バレエダンサーの衣装を紙で制作し撮影したプロジェクト「PLI.ĒProject」


モントリオールに拠点を置く2人のアーティスト、フォトグラファーMelika DezとペーパーアーティストPauline Loctin(ポーリン ロクチン)のPLI.ĒProjectはバレエダンサーの衣装を紙で制作し、撮影しています。

14人のプロバレエダンサーのしなやかなポーズと紙で表現された幾何学的なフォルムが対比しあってとても美しいです。モントリオール、ローマ、ニューヨークの通りやパリのルーヴル美術館などのロケーションで撮影し、将来的には写真集を発売する予定があるようです。

フォトグラファーMelika Dezはモントリオールに拠点を置き、H&MやElle Québecなどのクライアントと仕事をし、Pauline Loctinは、紙で制作したショーケースでの展示や制作、インスタレーション、ワークショップなどを行っています。
















検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る