画業10周年を記念した展覧会。栗原永輔の個展「群青」がギャラリーKINGYOで10/10より開催


日本画家である栗原永輔の作品発表10年を記念する個展「群青」が文京区にあるギャラリーKINGYOで2017年10月10日(火)〜10月22日(日)の期間で開催されます。

栗原永輔は、2013年から近代日本美術協会の主催する公募展で毎年、賞を受賞しており、2016年は近代日本美術協会が主催する展示で2回の大賞、1回の奨励賞を受賞しています。それに伴い、本展覧会は、近代日本美術協会の後援によって開催され、近代日本美術協会では初の個展での後援事業となります。
近代日本美術協会だけでなく、2016年は、2つの公募展「DOJIMA RIVER AWARDS 2016」、「ShareArtAward2016」で入選しています。

本展で展示される作品は、シンボリックに描かれた大きな月とそれに照らし出される美しい植物たち。F20~F120号の大作7点と小品S0~F3号の8点の日本画作品です。

画業10年という節目に開催される展覧会であり、作品シリーズの締めとなる個展となるので、この機会に是非、足をお運びください。開催中の会場での写真・動画撮影の制約はなく、SNSへの投稿も自由です。

群青の光たち( The lights of ultramarine. )
群青の光たち( The lights of ultramarine. )

星を継ぐもの( Star of successors )
星を継ぐもの (Star of successors)

星屑の花たち( Stardust flowers )

星屑の花たち (Stardust flowers)

復活の日( Reincarnation.)
復活の日 (Reincarnation.)

月夜の花( The flowers of a moonlight night )
月夜の花 (The flowers of a moonlight night )

月光の花たち( The flowers of moonlight )
月光の花たち (The flowers of moonlight )

展覧会DM

展覧会名:栗原永輔 個展 「群青」
後援:一般社団法人 近代日本美術協会
場所:ギャラリーKINGYO
スケジュール:2017年10月10日(火)から10月22日(日)まで
休廊日:16日
営業時間:12:00~19:00 (15日 ~18:00)最終日 ~16:30
住所:東京都文京区千駄木2-49-10
電話番号:050-7573-7890 
WEBサイト:http://www.gallerykingyo.com/

   

以下はこの展覧会に向けた栗原永輔の言葉です。

この個展は作品を発表して10年となる記念の個展です。
様々な事があった10年です。
大きな壁や逆風にさらされながら描き続けた10年でした。
ただ、様々な出会いが会った10年でもあります。
その出会いの一つ一つが今現在まで続けられた原動力だと言えます。
絵描きとしてまだ若輩の30歳代と画業10年。
これからも続く画業のスタートとして今回の個展を開催します。
また2014年の「炎」の赤。2015年の「闇の中の光」 の漆黒の黒。
そして今年の「群青」の青。
色彩3部作の最後の締めの個展でもあります。
その意味を踏まえての展示をどうぞご覧ください。

そして最後に、この個展を後援してくださった
一般社団法人 近代日本美術協会の渡邉祥行理事長と関係者の皆様に感謝と御礼を 申し上げます。
本当にありがとうございました。

平成29年10月1日 栗原永輔 

栗原永輔の詳しい経歴はこちら: http://eikuri.exblog.jp/19041886/

   

オフィシャルサイト:http://eikuri.exblog.jp/
個展「群青」特設Facebookページ:https://www.facebook.com/
個展「群青」告知動画:https://www.youtube.com/
販売サイト:http://ec.tagboat.com/
エトワール画廊(取り扱い画廊) : http://eikuri.exblog.jp/

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

「正統派の日本美術の復権を目指して」様式美と装飾美を追求した絵画作品... 画家の栗原永輔の絵画作品をご紹介します。岩絵の具、水干(すいひ)絵具や顔料などの画材を使い絵画作品を制作し、龍や百合、椿など日本の花鳥風月を思わせる情緒あるモチーフをダイナミックに描いています。 栗原永輔氏は日本美術を追い求める活動を積極的に続け、仕事で経験した様式美や装飾美を意識した作品を数多く...
江戸時代の絵師・川原慶賀が描いた人魚... こちらは長崎の絵師、川原慶賀(1786-1860)が描いた「人魚図」という作品です。 川原慶賀は長崎の風俗画や風景画、出島での商館員達の生活等を描いた絵師として知られています。人魚はご存知の通り水中に生息する伝説上の生き物で、西洋だけでなく日本では最古の記録として619年に日本書紀に記されてい...
美人画の名手。日本画家・志村立美の描く艶やかな美女たち... こちらは群馬県高崎市出身の日本画家・志村立美(しむらたつみ)(1907〜1980)の作品です。連載小説の挿絵を多く手がけた岩田専太郎と並ぶ昭和を代表する挿絵画家です。 初期は挿絵画家として活躍し、美人画を制作し始めたのは晩年になってからです。志村立美の晩年に描いた美人画は非常に評価が高く点...
鳩の侍姿が可笑しい。鈴木博雄の日本画作品「長篠鳩合戦豆鉄砲三段撃ち」... こちらは日本画家の鈴木博雄さんの作品「長篠鳩合戦豆鉄砲三段撃ち」(F6,410㎜×318㎜,2015年)です。ご覧の通り、慣用句の「鳩が豆鉄砲を食らう」と「長篠の戦い」での織田軍の三段撃ちをかけたユニークな作品になっています。 構えている銃は火縄銃ではなくもちろん豆鉄砲ですね。 この作品はt...
これが日本画!?日本画家・村上裕二が描いたウルトラマン... 日本画家・村上裕二さんの日本画作品をご紹介します。村上さんは日本画の描画材料である岩絵の具であの誰もが知るウルトラマンを描いています。日本画的なテクスチャや表情とウルトラマンがうまくマッチングしています。 日本美術院同人に推挙、日本美術院賞、大観賞を2回受賞など若くからその才能が画壇で認められ...
竹内栖鳳が極めた美。近代日本画を代表する京都の画家...   竹内栖鳳(たけうちせいほう)(1864〜1942)、本名恒吉(つねきち)は1864年(元治元年)に京都の二条城の近くの「亀政」という料理屋の家に、長男として生まれ、10歳上の姉・琴がいました。13歳になると土田英林(つちだえいりん)に絵を学び、17歳で幸野楳嶺(こうのばいれい)の私塾...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る