濱直史の個展「美しすぎる立体切り絵!」が中野ブロードウェイで開催


中野のブロードウェイセンター4FにあるGALLERY リトルハイで濱直史(はまなおふみ)の個展「美しすぎる立体切り絵!」が開催されます。

切り絵した紙を、折り、重ね、組み立てることにより立体的な作品に仕上げた「立体切り絵」。濱のその独自の技術により生み出された作品は、どれもがとても美しく繊細で平面の切り絵にはない魅力に溢れています。

特に鶴をはじめとする伝承折り紙をモチーフにした作品の数々は、日本の伝統文化とその独創的なアイデアが驚くほどマッチして、観る者全てに「和」の素晴らしさを感じさせます。

そして更に進化した「曲面立体切り絵」はまさに切り絵の3Dとも言うべき驚きの作品です。今回の個展では濱の「立体切り絵」の代表作である鶴の作品と「曲面立体切り絵」の代表作である金魚の作品のそれぞれ四つの作品が日本の美しい四季を感じさせる「春夏秋冬」という新作など約20点が展示されます。











場所:ギャラリー リトルハイ
日程:2017年10月6日(金)~10月16日(月)
休廊:10月11日(水)
電話番号:050-3597-7222
営業時間:12:00~19:00(最終日は17:00まで)
入場:入場無料
住所:東京都中野区中野5-52-15中野ブロードウェイ4F
アクセス:JR中央線・JR総武線・東京メトロ東西線「中野駅」北口よりサンモール商店街を通り徒歩3分
WEBサイト:http://www.little-high.com/






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【ジャパン・ルネサンス】「新版画」に情熱をかけた男たち。川瀬巴水と吉田博の木版画展が開催... 長野県東御(とうみ)市にある東御市出身の画家丸山晩霞の作品や愛用品を収蔵・展示する丸山晩霞記念館(まるやまばんかきねんかん)で「川瀬巴水・吉田博木版画展」が2015/11/7(土)~2016/1/31(日)の期間に開催されます。 明治30年前後から昭和時代に描かれた木版画、浮世絵の近代化、復興...
遂に来る!!ピーテル・ブリューゲルの名作「バベルの塔」が日本で展示... なんと16世紀に活躍したベルギー(フランドル)の画家ピーテル・ブリューゲルの「バベルの塔」が来年に日本で展示されることが決定されたようです。「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル『バベルの塔』展」という展覧会名で東京は東京都美術館で4月から、大阪は国立国際美術館で7月から開催されます。 ピー...
ギレルモ・デル・トロの脳内を散歩。蒐集物や等身大人形などの怪奇的なコレクション... 映画「パンズ・ラビリンス」や近作では「シェイプ・オブ・ウォーター」、「パシフィック・リム」、「クリムゾン・ピーク」、「ヘルボーイ」などを手掛けたギレルモ・デル・トロ監督の展覧会「Guillermo del Toro: At Home with Monsters」がロサンゼルスのLACMA(ロサンゼル...
幻想的なキノコ・ワールドを描く画家・大竹茂夫の展覧会が神戸で開催... アメリカの児童心理学者、作家のトリイ・ヘイデンの表紙で有名な画家大竹茂夫の個展「大竹茂夫展 不安なきのこ狩り」が神戸市のギャラリー島田で2014年12月13日(土)~24日(水)の期間に開催されます。 私も何度か個展に訪れたことがありますが小さい画面に細かく描き込まれたキノコや子ども達は不思議...
ロサンゼルスカウンティー美術館で鎧や兜、武具などを紹介する展覧会... ロサンゼルスにあるのロサンゼルスカウンティー美術館(Los Angeles County Museum of Art)、通称ラクマ(LACMA)で「Samurai: Japanese Armor from the Ann and Gabriel Barbier-Mueller Collection」...
挿絵原画全29点が展示。泉鏡花×山本タカト「草迷宮」が新宿の紀伊國屋書店で2/6から開催... イラストレーターの山本タカトの新刊「草迷宮」の挿絵29点と新作の「身毒丸」、ポストカードになった絵柄7点が紀伊國屋書店新宿本店で展示されます。新刊である「草迷宮」は以前紹介しましたね。(山本タカトが挿絵を担当した泉鏡花の特装版「草迷宮」が11月上旬発売予定!!)これらが展示される機会となっています。...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る