粗削りなのに存在感あり。チェンソーで作られた動物たちの彫刻作品


ドイツのアーティストJürgen Lingl-Rebetezは木彫を専門としたアーティストで、主に、ライオンや犬、馬、鳥類などの様々な動物たちを彫刻していますが、鑿などの道具ではなく、チェンソーを使って彫刻しています。
チェンソーなのでザックリとしか削れないのですが、そのざっくり削った後をわざと残すことで、動物たちの躍動感や荒々しさを巧みに表現しています。
顔部分はチェンソーだけでなく、細やかに彫刻できる道具が使われていますが、ほとんどはチェンソーの跡が残っています。フォルムを的確に把握しているという点と、彫刻だけでなく着色もしているので、かなりリアルな存在感が、画像からも伝わってきます。
チェンソーの粗削りな部分と素材の樹木の色が生かされているので、本物の動物の体毛に見えますね。作品に使われている素材の特色と動物を骨格を正確に把握しているからこそできる表現ですね。素晴らしい!!!

動物ではありませんが、チェンソーを使ってオブジェ作品を制作する日本人の芸術家・戸谷成雄を以前紹介しておりますので、合わせてご覧ください。以下。

荒々しくうねる森の襞。チェーンソーで削って作られた戸谷成雄の木彫作品











制作している動画もありますのでご覧ください。

Site du sculpteur Jürgen Lingl-Rebetez






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

本物より本物っぽい。セミの抜け殻で作られた異形のバルタン星人... Twitterユーザーのタニクラカイ(@rlavemmN8fX18pY)が制作したセミの抜け殻で作られたバルタン星人がすごいと話題になっています。なんとも違和感がなく、細部まで、手が届いており、そして完成度も高い!!!円谷プロダクションが制作した特撮テレビ番組シリーズ「ウルトラシリーズ」に登...
ノスタルジックな世界に恍惚。ダンボールで作られた風景や建物が美しい... こちらはオーストラリア、メルボルン在住のDaniel Agdag(ダニエル・アグダグ)のダンボールで作られた作品です。ダンボールの材質感や色味が生かされておりノスタルジックな世界になっていますね。実に細やかな手作業が伺えます。「Lost Property Office(ロスト・プロパ...
小さくても気品溢れる姿。ビーズで作られたドラゴンのアクセサリー「Brooch dragon」... ロシアのアーティストAlyona Lytvinのビーズを使って造られたブローチのドラゴンがとても可愛いです!!シードビーズ、アンティークビーズサテンや淡水パール、スパンコール、ラインストーンなどビーズだけでなく、様々な装飾物が使用され作られています。爬虫類特有の目の表現がとても素晴らしく、一...
事故!?フィアット(車)を厚さ12cmのペシャンコ状態にした芸術作品... こちらはイスラエルのデザイナーRon Aradの作品。潰された車6台は、イタリアを代表するカーブランド「FIAT(フィアット)」で、結果12センチの厚さの金属になったそうです。何年も前に彼の父親が乗っていたフィアットが車体が粉砕するほどの交通事故にあった時のことが由来しています。車を丸ごと使...
内臓、脳味噌、頭蓋骨丸見え。グロテスク過ぎる可愛いお人形... こちらはイギリスのアーティストJessica Harrison(1982-)の陶芸作品シリーズ「Porcelain」です。昔ながらの工芸的な置物のお人形かと思いきや、とんでもないことになっています。以前もこのアーティストの作品はご紹介したのですが、こういったグロテスクな表現を得意としています...
自閉症と知的障害を抱えた芸術家・澤田真一の陶芸作品... 昭和57年(1982年)生まれ。草津市在住の澤田真一さんの陶芸作品をご紹介します。澤田真一さんは国際美術展、第55回ベネチア・ビエンナーレ」に出展するなど近年とても注目されているアーティストです。スイスの美術館「アール・ブリュット・コレクション」に12点が収蔵され、2010~11年にかけてパリで開催...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る