総勢30名の画家、漫画家などによる普遍的異形のエロティックアート集「偏愛蒐集」


美しき縛×妖×惨の世界。様々な作家によるいろんな視点の多様化するエロティックアートを1冊にまとめたアートブック「偏愛蒐集」が12/13に玄光社から発売されます。

総勢30名の画家や漫画家などの作品が掲載されており、その顔ぶれがかなり豪華です。最近話題となっている「弟の夫」の田亀源五郎さんや、幽霊画を得意とする明治、昭和期の画家・伊藤晴雨、「無限の住人」の漫画家・沙村広明さんや、画家の多賀新さん、画家・アートディレクターの東學さん、ガロ系作家の大越孝太郎さんなどです。以下。順不同。

伊藤晴雨/春川ナミオ/多賀新/谷 敦志/杉本一文/畑中純/沙村広明/田亀源五郎/はらだ/ルネッサンス吉田/東學/大越孝太郎/北村ケイ/蒲地清爾/沖渉二/椋陽児/ダーティ・松本/月岡芳年/ガース・ナイト/ミラ・ ネディヤコバ/ハンス・ベルメール/ネオヤサチコ/フランツ・フォン・バイロス ほか 総勢30名

価格は3,240円、写真家、編集者、ジャーナリストである都築響一(つづき きょういち)さんが寄稿しています。






すべての画像を見る

偏愛蒐集

1 / 1





ADBの最新情報をお届けします。