菱田春草の日本画。美しい日本の自然を描いた天才画家

明治期に活躍した日本画家・菱田春草(ひしだしゅんそう)(1874年・明治7年〜1911年・明治44年)は、37歳という若さでこの世を去った日本画家です。美術行政家、美術運動家として近代日本美術の発展に大きな功績を残した岡倉天心の元で、横山大観下村観山とともに日本美術院の一人として活躍しました。

37歳とい若さで、20年弱という短い期間で、数ある傑作を残しました。代々木の雑木林を描いあた名作「落葉」(1909年)や、近代日本画の名作として名高い猫を描いた「黒き猫」(1910年)などは菱田春草を知らない人でも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

菱田春草の生まれは、長野にある南アルプスを望む飯田市で、代々飯田藩主堀家に仕えていました。7人兄弟の三男として1874年(明治7年)に生まれ、本名は三男治(みおじ)。幼い頃から絵は達者で、優秀な成績で高等科に入学すると、洋画家として活躍する中村不折(なかむらふせつ)に教わっています。高等科卒業の翌年(1889年)に、東京美術学校(現:東京芸術大学美術学部)が開校します。開校の翌年(1890年)に東京美術学校に入学、卒業する頃には、学校中の評判になるほどの名声を得ていたようで、将来を嘱望される画家の一人でした。卒業制作で発表された「寡婦と孤児」(1895年)(明治28年)は審査で論争を巻き起こし、橋本雅邦(はしもとがほう)は、最優等を主張しますが、福地復一(ふくちまたいち)は、「化け物絵」と表した上で、落第と主張しました。結果、校長の岡倉天心が優秀一席を与え決着しています。

その後、春草24歳(1898年)の時に、東京美術学校の嘱託教員として勤めていましたが、校長の岡倉天心が職を追われ辞職することになり、春草もともに同校を去り、同年、岡倉天心と日本美術院を創立します。また、同年に萩藩士族野上宗直の長女を妻とし、その4年後、28歳の時に長男春夫が誕生しています。29歳になると、盟友である横山大観とともに、インドへ半年、アメリカ、ヨーロッパへ1年半外遊します。外遊中に、ニューヨークで3回、ケンブリッジで1回、ワシントンで1回、ロンドン、パリで1回ずつ、計7回もの展覧会を開いています。展覧会の結果は、上々で、初めてのニューヨークの展覧会では10数点が購入されています。

帰国後、日本美術院は経営破綻し、岡倉天心の別荘がある茨城県の五浦へ移転。34歳(1908年・明治41年)の時に、眼疾が悪化し東京で治療を受け、東京の代々木で病気治療に専念しますが、同時に慢性腎臓炎とも診断されます。徐々に回復の兆しを見せ、制作も行っていましたが、36歳の時には、視力が衰え、制作することが困難に、そして腎臓炎が進行し、1911年(明治44年)の37歳で死去します。

では、時系列で作品をご覧ください。






菱田春草「海老にさざえ(写生)」1891年(明治24年) 紙本彩色・軸 東京藝術大学

春草が17歳、東京美術学校、普通科2年の時の写生の時間での描いた作品です。古画の模写、写生、新案の授業が三本柱となっていました。
卓越した観察力と描写力を垣間見ることができます。モチーフのある空間の認識があまりないことで、海老とさざえの異様な存在感が目立っています。
菱田春草 海老にさざえ(写生)

菱田春草「寡婦と孤児」1895年(明治28年) 絹本彩色・軸 東京藝術大学

前述であった、卒業制作で発表された「寡婦と孤児」です。本題は太平記の「北山殿謀反事」を典拠したのではないかと考えられています。傷んだ鎧の前に、赤子を抱いた女性と、背景には、ボロボロに荒んだ室内がが描かれています。元のなった物語は、後醍醐天皇暗殺を企てて斬首された西園寺公宗の妻日野名子があばら家で男児を産み落とし泣き暮らすという内容です。
太い線で表現された妻日野名子と男児はひときわ目立ち、哀れさが強調されています。
菱田春草「寡婦と孤児」

菱田春草「寡婦と孤児」 拡大

菱田春草「寡婦と孤児」拡大

菱田春草「武蔵野」1898年(明治31年) 絹本彩色・額 富山県立近代美術館

菱田春草を語る上で、切って話せないのが「朦朧体」または、「没線描法」と言われる輪郭線を用いない描法です。この描法は横山大観とともに始められた実験的なもので、西洋絵画の表現を意識し、絵の具をつけない刷毛で色をぼかしたり、光の拡散する様子や湿り気を帯びた空気を感じさせることができました。また、空気遠近法や光による陰影も同時に描くことができました。
この「武蔵野」では、画面間近にあるすすきなどの植物だけ輪郭を持って描かれており、背景の富士山や風景、すすきに留まる百舌は、色をぼかして表現されています。ただ、この描法を用いた作品は非難され、作品は全く売れませんでした。
菱田春草「武蔵野」

菱田春草「寒林(かんりん)」1898年(明治31年) 紙本墨画 霊友会妙一記念館

全くの輪郭を排除した作品で、「武蔵野」と同年に制作されています。輪郭はなく、墨の濃淡で遠近が巧みに描かれています。林の奥に引き込まれそうなほど、空間が描きこまれています。






菱田春草「菊慈童(きくじどう)」1900年(明治33年) 絹本彩色・軸 飯田市美術博物館

菊慈童は周のぼく王の侍童で罪を得て河南のれき県の山奥に流されますが、菊の露を飲んで不老不死の若さを保ったといわれています。画面の大半の覆う背景の木々の薄暗いぼかしの表現と対照的に白色の顔料である胡粉(ごふん)を使って明るく描かれています。
菱田春草「菊慈童(きくじどう)」

菱田春草「菊慈童」拡大

菱田春草「王昭君(おうしょうくん)」1902年(明治35年) 絹本彩色・額 善寳寺蔵

重要文化財に指定されています。中国・前漢の元帝の時代、匈奴の王へ後宮から女性を差し出すにあたり、もっとも醜い者を肖像画で選ぶことになりました。そして選ばれたのは、絵師に賄賂を渡さなかった後宮一の美女、王昭君。その高潔な美女・王昭君を送り出すときのシーンを描いています。
菱田春草「王昭君(おうしょうくん)」

菱田春草「王昭君(おうしょうくん)」拡大

拡大してみると、人物の描き方に「朦朧体」が使われていることがよくわかります。ボカシながらも、しっかりとした描写で対象に迫っています。
菱田春草「王昭君(おうしょうくん)」拡大

菱田春草「猫梅(ねこうめ)」1906年(明治39年) 絹本彩色・軸 足立美術館

菱田春草「猫梅(ねこうめ)」

菱田春草「猫梅(ねこうめ)」拡大

菱田春草「猫梅(ねこうめ)」

菱田春草「落葉」(文展)1909年(明治42年) 紙本彩色・六曲一双

菱田春草の代表作であり、近代美術史上の名作。「落葉」には他に幾つかあり、明治40年、第三回文展に出品された「落葉」は重要文化財に指定されています。
この前年に、目の異常をきたし、茨城から東京に戻り治療に専念しています。衰えていた視力が段々回復し、再び制作ができるようになります。
この「落葉」は療養先である東京の代々木の雑木林を描いたとされ、秋の深まる美しい日本の情景を見ることができます。樹々の配置や、落ち葉の位置に細心の注意が払われ、全体をはりつめる異常なほどの緊張感と静謐さがあります。やや俯瞰で取られた構図によって、画面の奥へと続く果てしない広がりを感じることができます。死去する37歳の2年前35歳の時に作品です。
菱田春草「落葉」

菱田春草「落葉」

菱田春草「落葉」

菱田春草「黒き猫」 1910年(明治43)年 絹本彩色・軸

この作品も重要文化財に指定されている菱田春草の代表作の1つ。第四回文展に出品された死の前年に描かれた作品。はじめに雨の中を傘をさしている美人を描く予定でしたが、モデルの千代夫人の体調が悪いため、結局描くことができず、近所の猫を借りてきて描かれました。わずか5日という短い期間で描かれました。
「黒き猫」の制作された翌年の1911年には、再び病が再発し、失明。光を失ったまま死を迎えています。
菱田春草「黒き猫」

菱田春草「黒き猫」 拡大

明治には、西洋絵画の波が日本画界にもやってきます。西洋絵画で表現される三次元的な奥行き、空間表現や立体感、日本画にはない、リアリズムをどう咀嚼するかが大きな課題となっていました。春草以前にも、日本画的様式の中に遠近法や陰影方などを取り入れ、西洋絵画の技法を盛り込んだ作品はありました。美術行政にも関わった明治時代に来日した日本美術研究家で日本美術の紹介に努めたことで知られるアーネスト・フェノロサ(1853〜1908)に見出された狩野芳崖(かのうほうがい)(1828〜1888年)は、伝統絵画から近代にふさわしい絵画の創出を実践しています。狩野芳崖については改めてご紹介したいと思います。

いかがだったでしょうか。最後に紹介した黒い猫を描いた作品は、他に2点ありますので、興味のある方は調べてきてください。菱田春草の展覧会が開催される際は当サイトに掲載する予定ですので、是非、SNS等で更新情報をお受け取りください。






参考資料

菱田春草 (新潮日本美術文庫)
尾崎 正明
新潮社
売り上げランキング: 490,748
菱田春草 (巨匠の日本画)
菱田 春草
学習研究社
売り上げランキング: 930,727

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【展覧会】若冲に、夢チューです!『京都の若冲とゆかりの寺-いのちの輝き-』 髙島屋 京都・大阪会場に... 日本美術ブームを牽引する江戸時代の奇想の画家・伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)。没後220年を記念して、若冲が生涯のほとんどを過ごした京都に伝わる作品を一堂に集めた展覧会、「京都の若冲とゆかりの寺-いのちの輝き-」が以下の日程で開催されます。 京都髙島屋:2020年1月4日(土)~20日(月...
息を呑む迫力。凄い形相とダイナミックな技が炸裂する安本亀八の「相撲生人形」... 安本亀八(1826〜1890)の「相撲生(いき)人形」は「日本書紀」にある野見宿禰と当麻蹴速の力比べに題材をした作品です。野見宿禰が当麻蹴速の腰を掴み必死に投げ飛ばそうとする姿をダイナミックに表現しています。 「相撲生人形」は1890年の内国勧業博覧会に出品するつもりで制作されたようですが...
円山応挙の眼差し。「写生の祖」と呼ばれた京都の天才絵師... 円山応挙(まるやまおうきょ)といえば、どんな作品を思い浮かべるでしょうか。やはり三井記念美術館に所蔵されている国宝の「雪松図屏風」でしょう。墨と金と紙の白で描いた力つよい老松と今日せんが美しい若松は、日本絵画史に刻まれた名作の1つですね。タイトルでわからない方も作品を見れば、これか!とわかると思いま...
河鍋暁斎の最高傑作群。「画鬼」と称された反骨の天才絵師... 河鍋暁斎(かわなべきょうさい)(1831-1889)(天保2年-明治22年)は、江戸の幕末から明治期で活躍した絵師の一人です。河鍋暁斎は、下総国古河の城下町、米穀商の次男として生まれ、幼名を周三郎といいましたが、古河藩士・河鍋家の養子になったことから河鍋姓を名乗っています。すでに幼い頃から、絵心を開...
葛飾北斎の独創性。世界を魅了した日本を代表する絵師... 葛飾北斎(かつしかほくさい)(1760~1849)は、1760年(宝暦10年)に割下水(わりげすい)、現在の墨田区亀沢付近で生まれました。幼名は、時太郎。6歳頃より、好んで絵を描くことを始め、10歳の時に鉄蔵と名を改めています。 葛飾北斎は、14歳頃から木版画を学び、貸本屋の小僧として働いてい...
曽我蕭白の奇想世界。卓説した技術と強烈なインパクトで魅せる無頼の絵師... 伊藤若冲と合わせて人気の絵師・曽我蕭白は江戸時代を生きた絵師で、「異端」、「奇想」、「異様」、「破天荒」または「エキセントリック」などといった言葉で形容されること多いです。曽我蕭白の代表作「群仙図屏風」などにそれらの言葉が当てはまることだろうと思います。当時も「邪道に陥った者」、「画体いやし」などと...
     

SNSで更新情報を配信中!!