金沢21世紀美術館で展覧会「起点としての80年代」が開催。横尾忠則に舟越桂、森村泰昌など


石川県の金沢にある金沢21世紀美術館で展覧会「80年代の日本美術とは何だったのか」が2018年7月7日(土)〜2018年10月21日(日)の期間で開催されます。

1980年代の日本美術を再検証すると銘を打ち、国内の屈指の著名なアーティストの作品が展示されます。展覧会で展示されるアーティスト一覧(予定)。

石原友明 / 今村源 / 大竹伸朗 / 岡崎乾二郎 / 川俣正 / 諏訪直樹 / 杉山知子 / 辰野登恵子 / 戸谷成雄 / 中村一美 / 中原浩大 / 日比野克彦 / 舟越桂 / 藤本由紀夫 / 松井智惠 / 宮島達男 / 森村泰昌 / 横尾忠則 / 吉澤美香

横尾忠則、舟越桂、宮島達男、森村泰昌に大竹伸朗など、他にも。かなり豪華な顔ぶれだということがわまりますね。これは楽しみな展覧会です。

1980年代には今日の美術に直接つながるいくつもの重要な動向が生まれました。インスタレーションという形式、作品制作への参加や社会との関係への意識、オルタナティブ・スペース、メディア・アート、「美術」という制度を相対化する視点、日常性や軽やかさを大切にする感性などです。

この時代のサブカルチャーも90年代以降の美術に大きな影響を与えています。本展では今日のアートシーンの起点を狭義の「美術」に探り、80年代の日本の美術を再検証します。






森村泰昌 《肖像(ゴッホ)》 1985
©MORIMURA Yasumasa






展覧会名:起点としての80年代
場所:金沢21世紀美術館
スケジュール:2018年7月7日(土)〜2018年10月21日(日)
休館日:月曜日(要確認)
営業時間:10:00~18:00(展覧会ゾーン)
入場:一般=1,000円(800円)、大学生=800円(600円)、小中高生=400円(300円)、65歳以上の方=800円
住所:石川県金沢市広坂1-2-1
電話番号: 076-220-2800
WEBサイト:金沢21世紀美術館 | 起点としての80年代

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
1 / 1