国宝36件、重要文化財60件 貴重な寺宝を一挙公開!展覧会「京都・醍醐寺展 真言密教の宇宙」が東京、福岡で開催


展覧会「京都・醍醐寺展 真言密教の宇宙」がサントリー美術館[2018年 9月19日(水)〜11月11日(日)]、九州国立博物館[2019年1月29日(火)〜3月24日(日)]の期間で開催されます。

今回の展覧会「京都・醍醐寺展 真言密教の宇宙」では、東京と福岡の2つの会場では国宝・重要文化財に指定された仏像や仏画を中心に、普段は公開されない貴重な史料・書跡を通じて、平安時代から近世にいたる醍醐寺の変遷をたどります。また桃山時代に豊臣秀吉が行った「醍醐の花見」や、三宝院の襖絵など、醍醐寺をめぐる華やかな近世美術も鑑賞できる貴重な機会となります。

醍醐寺の歴史を示す約十五万点の寺宝から、選りすぐりの名宝約120件が展示されます。かつて上醍醐に鎮座していた薬師堂の本尊薬師如来坐像(国宝、平安時代)や優麗な如意輪観音坐像(重要文化財、平安時代)などの傑作をはじめ、絵画、書跡、工芸など醍醐寺に伝わる名品が一堂に会します。

京都・醍醐寺展 真言密教の宇宙 公式サイト









すべての画像を見る





この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【必見】2019年に絶対見逃せない要注目の展覧会[随時更新]... 絶対見逃せない!!オススメの展覧会を厳選して紹介します。人気画家の最新の個展、海外の美術館から来日する名作の数々を展示する展覧会など、どう考えても見逃せない展覧会をピックアップしています。 東京の展覧会や、また美術館や博物館が密集している上野の美術館、六本木近辺の美術館・ギャラリー情報またはイ...
金沢21世紀美術館で展覧会「起点としての80年代」が開催。横尾忠則に舟越桂、森村泰昌など... 石川県の金沢にある金沢21世紀美術館で展覧会「80年代の日本美術とは何だったのか」が2018年7月7日(土)〜2018年10月21日(日)の期間で開催されます。 1980年代の日本美術を再検証すると銘を打ち、国内の屈指の著名なアーティストの作品が展示されます。展覧会で展示されるアーティスト一...
ベルメールにゾンネンシュターン、横尾忠則!!「澁澤龍彦のアヴァンギャルド」が渋谷で開催中... 2017/12/1(金)~12/10(日)の期間で「澁澤龍彦のアヴァンギャルド」が渋谷のBunkamura Galleryで開催されます。 日本の小説家である澁澤龍彦(しぶさわ たつひこ)(1928〜1987)は、これまで日本人が触れたことのない未知のヨーロッパの異端文学・美術を積極的に紹介す...
「縄文」をモチーフにした松山賢の個展 「縄文怪人土偶怪獣」が新宿髙島屋で開催... アーティスト松山賢の個展「縄文怪人土偶怪獣」が、6月7日(水)〜19日(月)の期間に新宿髙島屋10階美術画廊で開催されます。 「縄文怪人土偶怪獣」と題した本展では、松山賢が日本人の根源的美術表現としての「縄文」をテーマに制作した油彩・アクリルの平面作品に加え、野焼きによる立体作品まで近・新作が...
過去最大級!!約130点の最新作「わが永遠の魂」が日本初公開される草間彌生の展覧会が六本木で開催... 国立新美術館開館10周年を記念して、世界を舞台に活躍するアーティスト草間彌生の大規模な展覧会「草間彌生 わが永遠の魂」が2017年2月22日(水)〜5月22日(月)の期間に国立新美術館(企画展示室1E)で開催されます。 草間彌生はこれまでに、絵画の他に、彫刻、インスタレーション、映像など多岐に...
国内史上最大規模。ニキ・ド・サンファルの回顧展が国立新美術館で秋に開催... 女性をモチーフとしたカラフルで巨大なパブリックオブジェなどで知られる戦後を代表する美術家のひとりニキ・ド・サンファル(1930-2002)の展覧会が国立新美術館で2015年9月18日(金)~2015年12月14日(月)の期間で開催されます。 本展はニキ・ド・サンファルの出品数100点を超える国...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る