凄い迫力!!小4の男の子が描いた恐竜の絵が圧倒的だと話題

Twitterユザーのなゆ他(@m_ir_oku_o)さんが投稿した絵が話題となっています。その絵は、なゆ他さんの小学校4年生の息子さんが描いた恐竜の絵です。

しかも、筆を使わず指で描いたというのだからさらに驚き。目の向きや大きな口から覗いている鋭い牙がしっかりを描かれており、躍動感があって凄い迫力です。むしろ、筆を使わなかったからこそ、この迫力が描けたのかもしれませんね。

夏休みに映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」を観たことから、映画でのシーンがそのまま、絵に現れているのかもしれないと、なゆ他さんが言っています。











この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【必見】2019年に絶対見逃せない要注目の展覧会[随時更新]... 絶対見逃せない!!オススメの展覧会を厳選して紹介します。人気画家の最新の個展、海外の美術館から来日する名作の数々を展示する展覧会など、どう考えても見逃せない展覧会をピックアップしています。 東京の展覧会や、また美術館や博物館が密集している上野の美術館、六本木近辺の美術館・ギャラリー情報またはイ...
「不思議の国のアリス展」が全国巡回。シュヴァンクマイエルに清川あさみ、アーサー・ラッカム 、草間彌生... イギリスの作家ルイス・キャロル(Lewis Carroll )(1832-1898)の「不思議の国のアリス」は、1865年に出版されてからすでに150年以上の月日が流れてもなお絶えることなく読み継がれている物語です。多くの人々に、また多くのアーティストやクリエイターに影響を与え続けています。すでに1...
ベクシンスキの増補版作品集「ベクシンスキ作品集成 I ver.1.2」が発売... ポーランド幻想絵画の巨匠ベクシンスキ。50年代~70年代の全盛期を中心にアートワークを集成。2017年に発売された「新装版 ベクシンスキ作品集成I」に図版1点を追加した増補版「ベクシンスキ作品集成 I ver.1.2」が2019/7/19に河出書房新社から発売されます。 ポーランド南東のサノク...
【10/12〜】日本画家・栗原永輔の個展「闇の中の光」が孔雀画廊で開催... 10/12(月・祝)〜10/18(日)の期間で日本画家・栗原永輔の個展「闇の中の光」が孔雀画廊にて開催されます。 前回、開催された個展では赤々とした龍たちが黄色い線光は火花のように描かれていました。迫力ある画面と線描がとても印象的でした。 今回は、向日葵がモチーフとなっており、龍の力強さ...
世界観と画力が圧倒的。「ドラゴンクエストX」、「ファイナルファンタジーXI」などを手掛けたコンセプト... 本記事最後にプレゼント募集あり 「INEI」のアートワークを収めた「INEI」初の作品集「The Art of INEI コンセプトアート」がとても素晴らしいのでご紹介したいと思います。 「INEI」(会社としては株式会社INEI(陰翳・インエイ))は世田谷にあるコンセプトアートのス...
エクセルで絵を描く方法「パソコンで描く『絵』の描き方」... 以前、ご紹介したエクセルで絵画を作るアーティスト堀内辰男さん(以下詳細)ですが、2019/5/29にマガジンランドより「パソコンで描く『絵』の描き方」という書籍が発売されることになりました。 これは驚き!!エクセルで絵画制作する堀内辰男の職人技 テレビや海外メディアで紹介されあっとう...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る