切断された頭部に蠢めく蛇や蜥蜴たち。生々しくグロテスクな絵画作品「メデューサの頭部」


ピーテル・パウル・ルーベンス(1577-1640)の油彩作品「メデューサの頭部」(1617-1618年頃)は、オーストリアはウィーンにあるウィーン美術史美術館に所蔵されている作品です。

この作品は、ギリシャ神話に登場するグゴン三姉妹の一人メデューサを題材にしています。メデューサは、見たものを石に変える能力を持つ事で有名なキャラクターですね。
頭髪は無数の蛇や蜥蜴、蜘蛛などで、イノシシの歯、青銅の手、黄金の翼を持つと言われています。また、海の神であるポセイドーンの愛人でもあります。

描かれているのは、ゼウスとダナエー(アルゴス王アクリシオスの娘)の子の英雄ペルセウスによって首を切断され退治された光景で、カッと見開いた血走った目や、無数の蠢めく蛇、首の切断面など、かなり、リアルに描写されています。
半神であるペルセウスは鏡のように磨き抜かれた盾を見ながら、不死身殺しの武器とされる曲刀を使い、眠っているメドゥーサの首を掻っ切った
とされています。

メデューサはルーベンスの他に、レオナルド・ダ・ヴィンチ、サルバドール・ダリ、ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオなども描いており、また、絵画だけでなく、映画、アニメ、小説などでよく登場するモチーフですね。






部分拡大











この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
1 / 1