[PR]筆文字ロゴのご用命は「ふで無双」へ ふで無双バナー


バロックの巨匠ルーベンス作品が上野に来日。展覧会「ルーベンス展-バロックの誕生」が国立西洋美術館で開催


東京・上野公園にある国立西洋美術館で展覧会「ルーベンス展-バロックの誕生」が、2018年10月16日(火)〜2019年1月20日(日)の期間で開催されます。

ルーベンスとどんな画家なのか。画家ペーテル・パウル・ルーベンス(Peter Paul Rubens)(1577-1640)は、バロック期を代表するフランドル(オランダ南部、ベルギー西部、フランス北部にかけての地域)の画家で、画家だけでなく、外交官や古典的知識を持つ人文主義学者の肩書きもある人物です。日本でいうと、アニメの「フランダースの犬」に登場する主人公ネロ少年が一目見たいと望み続け、最終回にはその前で愛犬パトラッシュとともにこと切れる、アントウェルペン大聖堂の祭壇画の作者です。

今回の展覧会「ルーベンス展-バロックの誕生」では、ルーベンスの作品を、古代彫刻や彼に先行する16世紀のイタリアの芸術家の作品、そして同時代以降のイタリア・バロックの芸術家たちの作品とともに展示します。

ルーベンスがイタリアから何を学んだのかをお見せするとともに、彼とイタリア・バロック美術との関係を解きほぐし、明らかにすることを目指します。これまでわが国では何度かルーベンス展が開催されてきましたが、この画家とイタリアとの双方向の影響関係に焦点を当てた展覧会は、初の試みとなります。

ルーベンスとイタリア・バロック美術という、西洋美術のふたつのハイライトに対する新たな眼差しのあり方を、日本の観衆に与える最良の機会となります。

ルーベンス展-バロックの誕生|TBSテレビ






展覧会「ルーベンス展-バロックの誕生」チラシ

すべての画像を見る






展覧会名:ルーベンス展-バロックの誕生
場所:国立西洋美術館
スケジュール:2018年10月16日(火)〜2019年1月20日(日)
休館日:月曜日(ただし12/24、1/14は開館)、12/28〜1/1、1/15
営業時間:9:30〜17:30
入場:当日 一般:1,600円、大学生:1,200円、高校生:800円
住所:東京都台東区上野公園7-7
電話番号:03-5777-8600
WEBサイト:www.nmwa.go.jp/

ふで無双バナー

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る