SF的な90年代アメリカを旅する少女とロボットを描いた作品集「The Electric State」

【必見】シモン・ストーレンハーグの作品集「エレクトリック・ステイト」がついに発売!!

国際的に有名なスウェーデンのコンセプトアーティストSimon Stålenhag(シモン・ストーレンハーグ)の新しい作品集がkickstarterで資金集めに成功し、Kickstarterで支援した方に作品集が送られます。

この作品集は、少女と彼女のロボットが90年代のアメリカを旅する光景を描いたものです。
風景自体は90年代のアメリカではありますが、宇宙基地のような建造物や奇妙なヘッドセットを付けた人物、おもちゃのような巨大なロボットなどが描かれています。

SF的な要素が90年代のアメリカの風景と融合されており、とても不思議な風景を作り出します。

The Electric State – Simon Stålenhag’s New Narrative Artbook











エレクトリック・ステイト  THE ELECTRIC STATE
シモン・ストーレンハーグ
グラフィック社
売り上げランキング: 131,275






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【アナ雪】壮大なアニメーション映画の舞台裏を多数掲載「The Art of アナと雪の女王」... 「アナ雪」と略して親しまれている「アナと雪の女王」(2013年公開)は、ウォルト・ディズニーによるアニメーション・ミュージカル・ファンタジー映画ですね。続編も2019年11月22日に日米同時公開予定されており、予告編は公開から24時間で1億1,640万回再生されるほど、公開が待ち遠しいアニメーション...
絵師に学ぶ刀と人物を魅せる描き方。「刀剣+ポーズ」のイラスト講座本が発売... 「デジタルで描く! 「刀剣+ポーズ」イラスト真剣講座 キャラクターに命を吹き込む、動き・表情・シーンの秘伝技」がSBクリエイティブから2015/8/29に発売されます。 本書は「イキイキとした、ダイナミックな動きのあるポーズ」や「一枚のイラストだけでキャラの特徴を最大限にアピールできる、顔やカ...
ダイナミックで細密!!ペンで描きこまれた生命感と迫力に溢れたイラストレーション... 日本画や浮世絵など日本風の絵画スタイルと西洋の絵画様式を組み合わせて絵画を制作するなど、異文化同士を同じ画面で融合して絵画やアート作品を制作するアーティストは多くいますね。 中国のイラストレーターであり、デザイナーのRlon Wangはペンを使って細密で迫力ある生命感に溢れた作品を制作していま...
【最新作】意味不明。スペインの漫画家が描く不条理な6コマ・イラストレーション集... 以前ご紹介したスペインの漫画家、イラストレーターJoan Cornellà(ホアン・コルネラ)の新作が公開されているようですので、再度ご紹介します。 相変わらずの、説明なしの意味不明な世界観。笑えるのもありますが、少し不安になるのもちらほらと・・・そしてなんと、Joan Cornellàの作品...
美しき物語と耽美な装飾。世紀末アール・デコ時代に活躍したカイ・ニールセンの挿絵画... コペンハーゲン出身、デンマークのイラストレーターKay Nielsen(カイ・ニールセン)(1886-1957)は19世紀後半から1930年頃のイギリスを中心とした挿絵の黄金期である「挿絵の黄金時代」に活躍した1人です。 オーブリー・ビアズリーのアール・ヌーヴォー的な線描を受け継いだとされ、同...
【ジブリ】ファン大興奮!?「天空の城ラピュタ」がテーマパークになったらどうなる?... アメリカのディズニーランドの「美女と野獣」、「ライオンキング」、「アラジン」などを手掛けたデザイナーJohn Ramirezがスタジオジブリの宮崎駿監督作品「天空の城ラピュタ」のテーマパークを描いています。 こんなテーマパークがあったら面白い!!と思わせる内容となっていて、ジブリファンなら胸が...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る