残した作品は僅か30点。銅版画家・清原啓子の没後30年を記念した展覧会

「没後30年 銅版画家 清原啓子」展が八王子市夢美術館で2017/11/11(土)~2017/12/14(木)の期間で開催されます。

清原啓子(1955-1987)は31歳という若さでこの世を去り、残した作品は僅か30点。本展では全作品と未発表の資料に加え、影響を受けたギュスターヴ・モロー、オディロン・ルドンなどの作品が合わせて展示されます。

2014年にも八王子市夢美術館で清原啓子の展覧会が開催されましたが、もう一度観たい方、または見逃した方には必見の展覧会となっています。

八王子市市制100周年記念事業 没後30年 銅版画家 清原啓子






「卵形のスフィンクス」 1982年
「久生十蘭に捧ぐ」1982年

「久生十蘭に捧ぐ」1982年
「卵形のスフィンクス」 1982年






展覧会名:没後30年 銅版画家 清原啓子
場所:八王子市夢美術館
スケジュール:2017/11/11(土)~2017/12/14(木)
休館日:月曜日
営業時間:10:00 〜 19:00
入場:一般600円、学生300円、65歳以上300円
住所:東京都八王子市八日町8番1号ビュータワー八王子2F
WEBサイト:http://www.yumebi.com/






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【ジャパン・ルネサンス】「新版画」に情熱をかけた男たち。川瀬巴水と吉田博の木版画展が開催... 長野県東御(とうみ)市にある東御市出身の画家丸山晩霞の作品や愛用品を収蔵・展示する丸山晩霞記念館(まるやまばんかきねんかん)で「川瀬巴水・吉田博木版画展」が2015/11/7(土)~2016/1/31(日)の期間に開催されます。 明治30年前後から昭和時代に描かれた木版画、浮世絵の近代化、復興...
身も凍る怪奇の世界。「真冬の幽霊画展」が12/19まで銀座で開催中... 現代日本画家、池永康晟、岡本東子、中原亜梨沙、鈴木博雄、内田すずめの展覧会「真冬の幽霊画展」が銀座にあるぎゃらりい秋華洞で12/19まで開催されています。 身も凍る怪奇の世界を掛け軸や浮世絵など古今の作品群とともに紹介されます。 池永康晟は当サイトでも紹介させていただいた画家ですね。どん...
銭湯の富士山を絵画として堪能。銭湯絵師・丸山清人の個展が1/8より開催... 昔ながらの銭湯には大きな富士山の絵が描かれており、まるで露天風呂にいるような気分にさせてくれますね。まさに銭湯の名物の1つと言えます。 中野ブロードウェイ4FのアートギャラリーGALLERY リトルハイでは丸山清人個展「THE銭湯富士~伝説の背景画絵師~」が2016/1/8から1/18の期間で...
【傑作約10点】イタリアの天才画家カラヴァッジョの作品が上野に。立西洋美術館で「カラヴァッジョ展」が... 日伊国交樹立150周年記念にて国立西洋美術館では2016年3月1日(火)~2016年6月12日(日)の期間にイタリアが誇る天才画家ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(1571〜1610)の「カラヴァッジョ展」が開催されます。 38歳で没したカラヴァッジョ。現存する真筆は60点強と言わ...
世界初。画家ミュシャの晩年の巨大な傑作「スラヴ叙事詩」20点が公開... 六本木の国立新美術館で、2017年3月8日(水)から6月5日(月)までの期間にチェコの芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)の展覧会「ミュシャ展」が開催されます。 この展覧会ではミュシャが晩年の17年間をかけて描いた縦約6m、横約8mの20点の油彩画からなる「スラヴ叙事詩」が公開さ...
263点を展示。画業の全貌を紹介した展覧会「芳年-激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」... 練馬区美術館で2018年8月5日(日)~9月24日(月・休)の期間に幕末から明治前期にかけて活動した浮世絵師、月岡芳年の展覧会「芳年ー激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」が開催されます。 本展は、西井正氣氏がコレクションする選りすぐりの作品263点が展示され、月岡芳年の画業の全貌を紹介した展覧会と...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る