過去最多の8点が展示。東京、大阪で「フェルメール展」が開催


ネーデルラント連邦共和国の出身で、バロック期を代表する画家ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer)(1632〜1675)の展覧会「フェルメール展」が、上野の森美術館で2018年10月5日(金)~2019年2月3日(日)、大阪市立美術館で2019年2月16日(土)~5月12日(日)に開催されます。

現存するフェルメールの作品は全てで35点といわれており、今回の展覧会では35点の内、8点が展示されます。現在、展示が決まっている作品は、「牛乳を注ぐ女」、「マルタとマリアの家のキリスト」、「手紙を書く婦人と召使い」、「ぶどう酒のグラス」の4点で、順次発表される予定です。
2008年に開催されたフェルメールの展覧会では、7点が展示されましたが、今回の8点の展示は国内最多の点数となります。

行列、激混みが予想されますが、混雑を回避する為に、「日時指定入場制」が採用され、フェルメール作品とじっくり向き合える空間が作られます。入場料や営業時間などは2018年4月以降に発表されます。

フェルメール展
















この記事に興味のある方はこちらもオススメです

伊藤博敏の展覧会「IN THE STONE!」【約20点を展示・販売】... 過去何度か、紹介したことのあるアーティスト伊藤博敏さんの展覧会(個展)「IN THE STONE!」が中野ブロードウェイ4FにあるGALLERY リトルハイで開催されます。 「石に取り付けられている不思議なファスナーの中は!?」家業の石材店を営みながら、石を使用した驚きの作品を制作し海外でも高...
【約500点の資料を展示】たばこと塩の博物館でマッチの歴史とラベルデザインの多彩な世界を紹介... たばこと塩の博物館では、2019年5月25日(土)から7月7日(日)まで、「マッチ ~魔法の着火具・モダンなラベル~」展を開催します。 マッチは、簡単に火を点けられる画期的な道具としてヨーロッパで誕生し、19世紀半ばから世界に広がりました。マッチの誕生により、炭火などで火を長持ちさせる必要がな...
遂に来る!!ピーテル・ブリューゲルの名作「バベルの塔」が日本で展示... なんと16世紀に活躍したベルギー(フランドル)の画家ピーテル・ブリューゲルの「バベルの塔」が来年に日本で展示されることが決定されたようです。「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル『バベルの塔』展」という展覧会名で東京は東京都美術館で4月から、大阪は国立国際美術館で7月から開催されます。 ピー...
銀座に復活。ドール収集家による「マリアの心臓人形大博覧会」が7月の【金・土・日・祝】のみ開催... 「マリアの心臓」は片岡佐吉がプロデュースした日本人形、西洋アンティークドール、現代作家人形の展覧会を中心に開催していたギャラリーです。渋谷区神南1丁目にあったのですが、2011年に閉館し、京都の大原に移転しました。 その「マリアの心臓」が2016年7月の金土日祝のみの開催とした展覧会「マリアの...
ギレルモ・デル・トロの脳内を散歩。蒐集物や等身大人形などの怪奇的なコレクション... 映画「パンズ・ラビリンス」や近作では「シェイプ・オブ・ウォーター」、「パシフィック・リム」、「クリムゾン・ピーク」、「ヘルボーイ」などを手掛けたギレルモ・デル・トロ監督の展覧会「Guillermo del Toro: At Home with Monsters」がロサンゼルスのLACMA(ロサンゼル...
【展覧会】シュルレアリスム画家ルネ・マグリットの大回顧展が13年ぶりに開催... 2015年3月25日(水)〜2015年6月29日(月)に国立新美術館、 2015年7月11日(土)〜2015年10月12日(月・祝)に京都市美術館でベルギーのシュルレアリスムの画家ルネ・マグリットの「マグリット展」が開催されます。 日本では13年ぶり開催される大規模な回顧展となっており、世界1...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る