切断された頭部に蠢めく蛇や蜥蜴たち。生々しくグロテスクな絵画作品「メデューサの頭部」

ピーテル・パウル・ルーベンス(1577-1640)の油彩作品「メデューサの頭部」(1617-1618年頃)は、オーストリアはウィーンにあるウィーン美術史美術館に所蔵されている作品です。

この作品は、ギリシャ神話に登場するグゴン三姉妹の一人メデューサを題材にしています。メデューサは、見たものを石に変える能力を持つ事で有名なキャラクターですね。
頭髪は無数の蛇や蜥蜴、蜘蛛などで、イノシシの歯、青銅の手、黄金の翼を持つと言われています。また、海の神であるポセイドーンの愛人でもあります。

描かれているのは、ゼウスとダナエー(アルゴス王アクリシオスの娘)の子の英雄ペルセウスによって首を切断され退治された光景で、カッと見開いた血走った目や、無数の蠢めく蛇、首の切断面など、かなり、リアルに描写されています。
半神であるペルセウスは鏡のように磨き抜かれた盾を見ながら、不死身殺しの武器とされる曲刀を使い、眠っているメドゥーサの首を掻っ切った
とされています。

メデューサはルーベンスの他に、レオナルド・ダ・ヴィンチ、サルバドール・ダリ、ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオなども描いており、また、絵画だけでなく、映画、アニメ、小説などでよく登場するモチーフですね。






部分拡大











この記事に興味のある方はこちらもオススメです

😱怖い映画が勢ぞろい!!10/12から武蔵野館で「リング」、「学校の怪談」、「犬神家... 東京の新宿にある老舗の映画館、武蔵野館は2020年で100周年を迎えます。この100周年を記念して10月に「東洋の恐怖と、西洋の絶叫」と題した映画の上映イベントが開催されます。 10月12日に「吸血鬼ノスフェラトゥ」、10月13日に「学校の怪談」、10月14日に「リング」、10月15、16日に...
【展覧会】上村松園の代表作「序の舞」ほか、上村松園・上村松篁の母子2代の名作を一挙公開... 近鉄グループの文化事業である松伯美術館では、2019年10月26日(土)から11月24日(日)まで、開館25周年を記念し、特別展「上村 松園」「上村 松篁」「『日本画の心』展 ~真善美を求めて~」を開催します。 松伯美術館は1994年(平成6年)に、上村家からの作品寄贈と近畿日本鉄道株式会...
「#名画で学ぶ主婦業」が最高。笑えるし、あるある過ぎるwww... ハッシュタグ「#名画で学ぶ主婦業」が最高に面白いです。ボッティチェリやジョット、マンテーニャ、エドガー・ドガ、喜多川歌麿に原田直次郎など西洋絵画から浮世絵まで古今東西、様々な名作が投稿されています。 「わかるわ〜〜ww」、「うちもいつも、その状態になります(笑)」、「その絶望感痛いほどわかりま...
享年30歳。飛び降り自殺した画家・深井克美の描く幻想世界... 深井克美(ふかいかつみ)という画家をご存知でしょうか?30歳(1948年~1978年)という若さで亡くなられた函館生まれの画家です。 14歳の時、結核に感染し当時としては難病である脊椎カリエス(肺からの結核菌(けっかくきん)が血行性に運ばれて発症する結核性脊椎炎 出典:goo)を患っていま...
不気味でゾッとする。「死」を描いたポーランドの画家ベクシンスキーの独自世界... 不気味さと特有の世界観などからネットでは「見たら死ぬ」、「見ただけで呪われる」などと言われることがあるポーランド南東のサノク出身ズジスワフ・ベクシンスキー(Zdzisław Beksiński)(1929-2005)は、主に「死」をテーマとした絵画作品を多く残しています。 曽祖父は1863年に...
ベクシンスキの増補版作品集「ベクシンスキ作品集成 I ver.1.2」が発売... ポーランド幻想絵画の巨匠ベクシンスキ。50年代~70年代の全盛期を中心にアートワークを集成。2017年に発売された「新装版 ベクシンスキ作品集成I」に図版1点を追加した増補版「ベクシンスキ作品集成 I ver.1.2」が2019/7/19に河出書房新社から発売されています。 ポーランド南東のサ...
     

SNSで更新情報を配信中!!