgart)がシェアした投稿






【次ページ】 動画

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

悪そうだけどイイ奴ら!?森の番人のような佇まいを見せるトロールの人形... Impsandthingsはトロール(妖精)の人形達を多く制作しています。 作られた人形達は森の中に置かれ撮影されています。トロール達の身につけている服や肌の色が樹木や落ちている葉などの色と一緒で保護色となっていて遠くから見ると分からないかもしれませんね。 頑固そうな表情も愛らしく、今に...
ファンタジックでデコラティブ。動物や架空の生き物をモチーフにした不気味な人形たち... アンティークの磁器人形をベースにガラスビーズなどで装飾された人形をBetsy Youngquistは多く制作しています。 フォルムとしては猫やうさぎ、亀などといった動物や芋虫、蜂などの虫、他には人魚やUFOのような形の架空のモチーフが多く、神話や空想上の生き物なにインスピレーションを得た作品群です...
愛くるしい表情が堪らん。羊毛フェルトで作られた小さな動物たちが可愛い。ギュッとしたい... 羊毛フェルトを素材に針で刺しまるめて作る人形は「フェルティングドール」とも呼ばれており、手芸コーナーに行くと初心者向けにキットが販売されたりもしています。 サンクトペテルブルクに住むアーティストTatyanaが作るフェルティングドールは実によくできていて、表情の作り込み、特に目にガラスが使用さ...
芸術的再構成。骨を3Dプリンターで印刷して美しく組み上げた不気味な美しさを持つ作品... チェコのアーティストMonika Horcicovaの立体作品をご紹介します。3Dプリンターを使って骨を印刷し車輪や奇妙なパターンに再構成しています。 骨を円で組み上げる意味や手ではなく脚を選んだ理由がこの作品のコンセプトになっているように見えますね。多少不気味に感じますが規則的に並べられた骨...
流木で人型オブジェを制作するアーティスト岩崎永人の彫刻作品シリーズ「Torso」... 1953年山梨県出身のアーティスト岩崎永人さんは流木を使って人型のオブジェを制作しています。様々なフォルムをした流木を組みわせ、自立した人型になっています。 森や林、廃墟のような場所にあるこれらのオブジェは有機的なフォルムをした流木により、新たに生命を得たようで、とても不思議な存在感があります...
怪奇的。人間の髪やアンティーク、亡き祖母の遺品で作られる操り人形たち... 「Handsome Devils Puppets」という名前で活動する人形作家の人形作品は、人間の髪、数々のアンティーク、あと、亡くなった祖母の遺品であるアクセサリーやジュエリーなどから作られています。 人形は「アダムスファミリー」のウェンズデーアダムス、フリーダ・カーロ、シルヴィア・プラスな...
     

SNSで更新情報を配信中!!