101点を展示。展覧会「ルドン ひらかれた夢ー幻想の世紀末から現代へ」がポーラ美術館で開催


ルドン ひらかれた夢ー幻想の世紀末から現代へ」が箱根にあるポーラ美術館で2018年7月22日(日)〜12月2日(日)の期間で開催されます。

オディロン・ルドン(Odilon Redon)(1840―1916)は、19世紀後期から20世紀初期にかけて活動したフランス人画家で、印象派の画家たちとほぼ同じ世代に生まれながらも、不気味な怪物たちが蠢く世界や、神秘的なヴィジョンに満ちた幻想的な場面を絵画に残しました。

この展覧会「ルドン ひらかれた夢ー幻想の世紀末から現代へ」は、世界的なルドン・コレクションを誇る岐阜県美術館の88点をはじめとする国内の101点のルドン作品が展示されます。

これまで築き上げられてきた孤高の幻想画家という芸術家神話を解き明かし、様々な価値観が交錯する時代のなかで探究を続けた「ひらかれた」芸術家ルドンの姿が明らかにする試みです。
さらに幻想や神秘の世界を追い求める現代作家との比較を通して、ルドンの生み出した芸術の今日的な意義を検証します。

ルドン ひらかれた夢ー幻想の世紀末から現代へ











展覧会名:ルドン ひらかれた夢ー幻想の世紀末から現代へ
場所:ポーラ美術館
スケジュール:2018年7月22日(日)〜12月2日(日)
営業時間:9:00~17:00
住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
電話番号:0460-84-2111
WEBサイト:http://www.polamuseum.or.jp/






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【必見】2019年に絶対見逃せない要注目の展覧会[随時更新]... 絶対見逃せない!!オススメの展覧会を厳選して紹介します。人気画家の最新の個展、海外の美術館から来日する名作の数々を展示する展覧会など、どう考えても見逃せない展覧会をピックアップしています。 東京の展覧会や、また美術館や博物館が密集している上野の美術館、六本木近辺の美術館・ギャラリー情報またはイ...
「不思議の国のアリス展」が全国巡回。シュヴァンクマイエルに清川あさみ、アーサー・ラッカム 、草間彌生... イギリスの作家ルイス・キャロル(Lewis Carroll )(1832-1898)の「不思議の国のアリス」は、1865年に出版されてからすでに150年以上の月日が流れてもなお絶えることなく読み継がれている物語です。多くの人々に、また多くのアーティストやクリエイターに影響を与え続けています。すでに1...
展示販売会 「バック・トゥ・ザ 江戸絵画~若冲・蕭白・蘆雪・白隠~」開催!... 加島美術で、2019年3月21日(木)~3月31日(日)にかけて「バック・トゥ・ザ 江戸絵画~若冲・蕭白・蘆雪・白隠~」展が開催されています。本展では、伊藤若冲、曽我蕭白、長澤蘆雪、白隠慧鶴など、江戸時代中期にその独創的な絵筆を揮った画家たちを中心に、数々の作品を展示販売いたします。作品点数約35点...
伝説の銭湯背景画絵師。匠の技で描かれた美しい「静の世界」... 中野ブロードウェイにあるアートギャラリー「GALLERY リトルハイ」で2019年3月15日(金)~3月25日(月)の期間に「THE銭湯富士 ~静の世界~」が開催されます。 約100年前に初めて描かれた銭湯の名物ともいえるペンキ絵「銭湯背景画」は、日本の庶民文化の歴史遺産ともいえる大変貴重な素...
約110点の肖像の傑作が集結!!国立新美術館で展覧会「ルーヴル美術館展」が5/30から開催... 2018年5月30日(水)~2018年9月3日(月)の期間に「ルーヴル美術館展 肖像芸術——人は人をどう表現してきたか」が国立新美術館が開催されます。 本展は、「肖像芸術」の特質と魅力をひもとく本格的な展覧会で、ルーヴル美術館の全8部門―古代オリエント美術、古代エジプト美術、古代ギリシャ・エト...
佐川美術館で展覧会「ビートたけしが描いたアートが100点!! アートたけし展」が10月から開催... 「ビートたけしが描いたアートが100点!! アートたけし展」が2018年10月06日(土)~2018年12月02日(日)の期間に滋賀県守山市にある佐川美術館で開催されます。 「ビートたけしが描いたアートが100点!! アートたけし展」では展覧会のタイトル通り、ビートたけしが描いた約100点の絵...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る