どんな意味が!?悪夢的な世界観を魅せるイタリアの芸術家Agostino Arrivabeneの絵画作品

こちらはイタリアの画家Agostino Arrivabene(1967-)の絵画作品です。グロテスクでエロティックな世界観を見せており、古典絵画への傾倒もあります。現れていくるイメージは、非現実的で、どこか異空間のような、どれも悪夢を見ているかのような怖い印象があります。

人体から植物が生えたり、体内の血管が噴出したり、作り出されるイメージの源泉はどこから来ているのでしょうか。そして、一体どんな意味があるのでしょうか。一度見たら忘れられないくらいインパクトのある作品ですね。ポーランドの画家ズジスワフ・ベクシンスキー(Zdzisław Beksiński )や「エイリアン」で知られるスイスの画家H・R・ギーガー(Hans Ruedi Giger)などを感じさせるかもしれません。ただ、Agostino Arrivabeneの場合、遠景と近景がはっきりと分かれることが多く、空間が限定的なのが、違いかもしれません。

また描かれた対象の存在感や絵画空間の重厚さは、Agostino Arrivabeneの画家としての力量を存分に示しています。古典絵画への傾倒は、テイストだけでなく、描く技術にも現れています。

Agostino Arrivabeneは絵画作品だけなく、彫刻やドローイング作品もweb上で公開しています。他の作品をご覧になりたい方はポートフォリオサイトをご覧ください。イタリアを中心に個展やグループ展などの展覧会が開催されていますが、ヨーロッパだけでなく、アメリカのニューヨークでも個展を開催しています。作品集もいくつか出ているようなので、気になった方はチェックしてみてください。






「Coniuctio」 油彩 2017

絵画

「homunculus」 油彩 2017

絵画

「Fulcro di Dio」 油彩 2017

絵画

「suiseki」 油彩 2017

絵画

「hospes comesque corporis」 油彩 2017

絵画

2010年頃の作品には幽体離脱したかのようなビジュアルの作品もあり、かなりゾッとするイメージが画面に定着しています。タイトルから推測すると、主題はキリストの復活だと思います。「死せるキリスト」というアンドレア・マンテーニャの作品にインスピレーションを得ているのかもしれません。

「resurrectio Christi III°」 油彩 2010

「Anastasis」 油彩 2010






Agostino Arrivabene: Vesperbild
Pietro C. Marani
Silvana
売り上げランキング: 715,162

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

ミヒャエル・エンデの父親であり画家のエドガー・エンデのシュルレアリスム絵画... ミヒャエル・エンデ(Michael Ende)(1929-1995)といえばドイツの児童文学作家で、「ネバーエンディング・ストーリー」として映画化された「はてしない物語」や、日本で根強い人気のある「モモ」などがとても有名ですね。 そのミヒャエル・エンデの父親エドガー・エンデ(Edgar End...
【過去最大級】「クリムト展」が4/23から東京都美術館で開催... グスタフ・クリムトの展覧会「クリムト展 ウィーンと日本1900」が2019年4月23日(火)〜7月10日(水)の期間に東京都美術館で開催されます。 この展覧会はクリムトの没後100年を記念して開催される展覧会で、ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館にある「ユディトⅠ」に「ベートーヴェン・フリーズ...
戦争による「破壊」を象徴。画家ルドルフ·シュリヒターの作品「盲目のカ」... Rudolf Schlichter(ルドルフ·シュリヒター)(1890-1955)は1890年にドイツのカルフで生まれ、1955年ミュンヘンで亡くなっています。新即物主義(New Objectivity)という第一次世界大戦後に勃興した美術運動のメンバーの1人です。ルドルフ·シュリヒターも同様ですが...
まるで迷宮。画家・遠藤彰子が大画面に描く幻想的で異空間のような都市... こちらは日本の洋画家遠藤彰子さんの絵画作品です。縦横無尽に広がる都市空間、まるで生き物のようなうねり、空間の歪みを見せています。 人々の顔に落ちるはっきりと描かれた明暗は内面の不安定さを表現しているようにも見え、また、どこか希望を抱いているような表情にも見えます。 遠藤彰子さんは80年代...
【要チェック!!】山本タカトの展覧会「ノスフェラトゥ」が10/26より渋谷で開催... タワーレコード渋谷店にあるSpaceHACHIKAIで、10月26日(金)~11月11日(日)の期間にイラストレーター山本タカトさんの展覧会「TAKATO YAMAMOTO EXHIBITION -NOSFERATU-」が開催されます。 この展覧会は最新作品集「ノスフェラトゥ」刊行を記念したも...
絵本でとても有名なミヒャエル・ゾーヴァの非現実的な絵画世界... ドイツ、ベルリン生まれのMichael Sowa(ミヒャエル・ゾーヴァ)の絵画作品をご紹介。 ベルリン芸術大学を卒業後、美術教師を経て画家に。1995年、現代を的確に諷刺した画家に与えられるオラフ・グルブランソン賞受賞しています。 大ヒットしたフランス映画「アメリ」では、主人公の部屋に飾って...
     

SNSで更新情報を配信中!!