【必見】安藤緑山や宮川香山など。明治から現代までの超絶技巧を堪能できる展覧会「驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ」

大阪のあべのハルカス美術館で「驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ」が2019年1月26日(土)~4月14日(日)の期間で開催されてます。初公開となる安藤緑山の「松茸、占地」や展覧会チラシで使われている「胡瓜」など野菜や果物をモチーフにした象牙彫刻(牙彫)や陶磁では、宮川香山の「猫ニ花細工花瓶」が出展されています。

本展は、村田理如による清水三年坂美術館のコレクションを中心に、2014年に開催し大好評を博した「超絶技巧!明治工芸の粋」展の第2弾。

安藤緑山や宮川香山などの明治時代の工芸作家の作品の他に、満田晴穂、青山悟、橋本雅也、稲崎栄利子、春田幸彦、前原冬樹などの現代で活躍する作品も展示されます。

現代の作品でも明治期の作品に劣ることない超絶技巧を見ることができます。この機会に是非。

このたび、その続編ともいうべき、「驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ」展を開催します。前回に引き続き、村田理如氏による清水三年坂美術館のコレクションを中心として、さらに近年各所での調査によって確認された明治工芸の素晴らしい作品もあわせて展示します。

そしてさらに、明治工芸を産み出した工人たちのDNAを受け継いで、超絶技巧プラスαの機知に富んだ現代作家の作品も多数展示します。彼/彼女らの多くは、いまだ一般的な知名度はほとんどありませんが、100年後、200年後にその作品がたしかに評価されるにちがいないと思います。

この展覧会では、アカデミックな美術史における評価とも、いわゆる伝統工芸のヒエラルキーとも無縁の、明治工芸と現代作家のコラボレーションが実現します。日本人ならではの超絶技巧のDNAがどのように引き継がれているのか、ぜひ注視していただきたいと思います。






展覧会チラシ

展覧会チラシ

展覧会チラシ

安藤緑山 「パイナップル、バナナ」 清水三年坂美術館

安藤緑山

安藤緑山「胡瓜(きゅうり)」

安藤緑山

安藤緑山「トマト」 清水三年坂美術館蔵

前原冬樹 《一刻:皿に秋刀魚》 桜、油彩






この展覧会は三井記念美術館で開催された巡回展となっています。見逃した方は是非!!!






美術手帖 2016年3月号

美術手帖 2016年3月号
美術出版社編集部
美術出版社

世界に愛されたやきもの―MAKUZU WARE眞葛焼 初代宮川香山作品集

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【展覧会】可愛くて、ちょっぴりダークな不思議な世界。近未来(コンドウミク)の個展が中野で開催... 近 未来(コンドウ ミク)さんの個展「Alice in teeny slumber ~アリスのうたた寝~」が中野ブロードウェイ4Fにあるギャラリー リトルハイで2019年11月1日(金)~11月11日(月)(11月6日水曜休廊・12:00~19:00(最終日は17:00まで))の期間で開催されま...
幻想的な標本アートの世界。江本創の個展が銀座の青木画廊で1/23から開催... 著書「幻獣標本箱」「幻獣標本博物記」「幻獣標本採集誌」などで知られる江本創(えもとはじめ)の個展「江本創展~妖(あやかし)の森に棲む~」が銀座の青木画廊で開催されます。 著書を見たことがある人なら分かると思いますが、不気味な造形ではあるものちょっとユーモラスな所もあり、見応えある作品集。まるで...
「縄文」をモチーフにした松山賢の個展 「縄文怪人土偶怪獣」が新宿髙島屋で開催... アーティスト松山賢の個展「縄文怪人土偶怪獣」が、6月7日(水)〜19日(月)の期間に新宿髙島屋10階美術画廊で開催されます。 「縄文怪人土偶怪獣」と題した本展では、松山賢が日本人の根源的美術表現としての「縄文」をテーマに制作した油彩・アクリルの平面作品に加え、野焼きによる立体作品まで近・新作が...
線による立体。徳持耕一郎の個展「線が奏でるJAZZ ~鉄筋彫刻の世界~」... ギャラリーリトルハイで徳持耕一郎の個展「徳持耕一郎 個展 線が奏でるJAZZ ~鉄筋彫刻の世界~」が2017年3月10日(金)~3月21日(火)の期間に開催されます。 今回の個展「徳持耕一郎 個展 線が奏でるJAZZ ~鉄筋彫刻の世界~」ではこの鉄筋彫刻の他にも銅版画や毛糸、針金など様々な素材...
【見逃せない!!】ベルギー美術500年の旅。ボス、マグリット、ヤン・ファーブルなどの展覧会「ベルギー... 2017年7月15日(土)~9月24日(日)の期間に渋谷にあるBunkamura ザ・ミュージアムで「ベルギー 奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで」が開催されます。 現代から、16世紀のフランドル絵画、19世紀の象徴派などベルギーの500年にわたる美術、芸術を紹介する展覧会と...
パロディづくしの300点。「パロディ、二重の声 ――日本の一九七〇年代前後左右」が東京ステーションギ... 東京ステーションギャラリーで「パロディ、二重の声 ――日本の一九七〇年代前後左右」展が、2017年2月18日(土)~4月16日(日)の期間で開催されます。 本展は、グラフィックデザイナー横尾忠則(よこお ただのり)、現代美術家の篠原有司男(しのはら うしお)、美術家の吉村益信(よしむら ますの...
     

SNSで更新情報を配信中!!