ひどく落ち込みそう…侮辱的な言葉でティータイムを台無しにしてしまうカップ

アンティーク、グッズ、家庭用品、お茶などを販売するMiss Havishamでは侮辱的な言葉が描かれたティーカップシリーズ「For the lady who speaks her mind…」が販売されています。

「No one likes you(誰もあなたのことを好きじゃない)」、「Stop talking(黙れ)」、「You are tedious(あなたはつまらないです)」、「Witch!(魔女!)」、「Such a nasty woman
(なんて厄介な女)」など…もっと酷いことも書いてあるのですが、ここでは割愛させて頂きます(笑)描かれた言葉と、装飾で描かれた模様のギャップが凄いですね。

一種のジョークグッズだとは思いますが、あまりに酷い言葉なので、お客様には出さないほうがいいかもしれませんね。むしろ、同様の言葉を伝えたいのであれば、便利グッズとして役に立ちそうではありますが。

Miss Havisham’s Curiosities






すべての画像を見る






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

孔雀をモチーフにした優雅で美しいデザインの椅子「Peacock-L」... こちらはEiri OtaさんとIrene Gardpoitによる建築デザインや プロダクトデザインが手がけたる「UUfie」が手掛けた椅子「Peacock-L」です。 「Peacock」とはその名の通り、孔雀(クジャク)を意味しており、椅子の背もたれ部分がまるで孔雀が羽を広げたようにデザインさ...
子供部屋にぴったり!?風船のような素敵な照明「Memory Balloon Lights」... デザイナーJohn Moncrieffさんによって制作された風船照明「Memory Balloon Lights」をご紹介しましす。以前、「なんて画期的!風船が照明になっちゃった『BALLOON LAMP』」で風船照明を紹介したことがありますが、こちらは本物の風船ではなく風船のような形態の照明です。...
実用性には欠ける!?水風船のようなトロ〜ンな白熱灯... こちらは、オランダを拠点に活動する、Pieke Bergmansというアーティストの作品です。トロリと溶けたような電球の数々・・・この作風が今では彼女のシグニチャースタイルとなり、世界各国のアートフェアやデザインウィークの常連となっています。 大学で様々なデザインを学んだ後、ミラノサローネに出...
不条理世界全開!?カルトの帝王・デビッド・リンチがデザインしたダークで幻想的な皿... フランスの磁器ブランド「ベルナルド」がソフィ・カル、ジェフ・クーンズなどの有名アーティスト12組とコラボした展覧会「テーブルアート!展」が岐阜県現代陶芸美術館で10月22日(火)から開催されます。この「テーブルアート!展」ではデビッド・リンチがデザインした皿「広大な海」も出展されており要注目の展覧会...
ジブリファンが自作したトランプ「Miyazaki Cards」... フランスのアーティストPauline Renardが制作したのはジブリのキャラクターをモチーフにしたトランプです。こんなトアンプあったら欲しい!!なんて思ってAmazonで検索してみたら似たようなものがありました。 天空の城ラピュタ シーンがいっぱいトランプ 天空の城ラピュタ シーンがい...
なんと672連発!!大人向け木製ガトリング式ゴム鉄砲を製品化するプロジェクトが公開。... クリエイティブなプロジェクトの資金調達を行う海外のサイト、キックスターター(KickStarter)では現在「Rubber Band Machine Gun(ラバーバンドマシンガン)」というプロジェクトが立ち上がっています。 このプロジェクトでは木製の672連発ガトリング式ゴム銃の製品化を実現...
     

SNSで更新情報を配信中!!