切断された頭部に蠢めく蛇や蜥蜴たち。生々しくグロテスクな絵画作品「メデューサの頭部」


ピーテル・パウル・ルーベンス(1577-1640)の油彩作品「メデューサの頭部」(1617-1618年頃)は、オーストリアはウィーンにあるウィーン美術史美術館に所蔵されている作品です。

この作品は、ギリシャ神話に登場するグゴン三姉妹の一人メデューサを題材にしています。メデューサは、見たものを石に変える能力を持つ事で有名なキャラクターですね。
頭髪は無数の蛇や蜥蜴、蜘蛛などで、イノシシの歯、青銅の手、黄金の翼を持つと言われています。また、海の神であるポセイドーンの愛人でもあります。

描かれているのは、ゼウスとダナエー(アルゴス王アクリシオスの娘)の子の英雄ペルセウスによって首を切断され退治された光景で、カッと見開いた血走った目や、無数の蠢めく蛇、首の切断面など、かなり、リアルに描写されています。
半神であるペルセウスは鏡のように磨き抜かれた盾を見ながら、不死身殺しの武器とされる曲刀を使い、眠っているメドゥーサの首を掻っ切った
とされています。

メデューサはルーベンスの他に、レオナルド・ダ・ヴィンチ、サルバドール・ダリ、ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオなども描いており、また、絵画だけでなく、映画、アニメ、小説などでよく登場するモチーフですね。






部分拡大











この記事に興味のある方はこちらもオススメです

必見!?売れる絵の条件・6か条 売れる絵、売れやすい絵には特徴や条件があるみたいですね。artnewspaper誌の記事で、美術品オークションハウスの国際競売会社であるサザビーズの絵画担当者の証言です。どんな絵を描いたら売れんるんだ?と悩んでいる方は参考になるかもしれません。また、美術品の場合ということも念頭におかなくては...
アウトサイダー・キュレーターによる展覧会「櫛野展正のアウトサイド・ジャパン」が4月に開催... 文京区にある東京ドームシティのGallery AaMo(ギャラリー アーモ)で、「櫛野展正のアウトサイド・ジャパン展」が2019年4月12日(金)~5月19日(日)の期間で開催されます。この展覧会は、総勢135名のアウトサイダー・アーティスト大辞典「アウトサイド・ジャパン 日本のアウトサイダ...
【必見】2018〜2019年。絶対見逃せない要注目の展覧会[随時更新]... 絶対見逃せない!!オススメの展覧会を厳選して紹介します。人気画家の最新の個展、海外の美術館から来日する名作の数々を展示する展覧会など、どう考えても見逃せない展覧会をピックアップしています。東京の展覧会や、また美術館や博物館が密集している上野の美術館、六本木近辺の美術館・ギャラリー情報またはイ...
身も凍る怪奇の世界。「真冬の幽霊画展」が12/19まで銀座で開催中... 現代日本画家、池永康晟、岡本東子、中原亜梨沙、鈴木博雄、内田すずめの展覧会「真冬の幽霊画展」が銀座にあるぎゃらりい秋華洞で12/19まで開催されています。身も凍る怪奇の世界を掛け軸や浮世絵など古今の作品群とともに紹介されます。池永康晟は当サイトでも紹介させていただいた画家ですね。どん...
銭湯の富士山を絵画として堪能。銭湯絵師・丸山清人の個展が1/8より開催... 昔ながらの銭湯には大きな富士山の絵が描かれており、まるで露天風呂にいるような気分にさせてくれますね。まさに銭湯の名物の1つと言えます。中野ブロードウェイ4FのアートギャラリーGALLERY リトルハイでは丸山清人個展「THE銭湯富士~伝説の背景画絵師~」が2016/1/8から1/18の期間で...
待望。日本を愛した明治初期の画家ロバート・フレデリック・ブルームの初画集「JAPAN」... アメリカ画家・Robert Frederick Blum(ロバート・フレデリック・ブルーム)の画集「JAPAN」が芸術新聞社より販売されています。Robert Frederick Blumが日本に興味を持ったのは1876年に開催された万博で見た日本の展示がきっかけとなっています。その後、日本...

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る