あのムンクの「叫び」が来る!!エドワルド・ムンクの大回顧展で約100点が展示

ノルウェー出身の画家エドヴァルド・ムンク(1863〜1944)の大回顧展が2018年10月27日~2019年1月20日の期間で上野にある東京都美術館で開催されます。

中でも注目となるのは日本初公開となる「叫び」が展示されることです。「叫び」といえば、誰もが知るムンクの代表作で、ムンク美術館の2点とオスロ国立美術館、サザビーズで落札された作品がありますが、今回展示される1910年に描かれたとされる「叫び」が来日します。

「叫び」で描かれている両手を頬に当てているような人物や背景の歪んだ夕焼け空は、「不安」をテーマとして描かれたもので、ノルウェーの街であるフィヨルドを散歩していた際にムンクが叫びを風景から感じ取ったことが由来とされています。

正確に言うと、「叫び」で描かれているのは、両手を頬に当てているような人物ではなく、叫びに慄き、耳を塞いでいる人物です。
描かれた人物は実際に叫んでいるようにも見えますし、影響下にある作品、映画「ホーム・アローン」のマコーレー・カルキンが叫ぶシーンや、映画「スクリーム」に登場する犯人が着用したお面などは「叫び」にインスピレーションを受けていたり、その他様々なパロディの影響があるのかもしれません。

本展は「叫び」の他にノルウェーにあるムンク美術館が所蔵する油彩画、版画、素描など約100点が出品されます。

エドヴァルド・ムンクは日本をはじめとして世界各国で最も人気の高い画家の一人です。
ムンクが表現した愛、不安、絶望、死の恐怖などは時代を超えて人々の心に直に語りかけます。
来年の展覧会では約60年にわたるムンクの画業を振り返ります。






ムンクの「叫び」、上野で会える 来年秋に回顧展






エドヴァール・ムンク (タッシェン・ニュー・ベーシック・アート・シリーズ)

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【必見】2019年に絶対見逃せない要注目の展覧会[随時更新]... 絶対見逃せない!!オススメの展覧会を厳選して紹介します。人気画家の最新の個展、海外の美術館から来日する名作の数々を展示する展覧会など、どう考えても見逃せない展覧会をピックアップしています。 東京の展覧会や、また美術館や博物館が密集している上野の美術館、六本木近辺の美術館・ギャラリー情報またはイ...
「不思議の国のアリス展」が全国巡回。シュヴァンクマイエルに清川あさみ、アーサー・ラッカム 、草間彌生... イギリスの作家ルイス・キャロル(Lewis Carroll )(1832-1898)の「不思議の国のアリス」は、1865年に出版されてからすでに150年以上の月日が流れてもなお絶えることなく読み継がれている物語です。多くの人々に、また多くのアーティストやクリエイターに影響を与え続けています。すでに1...
【10/12〜】日本画家・栗原永輔の個展「闇の中の光」が孔雀画廊で開催... 10/12(月・祝)〜10/18(日)の期間で日本画家・栗原永輔の個展「闇の中の光」が孔雀画廊にて開催されます。 前回、開催された個展では赤々とした龍たちが黄色い線光は火花のように描かれていました。迫力ある画面と線描がとても印象的でした。 今回は、向日葵がモチーフとなっており、龍の力強さ...
展示販売会 「バック・トゥ・ザ 江戸絵画~若冲・蕭白・蘆雪・白隠~」開催!... 加島美術で、2019年3月21日(木)~3月31日(日)にかけて「バック・トゥ・ザ 江戸絵画~若冲・蕭白・蘆雪・白隠~」展が開催されています。本展では、伊藤若冲、曽我蕭白、長澤蘆雪、白隠慧鶴など、江戸時代中期にその独創的な絵筆を揮った画家たちを中心に、数々の作品を展示販売いたします。作品点数約35点...
伝説の銭湯背景画絵師。匠の技で描かれた美しい「静の世界」... 中野ブロードウェイにあるアートギャラリー「GALLERY リトルハイ」で2019年3月15日(金)~3月25日(月)の期間に「THE銭湯富士 ~静の世界~」が開催されます。 約100年前に初めて描かれた銭湯の名物ともいえるペンキ絵「銭湯背景画」は、日本の庶民文化の歴史遺産ともいえる大変貴重な素...
約110点の肖像の傑作が集結!!国立新美術館で展覧会「ルーヴル美術館展」が5/30から開催... 2018年5月30日(水)~2018年9月3日(月)の期間に「ルーヴル美術館展 肖像芸術——人は人をどう表現してきたか」が国立新美術館が開催されます。 本展は、「肖像芸術」の特質と魅力をひもとく本格的な展覧会で、ルーヴル美術館の全8部門―古代オリエント美術、古代エジプト美術、古代ギリシャ・エト...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る