美しきイリュージョン。錯覚を用いたメイクアップがかなり異次元

韓国、ソウル出身のディレクター、メイクアップアーティストのDain Yoonが作り出しているのは錯覚を用いた特殊なボディアートです。

顔の中にいくつも顔があったり、ゆがんで見えたり、画像処理されたかのように見え、一瞬困惑してしまいます。顔に直に書かれているので、よく見れば描かれていることがわかりますが、顔のパーツだけでなく、歪みなどの効果がかなりリアルに描写されています。

以前にご紹介したカナダのバンクーバーに住んでいるメイクアップ・アーティストのMIMI CHOI(ミミ・チョイ)も同様に自身の顔に、メイクされていますので、合わせてご覧ください。

次元が違いすぎる。超現実的な錯覚を作り出すメイクアップ・アーティストのMIMI CHOI







 

 

 

すべての画像を見る


 






コンセプチュアル特殊メイク入門
コンセプチュアル特殊メイク研究会
グラフィック社

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

人体にペイントして作られた自動車「BODY CRASH」... オーストラリアのアーティストのEmma hack(エマ・ハック)が制作したものでこの車には17人にボディペイントがされています。事故にあった車のようですね。このプロジェエクトとは自動車事故委員会のスピード違反撲滅運動の一環だそうです。 18時間かけて制作されました。広告代理店のClemenge...
どうなってるの??身体に絵画を描いた奇妙なボディペインティング「Museum Anatomy」... こちらはアメリカのアーティストChadwick Gray(チャドウィック・グレイ)Laura Spector(ローラ・スペクター)によるボディペインティング作品シリーズ「Museum Anatomy」です。 こちらのシリーズは、世界各国の美術館にコンタクトを取り、数十年間保管され展示されること...
こりゃ可愛いわ。子供達の顔に動物の絵を描いたフェイスペインティング... Christy Lewisが子供達の顔に描いたフェイスペインティングをご紹介します。まるで劇団四季のキャッツみたいですね。 キャッツみたいに顔全体に描かないことによって、あどけない子供の表情が残りより可愛く見えていますね。バースデーパーティーや仮装パーティー、企業イベント、ビジネスプロモーショ...
ミヒャエル・エンデの父親であり画家のエドガー・エンデのシュルレアリスム絵画... ミヒャエル・エンデ(Michael Ende)(1929-1995)といえばドイツの児童文学作家で、「ネバーエンディング・ストーリー」として映画化された「はてしない物語」や、日本で根強い人気のある「モモ」などがとても有名ですね。 そのミヒャエル・エンデの父親エドガー・エンデ(Edgar End...
【過去最大級】「クリムト展」が4/23から東京都美術館で開催... グスタフ・クリムトの展覧会「クリムト展 ウィーンと日本1900」が2019年4月23日(火)〜7月10日(水)の期間に東京都美術館で開催されます。 この展覧会はクリムトの没後100年を記念して開催される展覧会で、ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館にある「ユディトⅠ」に「ベートーヴェン・フリーズ...
戦争による「破壊」を象徴。画家ルドルフ·シュリヒターの作品「盲目のカ」... Rudolf Schlichter(ルドルフ·シュリヒター)(1890-1955)は1890年にドイツのカルフで生まれ、1955年ミュンヘンで亡くなっています。新即物主義(New Objectivity)という第一次世界大戦後に勃興した美術運動のメンバーの1人です。ルドルフ·シュリヒターも同様ですが...
     

SNSで更新情報を配信中!!