展覧会「デヴィッド・ボウイ 浮世絵展」が原宿で開催


UKIYO-E PROJECT presents デヴィッド・ボウイ 浮世絵展」が2018年6月23日(土)〜7月1日(日)の期間に東京の原宿にあるBOOKMARCで開催されます。

この展覧会は、「UKIYO-E PROJECT」は、2014年に立ち上げられた技術伝承を目的とするプロジェクトで、これまでに現代のミュージシャンをモチーフにした木版画を制作してきました。

これまでに、伝説的ロックバンドKISSやイングランド出身のヘヴィメタル・バンドアイアン・メイデン、ももいろクローバーZが、木版画のモチーフになっており、今回は、デヴィッド・ボウイがモチーフになり、鬼童丸が浮世絵の題材として用いられています。

作品は展示販売され、限定200点、価格は108,000円(税込)となっています。






出火吐暴威変化競「鬼童丸」(アラジン・セイン)

浮世絵の題材でしばしば用いられる鬼童丸は、鎌倉時代の説話集「古今著聞集」や曲亭馬琴の「四天王剿盗異録」等に登場する妖術使い。本図は、大蛇を操る荒々しい鬼童丸と、繊細で神秘的な魅力を放つボウイのイメージを掛け合わせて表現しました。

出火吐暴威変化競「竹沢藤次」(ダイアモンド・ドッグズ)

二代目竹沢藤次は江戸時代、様々な演出やからくりで大人気の曲芸師でした。エンターテイナーとして、ある意味イリュージョニストであったボウイとは親和性が高いと思います。
本図は「Diamond Dogs」の犬を狐に見立て、九尾(きゅうび)の狐の伝説を題材とした演目で、曲独楽(きょくごま)の芸を披露する藤次を演じるボウイを描いています。

BOOKMARC x UKIYO-E PROJECT x DAVID BOWIE – マークジェイコブス 公式






展覧会名:UKIYO-E PROJECT presents デヴィッド・ボウイ 浮世絵展
場所:BOOKMARC
スケジュール:2018年6月23日(土)〜7月1日(日)
営業時間:12:00〜19:00
住所:東京都渋谷区神宮前4-26-14

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る