どんな意味が!?悪夢的な世界観を魅せるイタリアの芸術家Agostino Arrivabeneの絵画作品


こちらはイタリアの画家Agostino Arrivabene(1967-)の絵画作品です。グロテスクでエロティックな世界観を見せており、古典絵画への傾倒もあります。現れていくるイメージは、非現実的で、どこか異空間のような、どれも悪夢を見ているかのような怖い印象があります。

人体から植物が生えたり、体内の血管が噴出したり、作り出されるイメージの源泉はどこから来ているのでしょうか。そして、一体どんな意味があるのでしょうか。一度見たら忘れられないくらいインパクトのある作品ですね。ポーランドの画家ズジスワフ・ベクシンスキー(Zdzisław Beksiński )や「エイリアン」で知られるスイスの画家H・R・ギーガー(Hans Ruedi Giger)などを感じさせるかもしれません。ただ、Agostino Arrivabeneの場合、遠景と近景がはっきりと分かれることが多く、空間が限定的なのが、違いかもしれません。

また描かれた対象の存在感や絵画空間の重厚さは、Agostino Arrivabeneの画家としての力量を存分に示しています。古典絵画への傾倒は、テイストだけでなく、描く技術にも現れています。

Agostino Arrivabeneは絵画作品だけなく、彫刻やドローイング作品もweb上で公開しています。他の作品をご覧になりたい方はポートフォリオサイトをご覧ください。イタリアを中心に個展やグループ展などの展覧会が開催されていますが、ヨーロッパだけでなく、アメリカのニューヨークでも個展を開催しています。作品集もいくつか出ているようなので、気になった方はチェックしてみてください。






「Coniuctio」 油彩 2017

絵画

「homunculus」 油彩 2017

絵画

「Fulcro di Dio」 油彩 2017

絵画

「suiseki」 油彩 2017

絵画

「hospes comesque corporis」 油彩 2017

絵画

2010年頃の作品には幽体離脱したかのようなビジュアルの作品もあり、かなりゾッとするイメージが画面に定着しています。タイトルから推測すると、主題はキリストの復活だと思います。「死せるキリスト」というアンドレア・マンテーニャの作品にインスピレーションを得ているのかもしれません。

「resurrectio Christi III°」 油彩 2010

「Anastasis」 油彩 2010






Agostino Arrivabene: Vesperbild
Pietro C. Marani
Silvana
売り上げランキング: 715,162

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

ビアズリーの怪奇的幻想作品。25歳で夭折した光と闇の魔術師... オーブリー・ビアズリー(Aubrey Vincent Beardsley)(1872-1898)はイギリスの南東部の街ブライトンで1872年に生まれます。幼い頃から音楽の才能があり、7歳頃から絵を描き始めています。8歳頃から肺結核の兆候が現れますが、当時は、まだ治療法が確立されていないため、肺結核の...
【山下清】「裸の大将」で有名な放浪画家が貼絵で描いた花火... テレビドラマでとても有名な画家・山下清(1922〜1971)の花火をモチーフにした作品をご紹介。一瞬のきらめきを放つ花火がとても好きだったようで多くの花火の作品を描いています。これらの作品群は貼絵などの技法を使って描かれています。日本洋画界の重鎮で洋画家・梅原龍三郎も山下清のことを高く評価したそうで...
細密描写と鮮烈な色彩。ウィーン幻想派ルドルフ・ハウズナーの絵画作品... ウィーン幻想派は第ニ次大戦後の1960年代にウィーンを中心に始まった幻想絵画のグループで、ここで紹介するのは、ウィーン幻想派の中心人物であるRudolf Husner(ルドルフ・ハウズナー)の絵画作品です。 細密な描写と色彩豊かな絵画はとても有名で、無意識下の世界を魔術的ともいえる徹底した写実主義...
奇怪で奇妙。ウィーン幻想派の代表的画家エルンスト・フックスの禍々しい絵画作品... 1950年前後、ウィーン幻想派というオーストリアのウィーンに集まって古典絵画技法(油絵の具とテンペラを併用した混合技法)を再建させた一派がありました。そのウィーン幻想派の中の1人で、Rudolf Husner(ルドルフ・ハウズナー)と並んで代表的な画家で、中心人物のErnst Fuchs(エルンスト...
日本の人々を描いたCarl Randall(カール・ランダル)の作品シリーズ「日本の肖像」... Carl Randall(カール・ランダル)は、大和日英基金および文部科学省の奨学生として、日本で2006〜2009年東京藝術大学美術学部絵画科修士課程を、2009〜2012年には東京藝術大学美術学部絵画科を卒業してます。東京に在住している間に、多くの日本をテーマ、主に人物に焦点を当てた作品...
約110点の肖像の傑作が集結!!国立新美術館で展覧会「ルーヴル美術館展」が5/30から開催... 2018年5月30日(水)~2018年9月3日(月)の期間に「ルーヴル美術館展 肖像芸術——人は人をどう表現してきたか」が国立新美術館が開催されます。本展は、「肖像芸術」の特質と魅力をひもとく本格的な展覧会で、ルーヴル美術館の全8部門―古代オリエント美術、古代エジプト美術、古代ギリシャ・エト...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る