あのキャラクターが水死体に!?「THE ドザえもん展 TOKYO 2017」が新宿で開催

THE ドザえもん展 TOKYO 2017」が新宿にあるギャラリーのeitoeiko(エイトエイコ)で2017年12月2日(土)~12月23日(土・祝)の期間で開催されます。

森アーツセンターギャラリーで開催されている本家の「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」ではなく、「THE ドザえもん展 TOKYO 2017」、ドザえもん(土左衛門)の方の展覧会です。くれぐれもお間違いなく。

「THE ドザえもん展 TOKYO 2017」はアーティスト岡本光博の個展で、以前も「キッズアートワールドあおもり」などで展示したことのある「ドザえもん」の新作が展示されます。
岡本光博はこれまでにアメリカ(ニューヨーク、ロサンゼルス)、メキシコ、ドイツ、フランス、イギリス、インド、スペイン、台湾、オランダなどで発表しており、中でも著作権問題を扱った作品を数多く制作しています。

今度は一体どんな様で、「ドザえもん」になっているのか。インスタ映えすること間違いなし!!!

「ドザえもん」は言葉遊びの作品。私の オリジナル 作品として、ある漫画から引用し、タイトルはカタカナと平仮名で表記しているが、元になっている言葉は「土左衛門」と漢字で表記する。 江戸時代の大相撲の力士の名前であり、水で溺れて亡くなった死体が、その力士に似ていたのだという。江戸時代の言葉が現代にも生き続けているように、引用した漫画もまた、昭和から現在に至るまで、世代を超えて支持され続けている。
岡本 光博

THE ドザえもん展 TOKYO 2017 2017年12月2日~12月23日











展覧会名:THE ドザえもん展 TOKYO 2017
場所:eitoeiko
スケジュール:2017年12月2日(土)~12月23日(土・祝)
休館日:会期中日月休廊
営業時間:12:00~19:00 
住所:162-0805 東京都新宿区矢来町32-2
電話番号:03-6873-3830
WEBサイト:http://www.eitoeiko.com/

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

世界的なデザイナー・彫刻家の五十嵐威暢... ニューヨーク近代美術館(MoMA)をはじめ、世界の美術館にコレクションされている作品を紹介する「五十嵐威暢と世界のコレクション」展。 本展では本年10月6日~11月25日に札幌芸術の森美術館で開催中の「五十嵐威暢の世界」展と連動し、実際に世界40か所ほどの美術館等にコレクションになっている、ポ...
日本の伝統工芸士の巧みな技能が集結した舘鼻則孝の展覧会 「―NORITAKA TATEHANA RE... 9月に3日間限定で行いました展覧会、「NORITAKA TATEHANA RETHINKー舘鼻則孝と香りの日本文化ー」の大好評を受け、アーティストの舘鼻則孝は、2018年10月3日(水)から10月14日(日)の期間、「―NORITAKA TATEHANA RETHINK―THEORY OF THE ...
【日本初公開】ゴミか?芸術か?約100点を展示するバッドアート美術館展が11/22から開催... 「バッドアート美術館展」が2018年11月22日(木)~2019年1月14日(月・祝)の期間に東京ドームシティのGallery AaMo(ギャラリー アーモ)で開催されます。 バッドアート美術館とは、サマービル、ブルックライン、サウスウェイマスの3箇所に館が分けられている私設美術館で、「他のい...
「フランシス・ベーコン展」が東京国立近代美術館で2013年3月8日より開催... フランシス・ベーコンとは20世紀のアイルランドを代表する画家で、抽象絵画が全盛となった第二次世界大戦後の美術界において、具象絵画にこだわり続けた画家でもあります。そんな20世紀最も重要な画家の1人であるフランシス・ベーコンの回顧展が東京国立近代美術館・豊田市美術館で開催されます。 東京国立近代...
【入場無料】 約200点の原画を展示。漫画「パタリロ!」など知られる魔夜峰央の展覧会が10/12より... 「パタリロ!」などで知られる漫画家・魔夜峰悪央(まや みねお)の原画展「デビュー45周年&『パタリロ!』100巻達成記念 魔夜峰央原画展」が2018/10/12(金)から2019/2/11(月・祝)の期間に、明治大学の米沢嘉博記念図書館で開催されます。 本展はデビュー45周年と「パタリロ」10...
都内初の展覧会。太田記念美術館で「小原古邨」展が2/1より開催... 「小原古邨」展が2019年2月1日(金)~3月24日(日)の期間に太田記念美術館で開催されます。前期後期合わせて100点以上の小原古邨の 作品が展示されます。 また、以前に茅ヶ崎市美術館で開催された小原古邨の展覧会とは展示される作品が違いますので、そちらに行かれた方も必見の展覧会となっています...
     

SNSで更新情報を配信中!!