目を疑う動き!!巻き戻し映像を見ているような驚きのパフォーマンス

Yoann Bourgeois (ヨアン・ブルジョワ)によるパフォーマンスが目を疑うような光景です。回転する階段と、中央に配置してあるトランポリンを使ったパフォーマンスですが、まるで、巻き戻し映像を見ているような感覚に陥ります。

2017年10月14日にパリのパンテオン(教会)で実際に行われたパフォーマンスですが、背景の人々と動きを比べると、本当に行われている動きだということがわかります。右後ろにあるモニュメントともいい感じで重なり合っていて驚きです。











この記事に興味のある方はこちらもオススメです

ガラス張りのケースの中で眠り続ける女優ティルダ・スウィントン... 女優ティルダ・スウィントン(Tilda Swinton)がニューヨーク近代美術館(MoMA)で行ったパフォーマンスアート「The Maybe ザ・メイビー」をご紹介。ティルダ・スウィントンは「ナルニア国物語」、「リミッツ・オブ・コントロール」、「倫敦から来た男」、「ブロークン・フラワーズ」など有名な...
「ギューチャン」こと篠原有司男のボクシング・ペインティング... こちらはアーティスト篠原有司男(愛称「ギューチャン」)(1932-)さんのボクシング・ペインティングです。 ボクシングペインティングとはボクシンググローブに絵の具を付けてキャンバス相手に殴るかのように描く描法のことで篠原有司男さんが作り出したオリジナルのアクションペインティングです。1960年...
第3の耳と腕・6本の足がある芸術家。身体を拡張し続けるステラークの先端テクノロジーアート... こちらは自分の身体をメディアとして使うオーストラリアのアーティストStelarc(ステラーク)の作品。上の写真は自分の腕に人工形成した耳を移植した作品「Ear On Arm」です。 この耳は移植しただけでなくちゃんと動くそうです。1970年代からこれらの作品を発表しています。その中でも「Ear...
1969年に行われたジョン·レノンとオノ·ヨーコの反戦パフォーマンス「Bed In(ベッドイン)」... ジョン·レノンとオノ·ヨーコのパフォーマンス「ベッド・イン」をご紹介します。このパフォーマンス「Bed In(ベッドイン)」はベトナム戦争中に抗議しオランダのアムステルダムで行われたもので、ベッド上から3日間インタビューに応じた二人は、世界中に平和のためのメッセージを発信しました。 その後、2...
伝説的作品。「ハンガリー国にハンガリ(半刈り)で行く」は今見てもかなりカッコいい... 美術家榎忠(えのき ちゅう)の作品の「ハンガリー国へハンガリ(半刈り)で行く」をご紹介します。 この「ハンガリー国へハンガリ(半刈り)で行く」とは、美術家榎忠が頭部の毛を半分だけ刈った状態(半刈り)でハンガリーに行くというとんでもないプロジェクトです。 実際、榎は半刈り状態でハンガリーまで行...
通称「帽子おじさん」の異名を持つ宮間英次郎というアウトサイダー・アーティストが凄い。... 宮間英次郎(1934年三重県伊勢に生まれ)というアウトサイダー・アーティストをご紹介します。宮間は様々な地域を転々とし横浜市の寿町の簡易宿泊所し住みながら60歳頃から自分で作り始めたデコラティブな帽子を被り自転車などでパフォーマンスを行っています。 写真を見てもらったわかるように自転車に乗りな...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る