バレエダンサーの衣装を紙で制作し撮影したプロジェクト「PLI.ĒProject」


モントリオールに拠点を置く2人のアーティスト、フォトグラファーMelika DezとペーパーアーティストPauline Loctin(ポーリン ロクチン)のPLI.ĒProjectはバレエダンサーの衣装を紙で制作し、撮影しています。

14人のプロバレエダンサーのしなやかなポーズと紙で表現された幾何学的なフォルムが対比しあってとても美しいです。モントリオール、ローマ、ニューヨークの通りやパリのルーヴル美術館などのロケーションで撮影し、将来的には写真集を発売する予定があるようです。

フォトグラファーMelika Dezはモントリオールに拠点を置き、H&MやElle Québecなどのクライアントと仕事をし、Pauline Loctinは、紙で制作したショーケースでの展示や制作、インスタレーション、ワークショップなどを行っています。
















この記事に興味のある方はこちらもオススメです

美しき肢体。水中で撮影された美女たちの静粛な姿... フォトグラファーMira Nedyalkovaは2013年頃から水中写真シリーズ「Underwater」を制作しています。一体どういう状態を想定、設定して撮影されたのでしょうか。泳いでいるようには到底見えません。自ら水中に身を投げ打っているのか、すでに死んでいるのかもしません。幻想的で美しい反面、皮...
香港のネオンサインが楽しめるオンラインエキシビション「NEONSIGNS.HK 探索霓虹」... 香港のネオンサインが楽しめるオンラインギャラリー「NEONSIGNS.HK 探索霓虹」をご紹介します。このサイトでは香港のネオンサインをGoogleマップにマッピングし、どこにどんなネオンサインがあるか見ることができます。「AKIRA」や「ブレードランナー」「攻殻機動隊」などといった近未来のイメージ...
ネオンカラーでギラつく東京。サイケデリックな繁華街を捉えた夜景写真... ベルギーのブリュッセルを拠点に活動するフォトグラファーであり、映像作家でもあるXavier Portela(ザビエル・ポルテラ)は東京やバンコク、香港などアジアの各地を訪れ、多くの写真をInstagramに投稿しています。 東京の秋葉原、新宿などのギラギラとネオンカラーが眩しい繁華街を撮影して...
次の瞬間を想像させる。悲惨な結果の直前を撮影した寸止め写真... フォトグラファーAaron Tilleyの写真がとても秀逸です。撮影されたのは一見すると日常に溢れる普通のモチーフではありますが、絶妙なタイミング、誰もが想像できるであろう悲惨な次の場面の手前で撮影されています。 風船が割れる直前、ペンのインクがシャツに落ちる直前、卵やグラスが割れる直前など、...
【閲覧注意】ホラー過ぎてドン引き。額から飛び出している絵画のような写真... イタリアのフォトグラファーLuca Pierroのポートレイト作品です。かなり怖いですね。「助けでぇぇ〜」とかうめき声が聞こえてきそうです。 額には伸縮性がある布が貼られており、額の向こう側の人物たちがこちら側に出てきそうなくらい顔や身体を飛び出させています。 Luca Pierroはこ...
技術力が圧巻。デジタル処理で作られた非現実世界が、かなりリアルに見える... レタッチ(フォトレタッチ)とは、画像データ、特に写真を取り込んだデータを加工・修正する作業で、スウェーデンに拠点を置くErik Johansson(エリック・ヨハンソン)さんは、プロのレタッチャーであり、フォトグラファーです。 限りなくリアルに見えるフォトショップの技術力、レタッチなどが凄いの...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る