市民も困惑。屋上に設置された奇妙すぎるオブジェ作品「Quasi」


ニュージランド出身のアーティストRonnie Van Hout(ロニー・バン・ハウト)(1962-)の作品「Quasi」(2016年)はChristchurch Art Gallery(クライストチャーチ・アートギャラリー)に設置されたインスタレーション作品です。

約5mの立体作品は巨大な手に顔があるとても奇妙な作品で、これを見た人々も困惑を隠せないようです。
人差し指と中指を足のようにして立っており、表情は、どちらかというと無表情。親指を腰に当てているようにも見え、なんとも不思議なポーズ。

フランス・ロマン主義の詩人、小説家で、「レ・ミゼラブル」で有名なヴィクトル・ユーゴーの「ノートルダム・ド・パリ」のせむし男カジモド(Quasimodo)から着想を得ているようです。タイトルの「Quasi」はカジモドから来ているようです。

素材はスチール、ポリスチレン、樹脂などで、地上からクレーンで吊り上げて屋上に設置されました。制作風景もありますので、ご覧ください。

Exhibition Ronnie van Hout: Quasi











こちらは制作風景

でかい!!






 
 
 

2018年5月6日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

伊藤博敏の展覧会「IN THE STONE!」【約20点を展示・販売】... 過去何度か、紹介したことのあるアーティスト伊藤博敏さんの展覧会(個展)「IN THE STONE!」が中野ブロードウェイ4FにあるGALLERY リトルハイで開催されます。 「石に取り付けられている不思議なファスナーの中は!?」家業の石材店を営みながら、石を使用した驚きの作品を制作し海外でも高...
強烈なインパクト。ゴミ同然の人形から作られる不気味な人物像... 以前ご紹介したオーストラリアのFreya Jobbins(フレーヤ・ジョブビンズ)のオフィシャルに新作の立体作品が加わったようですので、再度紹介したいと思います。 リサイクルのおもちゃや人形を使うというコンセプトは以前と同じで、半身像など大きさ自体やスケール感がより強くなっています。相変わらず...
イタリアの天才。甲冑師Filippo Negroliの超絶技巧... Filippo Negroli(フィリッポ・ネグロリ)(1510–1579)はイタリア、ミラノの甲冑師です。彼の父ジャン・ジャコモ・ネグロリ率いるネグロリ一家、弟ジョバンバッティスタとフランチェスコによる集団で、フィリッポはハンマーで金属加工しデザインする彫金の技術に長けていました。 当時から...
芸術的再構成。骨を3Dプリンターで印刷して美しく組み上げた不気味な美しさを持つ作品... チェコのアーティストMonika Horcicovaの立体作品をご紹介します。3Dプリンターを使って骨を印刷し車輪や奇妙なパターンに再構成しています。 骨を円で組み上げる意味や手ではなく脚を選んだ理由がこの作品のコンセプトになっているように見えますね。多少不気味に感じますが規則的に並べられた骨...
【卓越した技術】まるで本物。人物をモチーフにしたハイパーリアリズム彫刻を制作するアーティスト(15選... もの凄くリアルな彫刻を制作するアーティストを紹介したいと思います。かなり人間に近い、まるで人間かのような彫刻のことを「ハイパーリアリズム彫刻」といい、世界各国でこのような作品を制作するアーティストがいます。シリコン、レジン樹脂、ファイバーグラスなどを駆使して人肌に近い表情を作り出しています。 ...
リアルポケモン!?毛皮が詰め込まれたガラス製の不思議な球体作品... ロンドン在住のアーティストAdeline de Monseignatの立体作品をご紹介します。このアーティストは動物の毛皮を入れたガラス製の球体を制作しています。 卵みたいで面白い表現ですね。ツルツルした質感のガラスの中に全く異なる質感の毛皮が入ることで不思議で奇妙な作品になっています。 ...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る