これが絵画!?ゴミみたいなボロボロ過ぎる絵画作品

ブルックリンを拠点に活動するアーティストValerie Hegartyの作品をご紹介します。なんともダイナミックな作品ですね。ボロボロになったり、額が枝になっていたりと、、、。もうなんだかよく分かりませんね。

絵画というよりはインスタレーション、立体作品といったほうが適切かもしれません。
ズタズタのボロボロで一見するゴミのようにも見えますが、これらの作品に施されたテクスチャは意図的であり、造形的に素晴らしいですね。まるで廃墟の一部を見ているような感覚にも陥ります。

Valerie Hegarty











すべての画像を見る






 
 
 

2013年1月14日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

なんというリアリティ。大胆で的確な一筆一筆が雪山に変化した超厚塗り絵画... スイスの画家Conrad Jon Godlyによる絵画作品です。 厚塗りの油絵の具の一筆一筆が絶妙に重なり合い雪山が描かれています。自身で撮影した写真をもとに描いているようです。 豪快かつ正確な筆跡があるからこそ雪山として見ることができます。是非、目を細めて見て頂きたいです。 ...
【7選】甘くて美味しそう!!ヨダレが出そうなほど超リアルなスイーツを描いた絵画作品まとめ... デザート、お菓子などをモチーフにしたリアルな絵画(フォトリアリズムペインティング)を制作している現代の画家を紹介したいと思います。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Mary Ellen ...
完全に本物。ゴミをリアルに作ったらゴミにしか見えなくなった作品シリーズ「From the Stree... アーティストTom Pfannerstill作品シリーズ「From the Street」をご紹介します。 これらの作品は路上に落ちたゴミをリアルに再現した作品で、紙に描かれた作品ではなくギターのボディ材として使われるバスウッド(木)に描かれています。 木をキャンバスとして変形加工してあ...
雑然として散らかった室内。画家フランシス・ベーコンが30年以上描き続けたアトリエの写真... こちらは画家フランシス・ベーコンのアトリエ写真を集めたものです。改めて見るとやっぱり凄いですね。 よくこんな所であのような絵が描けたものですね。むしろ、この空間だったからこそあれらの絵が描けたのかもしれません。ベーコンはロンドンのサウス・ケンジントンのリース・ミューズ7番地にあったこのアトリエ...
電子部品で現代的曼陀羅を表現したアート作品「Technological mandala」... ロンドンのマルチメディアアーティストLeonard Ulianの作品をご紹介します。これらの作品はラジオやコンピュータなどを解体して取り出された電子部品とマイクロチップを使って曼陀羅を表現しています。 実に意外な切り口に驚きですね。欧州圏のアーティストがこういった形で曼陀羅を制作している点も意...
懐かしさ漂う奇妙な世界。虎をモチーフにした絵画など多彩に活躍したタイガー立石... 立石大河亞、タイガー立石(TATEISHI Tiger)(1941-1998)は名前にも「タイガー」、「大河亞」と入っていたり、画集もそれにちなんで「TRA(トラ)」と名付けるなど、生涯を通して虎を描き続けました。 描かれたのはただの虎ではなく、紐になった形態やロボットのような一風変わったシュ...
     

SNSで更新情報を配信中!!