超立体的。建物の構造を変えてしまうグラフィティアート

イタリア、ヴェネツィア在住のストリートアーティストManuel Di Rita(Peeta)はマンションやビルなどの建造物に立体的に見える幾何学的なグラフィティを描いています。

Manuel Di Ritaは、建造物の構造に影響するような効果的な描き方を用いており、描いたグラフィティによって複雑な構造を持っているかのような錯覚を与えます。

フリーハンドで描いているわけではなく、3Dで設計できるソフトウェアを使い、平面上で描くことが可能となっています。イタリアのパドヴァ。サルデーニャ、コスタ スメラルダやポルトガルのリスボン、オーストラリア、ドイツのマンハイムなどに作品を残しています。

peeta











室内に描いた作品も。






 
 
 

2018年4月25日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

浮かぶ架空の建築物。広大な風景の中に佇む非現実的な空想世界... ドイツのシュワイクハイム在住のグラフィックアーティストMatthias Jung(マティアス・ユング)はデジタルコラージュによって高原や山岳などといった風景の中の浮かぶ建造物を作り出しています。 広大な風景の中にポツンと象徴的に存在し、映画の中のワンシーンのような、何かの物語の展開を感じさせて...
この違和感のなさ。下地に完全に溶け込んだストリートアーティストの作品... ノルウェーのストリートアーティストANDERS GJENNESTADの作品をご紹介します。 このアーティストは鉄板など錆びた金属や砂のような壁など様々なものにステンシルで描いています。ステンシルとはイラストや文字などを型紙に描き、その描いた部分を切り抜き、切り抜いた部分からスプレーや絵の具など...
克明に描かれた顔と平面的な模様の対比。フォトリアリズムとキュビズムが融合した絵画... キュビズムで知られている最も有名な画家はパブロ・ピカソなのではないでしょうか。ピカソの他にジョルジュ・ブラックも有名で、ピカソとブラックの2人によって創始された絵画技法の1つで、この2人の以外では、フェルナン・レジェ、フアン・グリスなどの画家もキュビズムの技法を用いて絵を描いています。 具体的...
日系アメリカ人アーティストGajin Fujitaの描く浮世絵とストリートアートの比類なき融合... こちらはアメリカのロサンゼルスで活動するアーティストGajin Fujita(ガジン・フジタ)の作品です。 グラフィティやストリートアートに浮世絵の要素を取り込むことで新しいイメージを作り出しています。スプレー缶やマーカーなどグラフィティで用いる現代的手法で制作しています。 以外にしっく...
【山下清】「裸の大将」で有名な放浪画家が貼絵で描いた花火... こちらはテレビドラマでとても有名な画家・山下清(1922〜1971)の花火をモチーフにした作品です。一瞬のきらめきを放つ花火がとても好きだったようで多くの花火の作品を描いています。これらの作品群は貼絵などの技法を使って描かれています。1925年3歳の時に、高熱を伴う風邪により軽度の知的障害・言語障害...
不気味でゾッとする。「死」を描いたポーランドの画家ベクシンスキーの独自世界... 不気味さと特有の世界観などからネットでは「見たら死ぬ」、「見ただけで呪われる」などと言われることがあるポーランド南東のサノク出身ズジスワフ・ベクシンスキー(Zdzisław Beksiński)(1929-2005)は、主に「死」をテーマとした絵画作品を多く残しています。 曽祖父は1863年に...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る