自画像がテーマの展覧会「横尾忠則 画家の肖像」が横尾忠則現代美術館で開催


兵庫県政150周年記念事業として「横尾忠則 画家の肖像」が横尾忠則現代美術館で2018年5月26日(土)〜8月26日(日)の期間に開催されます。

展覧会「横尾忠則 画家の肖像」の第一部では、移り変わる関心のままに主題や様式を変化させてきた横尾の根底にある自己探求のプロセスを、自画像というテーマから探ります。

虚像としての横尾忠則像を自ら複製する1960年代後半から70年代、試行錯誤を繰り返し、様々な手法で自身の姿をモチーフとして取り入れる1980年代、少年期の記憶から自身を見つめる1990年代、日常の延長をスナップ写真のように描きとめる近作など、自画像の変遷は、描くこと、生きることに対する横尾の意識の変化でもあります。

第二部では、横尾が影響を受けた画家の肖像を展示します。そこには師であり仲間でもある先人たちへの敬意や共感、批評等、様々な思いが見え隠れしています。






展覧会チラシ ポスターデザイン:横尾忠則

《Tadanori Yokoo(自主制作)》 1965年 作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託) 

《Picasso misses his wives》 2014年 国立国際美術館蔵






《O(富山県立近代美術館)》 2001年 横尾忠則現代美術館蔵

《Artist in Aokigahara, December 10, 1983》 1984年 兵庫県立美術館蔵

《Self Portrait with Sunglasses》 1980年 作家蔵

《画家の自画像》 1982年 富山県美術館蔵






展覧会名:横尾忠則 画家の肖像
場所:横尾忠則現代美術館
スケジュール:2018年5月26日(土)〜8月26日(日)
休館日:月曜日
営業時間:10:00~18:00
入場:一般 700(550)円、大学生 550(400)円、70歳以上 350(250)円、高校生以下 無料
住所:神戸市灘区原田通3-8-30
電話番号:078 855 5602
WEBサイト:http://www.ytmoca.jp/index.html

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
1 / 1