展覧会「デヴィッド・ボウイ 浮世絵展」が原宿で開催


UKIYO-E PROJECT presents デヴィッド・ボウイ 浮世絵展」が2018年6月23日(土)〜7月1日(日)の期間に東京の原宿にあるBOOKMARCで開催されます。

この展覧会は、「UKIYO-E PROJECT」は、2014年に立ち上げられた技術伝承を目的とするプロジェクトで、これまでに現代のミュージシャンをモチーフにした木版画を制作してきました。

これまでに、伝説的ロックバンドKISSやイングランド出身のヘヴィメタル・バンドアイアン・メイデン、ももいろクローバーZが、木版画のモチーフになっており、今回は、デヴィッド・ボウイがモチーフになり、鬼童丸が浮世絵の題材として用いられています。

作品は展示販売され、限定200点、価格は108,000円(税込)となっています。






出火吐暴威変化競「鬼童丸」(アラジン・セイン)

浮世絵の題材でしばしば用いられる鬼童丸は、鎌倉時代の説話集「古今著聞集」や曲亭馬琴の「四天王剿盗異録」等に登場する妖術使い。本図は、大蛇を操る荒々しい鬼童丸と、繊細で神秘的な魅力を放つボウイのイメージを掛け合わせて表現しました。

出火吐暴威変化競「竹沢藤次」(ダイアモンド・ドッグズ)

二代目竹沢藤次は江戸時代、様々な演出やからくりで大人気の曲芸師でした。エンターテイナーとして、ある意味イリュージョニストであったボウイとは親和性が高いと思います。
本図は「Diamond Dogs」の犬を狐に見立て、九尾(きゅうび)の狐の伝説を題材とした演目で、曲独楽(きょくごま)の芸を披露する藤次を演じるボウイを描いています。

BOOKMARC x UKIYO-E PROJECT x DAVID BOWIE – マークジェイコブス 公式






展覧会名:UKIYO-E PROJECT presents デヴィッド・ボウイ 浮世絵展
場所:BOOKMARC
スケジュール:2018年6月23日(土)〜7月1日(日)
営業時間:12:00〜19:00
住所:東京都渋谷区神宮前4-26-14

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

263点を展示。画業の全貌を紹介した展覧会「芳年-激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」... 練馬区美術館で2018年8月5日(日)~9月24日(月・休)の期間に幕末から明治前期にかけて活動した浮世絵師、月岡芳年の展覧会「芳年ー激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」が開催されます。 本展は、西井正氣氏がコレクションする選りすぐりの作品263点が展示され、月岡芳年の画業の全貌を紹介した展覧会と...
池永康晟、甲斐庄楠音、竹久夢二など。展覧会「美人画の系譜」が銀座のギャラリーで開催... 銀座のギャラリーぎゃらりい秋華洞で5月25日(金)~6月4日(月)の期間で「美人画の系譜」という展覧会が開催されます。 歌麿、国貞、宮川長春、伊東深水、竹久夢二、小村雪岱、鏑木清方、甲斐庄楠音、伊藤小坡、島成園、池永康晟、岡本東子、中原亜梨沙など江戸時代から現代までの美人画を集めた展覧会となっ...
【パワーアップ版】帰ってきた江戸の「悪い人」たち。展覧会「江戸の悪 PART II」が太田記念美術館... 2015年に開催された展覧会『江戸の「悪」』が「江戸の悪 PART II」として2018年6月2日(土)~7月29日(日)の期間、太田記念美術館で開催されます。 本展は、2015年に開催された『江戸の「悪」』のパワーアップ版として、開催され、お馴染みの月岡芳年や歌川国芳、葛飾北斎などの有名な絵...
名画の「読み替え」を図る平成の絵師・鈴木博雄と江戸浮世絵師・歌川国芳の展覧会が銀座で開催... 東京都中央区銀座にあるぎゃらりい秋華洞では、5月26日(金)~6月4日(日)の期間に、古典絵画の人物図様を「こども」に置き換えるなど、既存の物事に対し新たな見方を提起する平成絵師の鈴木博雄と、「相馬の古内裏」や「みかけハこハゐが とんだいゝ人だ」で有名な人気の江戸時代の浮世絵師、歌川国芳の作品を展示...
「不思議の国のアリス展」が全国巡回。シュヴァンクマイエルに清川あさみ、アーサー・ラッカム 、草間彌生... イギリスの作家ルイス・キャロル(Lewis Carroll )(1832-1898)の「不思議の国のアリス」は、1865年に出版されてからすでに150年以上の月日が流れてもなお絶えることなく読み継がれている物語です。多くの人々に、また多くのアーティストやクリエイターに影響を与え続けています。すでに1...
展示販売会 「バック・トゥ・ザ 江戸絵画~若冲・蕭白・蘆雪・白隠~」開催!... 加島美術で、2019年3月21日(木)~3月31日(日)にかけて「バック・トゥ・ザ 江戸絵画~若冲・蕭白・蘆雪・白隠~」展が開催されています。本展では、伊藤若冲、曽我蕭白、長澤蘆雪、白隠慧鶴など、江戸時代中期にその独創的な絵筆を揮った画家たちを中心に、数々の作品を展示販売いたします。作品点数約35点...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る