[PR]筆文字ロゴのご用命は「ふで無双」へ ふで無双バナー


「金魚づくし」9図は必見!!歌川国芳、河鍋暁斎などの作品も展示される「江戸の戯画」が開催


江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」が大阪市立美術館で、2018年4月17日(火)~6月10日(日)の期間で開催されます。

本展では「鳥羽絵」をキーワードに江戸時代の戯画が多く紹介され、葛飾北斎の「北斎漫画」、歌川国芳、河鍋暁斎などの作品が展示されます。

「鳥羽絵」とは江戸時代から明治時代にかけて描かれた浮世絵の様式のひとつで、「江戸の漫画」とも言われる略画体の戯画です。描かれる人物は、目が小さく、鼻が低く、口が大きく、極端に手足が細長いという特徴を持ち、その名は国宝「鳥獣人物戯画」の筆者と伝えられてきた鳥羽僧正覚猷(とばそうじょうかくゆう)に由来するものとされています。

本展の見所として、歌川国芳が描いた擬人化された金魚の「金魚づくしシリーズ」全9点が揃う(前期のみ)ので、要チェックです。
会期中は、前期4月17日(火)~5月13日(日)、後期5月15日(火)~6月10日(日)で展示作品が一部入れ替わりますので、ご注意ください。











展覧会名:江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで
場所:大阪市立美術館
スケジュール:2018年4月17日(火)~6月10日(日)
休館日:月曜日(ただし、4月30日(月)は開館)。5月1日(火)も開館
営業時間:9:30〜5:00
住所:大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-82
電話番号:06-6771-4874






ふで無双バナー

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る