長沢芦雪の奔放さ。ゆるさと優美が混在する稀有な天才画人

長沢芦雪(ながさわろせつ)1754年(宝暦4年)-1799年(寛政11年)は円山応挙を筆頭にする円山派の1人です。円山派には、とても有名な絵師達が多く、山口素絢(やまぐちそけん)や長沢芦雪と共に二哲と評された源琦(げんき)などがいます。

1754年(宝暦4年)丹波国篠山で生まれ幼少の時に淀藩の足軽長沢氏の養子になったと伝えられています。蘆雪の足跡がとても少なく、20代の頃に円山応挙の弟子になったと考えられており、応挙の高弟として頭角を表します。29歳には京都の文化人を集成した名録「平安人物志」に登場します。師匠の応挙は二番、他には伊藤若冲や与謝蕪村の他に、同じ円山派の中から、岸駒(がんく)、山本守礼、源琦(げんき)などの絵師達が名を連ねています。

芦雪33歳(1786年)の時に応挙の使いで南紀(和歌山)の西就寺、無量寺、草堂寺で障壁画を制作しています。重要文化財に指定されている無量寺にある「虎図」と「龍図」もこの頃に描かれています。37歳(1790年)、応挙が57歳の時に、一門で制作した御所の完成度造営障壁画にも参加し、41歳(1794年)に広島に滞在し、1797年に厳島神社に「山姥図」を奉納しています。

亡くなったのは1799年、46歳という若さ。大阪で亡くなっており、毒殺自殺などと言われていますが、死因は不明





長沢芦雪「虎図」 1781-1789年 一幅 紙本着色

20代後半から30代にかけて描かれたのではないかと考えられている本作。応挙に弟子入りして間もない頃の作品だとしたら、このリアルに描きこまれた虎の相貌は納得ができます。応挙の描いた虎に倣いながらもまったく劣らない描写感を感じることができます。こちらを睨む、表情がなんともかっこいいです。緻密に描かれた虎と、ざっくりながらも的確に捉えられている竹がとても印象的。大胆で奔放な作風のイメージとは異なるものがあります。
1786年には無量寺の「虎図」が描かれているので、それより前に描かれたのではないでしょうか。
長沢芦雪「虎図」

長沢芦雪「虎図」拡大

長沢芦雪「虎図」拡大

長沢芦雪「虎図」 1786年(天明6年) 重要文化財  和歌山・無量寺

圧倒的な迫力と大胆な構図で描かれたこの作品は、和歌山の無量寺を訪れた際に制作した襖絵です。無量寺本堂の仏間と室中の左側、右側には「龍図」が向き合うようにに配されています。
芦雪といえば、この虎を思い浮かべる方が多いと思います。虎というよりは、どちらかというと、猫っぽくて丸々した印象を受けますね。現在、作品は収蔵庫で保管されており、複製画が展示されています。
上の「虎図」とはまったく印象を受ける「虎図」。この頃を境に師匠の応挙の画風を脱し、大胆で奔放な画風に転じています。

長沢芦雪「虎図」

長沢芦雪「龍図」

長沢芦雪「薔薇蝶狗子図(ばらちょうくしず)」 寛政前期〜中期 一幅 絹本着色 愛知県美術館蔵

応挙の影響か、蘆雪もたくさんの犬の絵を描いています。「白象黒牛図屏風」からもわかる通り、応挙の犬と芦雪の犬はコロコロしている点は似ているものの、ゆるさや、だらしなささが段違いです。本作も、後ろ足をだらりを投げ出し、リラックスしている姿が描かれています。「白象黒牛図屏風」でも同じようなポーズで描かれているのがわかります。きっとこのポーズがお気に入りだったのでしょう。
長沢芦雪犬

長沢芦雪「白象黒牛図屏風(はくぞうこくぎゅうずびょうぶ)」 1794-99年(寛政後期)六曲一双 紙本墨画 プライスコレクション

この作品で注目なのは、やはり黒牛の方に描かれた犬。犬の座り方がうまく表現されており、顔が可愛いです。白象の方には画面右上にカラスが描かれています。

長沢芦雪 犬

長沢芦雪 犬

可愛いです。芦雪も応挙同様に多くのコロコロした可愛い犬達を描いた作品を多く残しています。
長沢芦雪 犬 拡大

長沢芦雪「一笑図」 1794-99年(寛政後期)紙本墨画淡彩 同志社大学情報学研究科蔵

吉祥図(縁起物)として描かれ、酒の席で描かれる「席画」ではないかと考えられています。
長沢芦雪「一笑図」

細部
長沢芦雪「一笑図」細部

長沢芦雪「なめくじ図」 寛政後期 一幅 紙本淡彩 

筆の運びに遊びを感じさせる作品も多く残しいています。この作品はなめくじとそのなめくじが這ったあとを描いた作品で、手の力を抜いて描いた這った後と、最低限の筆数だけでなめくじが軽妙に描かれています。なめくじが這ったあとは一筆で描かれています。
長沢芦雪「なめくじ図」

いかがだったでしょうか。蘆雪が応挙の命で出向いた現在の和歌山県の無量寺や成就寺、草堂寺などにはあ蘆雪の描いた襖絵があります。また、和歌山県東牟婁郡串本町にある串本応挙芦雪館には、蘆雪や応挙の作品が展示してあります。また、蘆雪や応挙だけでなく、狩野探幽(かのうたんゆう)や白隠慧鶴(はくいんえかく)、伊藤若冲などの作品も所蔵しています。和歌山に出かける機会がありましたら、是非訪れてみてください。





長沢芦雪の参考文献

長沢芦雪 (別冊太陽 日本のこころ)
平凡社 (2011-03-28)
売り上げランキング: 152,471

関連の記事はこちら

【1】月岡芳年の浮世絵世界。激動の時代を生きた「最後の浮世絵師」
【2】菱田春草の日本画。美しい日本の自然を描いた天才画家
【3】円山応挙の眼差し。「写生の祖」と呼ばれた京都の天才絵師
【4】葛飾北斎の独創性。世界を魅了した日本を代表する絵師
【5】河鍋暁斎の最高傑作群。「画鬼」と称された反骨の天才絵師

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

円山応挙の眼差し。「写生の祖」と呼ばれた京都の天才絵師... 円山応挙(まるやまおうきょ)といえば、どんな作品を思い浮かべるでしょうか。やはり三井記念美術館に所蔵されている国宝の「雪松図屏風」でしょう。墨と金と紙の白で描いた力つよい老松と今日せんが美しい若松は、日本絵画史に刻まれた名作の1つですね。タイトルでわからない方も作品を見れば、これか!とわかると思いま...
河鍋暁斎の最高傑作群。「画鬼」と称された反骨の天才絵師... 河鍋暁斎(かわなべきょうさい)(1831-1889)(天保2年-明治22年)は、江戸の幕末から明治期で活躍した絵師の一人です。河鍋暁斎は、下総国古河の城下町、米穀商の次男として生まれ、幼名を周三郎といいましたが、古河藩士・河鍋家の養子になったことから河鍋姓を名乗っています。すでに幼い頃から、絵心を開...
葛飾北斎の独創性。世界を魅了した日本を代表する絵師... 葛飾北斎(かつしかほくさい)(1760~1849)は、1760年(宝暦10年)に割下水(わりげすい)、現在の墨田区亀沢付近で生まれました。幼名は、時太郎。6歳頃より、好んで絵を描くことを始め、10歳の時に鉄蔵と名を改めています。 葛飾北斎は、14歳頃から木版画を学び、貸本屋の小僧として働いてい...
曽我蕭白の奇想世界。卓説した技術と強烈なインパクトで魅せる無頼の絵師... 伊藤若冲と合わせて人気の絵師・曽我蕭白は江戸時代を生きた絵師で、「異端」、「奇想」、「異様」、「破天荒」または「エキセントリック」などといった言葉で形容されること多いです。曽我蕭白の代表作「群仙図屏風」などにそれらの言葉が当てはまることだろうと思います。当時も「邪道に陥った者」、「画体いやし」などと...
伊藤若冲の超絶技巧。天才絵師の繊細で濃密な絵画作品... 伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)(1716-1800)は江戸時代中期に京都で活躍した絵師です。京都の町の錦小路高倉も南東の角にあった青物問屋「桝源」に長男として生まれ、23歳の時に四代目として家業を継ぐことになります。元々絵を描くことが好きで、絵師の大岡春朴を招いて、紙や絹の素材選びや、絵の具の溶き方...
女性の何気ない美しさ。伊勢生まれの女流画家・伊藤小坡の描いた日常生活の中の美人達... 三重県は伊勢生まれの日本画家、伊藤小坡(いとうしょうは)(1877-1968)の作品をご紹介。直下の作品は1916年に描かれた「つづきもの」という作品です。釜や手ぬぐい、新聞、こんなに生活感溢れる環境でありながら細やかな観察眼で繊細でおくゆかしい女性が描かれていることに驚きます。 自身の家族や...
     

SNSで更新情報を配信中!!