「殺人ピエロ」ジョン・ゲイシーや楳図かずお、ティム・バートン、ルイス・ウェインなど。超豪華メンバーによる魔的コレクションの展覧会


展覧会「HN【悪・魔的】コレクション~evil devil~」が東京の銀座にあるヴァニラ画廊で、2018年5月30日(水)~2018年7月1日(日)の期間に開催されます。

この展覧会、HN氏のコレクションを展示したもので、シリアルキラー・コレクションからは、ピエロに扮した連続殺人者ジョン・ウェイン・ゲイシーや、映画「サイコ」や「羊達の沈黙」などのモデルとなったエド・ゲイン。
奇妙なおとぎ話・映像の世界の魔的コレクションからは、ストップモーション・アニメーターのレイ・ハリー・ハウゼン、「アリス・イン・ワンダーランド」などで知られるティム・バートン、アメリカ合衆国の映画監督。映画プロデューサーであるエド・ウッド。
愛すべき恐怖・怪奇漫画の中の魔的コレクションからは、楳図かずお/水木しげる/日野日出志/杉戸光史/谷ゆきお/白川まり奈/島根けんじなど。
心の中に潜むもの~inner psychological worldからは、猫をモチーフにした絵画で知られるイギリスの画家のルイス・ウェインなどの作品が展示されます。

また、特別展示として、エド・ウッド、トビー・フーパー、ティム・バートン、エドワード・ゴーリー、小栗虫太郎、栗田信、江戸川乱歩などのポスターと書籍コレクションが展示されます。

過去に開催されたコレクターHN氏の熱い情熱をもって蒐集されたシリアル・キラーコレクション展では、まるで見るものの心のひだを覗き込むような、緊張感に溢れた作品が一堂に集いました。
今展覧会では、人々を震撼させるシリアル・キラーのアートワークのコレクションをはじめ、映像、漫画そして深層心理の4つの視点から各々の心の中に潜む【悪・魔】の形を、HN氏の多岐にわたるコレクションより厳選して展示いたします。
 人はなぜ、悪魔的な作品に心を惹かれるのでしょうか。そしてその本質は何なのでしょうか。驚異のプライベート・コレクションを通じ、その片鱗が見えてくるかもしれません。

’18/5/30 〜 7/1HN【悪・魔的】コレクション~evil devil~






展覧会チラシ






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

「不思議の国のアリス展」が全国巡回。シュヴァンクマイエルに清川あさみ、アーサー・ラッカム 、草間彌生... イギリスの作家ルイス・キャロル(Lewis Carroll )(1832-1898)の「不思議の国のアリス」は、1865年に出版されてからすでに150年以上の月日が流れてもなお絶えることなく読み継がれている物語です。多くの人々に、また多くのアーティストやクリエイターに影響を与え続けています。すでに1...
展示販売会 「バック・トゥ・ザ 江戸絵画~若冲・蕭白・蘆雪・白隠~」開催!... 加島美術で、2019年3月21日(木)~3月31日(日)にかけて「バック・トゥ・ザ 江戸絵画~若冲・蕭白・蘆雪・白隠~」展が開催されています。本展では、伊藤若冲、曽我蕭白、長澤蘆雪、白隠慧鶴など、江戸時代中期にその独創的な絵筆を揮った画家たちを中心に、数々の作品を展示販売いたします。作品点数約35点...
伝説の銭湯背景画絵師。匠の技で描かれた美しい「静の世界」... 中野ブロードウェイにあるアートギャラリー「GALLERY リトルハイ」で2019年3月15日(金)~3月25日(月)の期間に「THE銭湯富士 ~静の世界~」が開催されます。 約100年前に初めて描かれた銭湯の名物ともいえるペンキ絵「銭湯背景画」は、日本の庶民文化の歴史遺産ともいえる大変貴重な素...
約110点の肖像の傑作が集結!!国立新美術館で展覧会「ルーヴル美術館展」が5/30から開催... 2018年5月30日(水)~2018年9月3日(月)の期間に「ルーヴル美術館展 肖像芸術——人は人をどう表現してきたか」が国立新美術館が開催されます。 本展は、「肖像芸術」の特質と魅力をひもとく本格的な展覧会で、ルーヴル美術館の全8部門―古代オリエント美術、古代エジプト美術、古代ギリシャ・エト...
佐川美術館で展覧会「ビートたけしが描いたアートが100点!! アートたけし展」が10月から開催... 「ビートたけしが描いたアートが100点!! アートたけし展」が2018年10月06日(土)~2018年12月02日(日)の期間に滋賀県守山市にある佐川美術館で開催されます。 「ビートたけしが描いたアートが100点!! アートたけし展」では展覧会のタイトル通り、ビートたけしが描いた約100点の絵...
特別展「丸木位里・俊―《原爆の図》をよむ」が9/8から広島市現代美術館で開催... 特別展「丸木位里・俊―《原爆の図》をよむ」が、2018年9月8日(土) ~ 2018年11月25日(日)の期間に広島市現代美術館で開催されます。 本展では《原爆の図》より、初期三部作に加え、《第4部 虹》、《第5部 少年少女》とともに、《原爆の図》の需要が高まる全国巡回展中につくられた初期三部...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る