こいつ・・・動くぞ!段ボールで作られたミニガンダムが可愛い


小さい子ども用に段ボールで作られた装着可能なガンダムが超絶可愛いです。2、3歳くらいでしょうか、ダンボールで作られたガンダムを装着したまま、しっかり歩いており、目の部分には穴が空いていて、前が見えるようになっています。

中に入ることのできない、ダンボールで作られたガンダムであれば、様々な人たちが制作していることはありますが、中に入り、装着できる子ども用のガンダムはなかなかお目にかかれないですね。

多少の不自由さはあるかもしれませんが、外見から見ても、しっかり作られている印象を受けます。これでビーム・サーベルとシールドを装備すれば完璧だ!!!






ちょこちょこ動く姿はあまりにも可愛い…。投稿したアカウントの主は海外の方のようで、果たして、中の子どもはガンダムのことを知っているのでしょうか。

こちらがその動画です。ご覧ください。






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

段ボールを使って作られた仏像。彫刻家・本堀雄二が制作した仏像彫刻... 段ボール仏像作家・本堀雄二の段ボールから作られた仏像彫刻をご紹介します。本堀雄二さんは使い古しの段ボールで多くの仏像彫刻を制作しています。 神戸市出身で阪神大震災以降、新しい材料を使うことに抵抗を感じる様になったそうです。 ゴミ同然の使い古しの段ボールを仏像に変えてしまう一連の行程は命を...
【卓越した技術】まるで本物。人物をモチーフにしたハイパーリアリズム彫刻を制作するアーティスト(15選... もの凄くリアルな彫刻を制作するアーティストを紹介したいと思います。 かなり人間に近い、まるで人間かのような彫刻のことを「ハイパーリアリズム彫刻」といい、世界各国でこのような作品を制作するアーティストがいます。 シリコン、レジン樹脂、ファイバーグラスなどを駆使して人肌に近い表情を作り出...
流木で人型オブジェを制作するアーティスト岩崎永人の彫刻作品シリーズ「Torso」... 1953年山梨県出身のアーティスト岩崎永人さんは流木を使って人型のオブジェを制作しています。様々なフォルムをした流木を組みわせ、自立した人型になっています。 森や林、廃墟のような場所にあるこれらのオブジェは有機的なフォルムをした流木により、新たに生命を得たようで、とても不思議な存在感があります...
飛び出した肉片を連想させる。動物の剥製を使ったグロテスクなアート作品... トロント在住のアーティストRebecca Fin Simonettiの立体作品です。 奇形やキメラを思わせる剥製の他にポリマークレイ(樹脂粘土)や革などが素材として使われています。剥製の足下や体に付いているものは肉片や生皮を連想させますね。問題を投げかけるような意図や社会的なテーマ、抗議などは...
怪奇的。人間の髪やアンティーク、亡き祖母の遺品で作られる操り人形たち... 「Handsome Devils Puppets」という名前で活動する人形作家の人形作品は、人間の髪、数々のアンティーク、あと、亡くなった祖母の遺品であるアクセサリーやジュエリーなどから作られています。 人形は「アダムスファミリー」のウェンズデーアダムス、フリーダ・カーロ、シルヴィア・プラスな...
【押さえておくべき名作・23選】過去200年で歴史を揺るがした衝撃的で革新的な芸術作品... 美術史の中で名を残す革新的な芸術作品をご紹介します。年代的には過去200年、1800年初頭から選出されています。 Paddle8というオークションハウスのキューレーターが選出したもので、とても参考になるので是非ご覧下さい。どの作品も有名なもので憶えておいて損はしないと思います。 ...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る