戦争による「破壊」を象徴。画家ルドルフ·シュリヒターの作品「盲目のカ」

Rudolf Schlichter(ルドルフ·シュリヒター)(1890-1955)は1890年にドイツのカルフで生まれ、1955年ミュンヘンで亡くなっています。新即物主義(New Objectivity)という第一次世界大戦後に勃興した美術運動のメンバーの1人です。ルドルフ·シュリヒターも同様ですが、ナチスの台頭とともに退廃芸術として迫害を受けます。

ルドルフ·シュリヒターのこの作品「盲目のカ」は、「破壊」を象徴しています。目を覆うほどの鉄のマスクをかぶった中央の兵士は軍神マルス。視野は限定され物事を判断する材料が何一つないというよりかは、まったく何も見えていません。正しいことが何であるかのさえわからなくなっている状況を表しています。そして、絶壁の淵まで来ています。

右腕には三角定規がはめられており、手には大きな金槌、左手には短い剣を持っています。左のふくらはぎには戦争の象徴である脛当て、膝間接部分にはマルスの象徴である雄羊の頭部が見えています。腹部には、醜いクリチャーたちがへばりつき、内臓を食い散らかしています。巨人は、まるでそのことに気づいていないようです。

1937年に戦争を的確に予言し、描いたこの作品で、ルドルフ·シュリヒターはナチス当局から警告を受けて、17点の作品を没収され、1939年には作品の展示が禁止されています。

ビジュアル的なインパクトがとても強く、また、描かれたすべてのものに意味が込められ、象徴的に描かれた情熱というか、執念みたいなものが画面がから滲み出ていますね。一度見たら忘れられない強さがある作品です。






Rudolf Schlichter(ルドルフ·シュリヒター)「盲目のカ(Blind Power)」 カンヴァスに油彩、179x100cm

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

ミヒャエル・エンデの父親であり画家のエドガー・エンデのシュルレアリスム絵画... ミヒャエル・エンデ(Michael Ende)(1929-1995)といえばドイツの児童文学作家で、「ネバーエンディング・ストーリー」として映画化された「はてしない物語」や、日本で根強い人気のある「モモ」などがとても有名ですね。 そのミヒャエル・エンデの父親エドガー・エンデ(Edgar End...
【過去最大級】「クリムト展」が4/23から東京都美術館で開催... グスタフ・クリムトの展覧会「クリムト展 ウィーンと日本1900」が2019年4月23日(火)〜7月10日(水)の期間に東京都美術館で開催されます。 この展覧会はクリムトの没後100年を記念して開催される展覧会で、ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館にある「ユディトⅠ」に「ベートーヴェン・フリーズ...
まるで迷宮。画家・遠藤彰子が大画面に描く幻想的で異空間のような都市... こちらは日本の洋画家遠藤彰子さんの絵画作品です。縦横無尽に広がる都市空間、まるで生き物のようなうねり、空間の歪みを見せています。 人々の顔に落ちるはっきりと描かれた明暗は内面の不安定さを表現しているようにも見え、また、どこか希望を抱いているような表情にも見えます。 遠藤彰子さんは80年代...
【要チェック!!】山本タカトの展覧会「ノスフェラトゥ」が10/26より渋谷で開催... タワーレコード渋谷店にあるSpaceHACHIKAIで、10月26日(金)~11月11日(日)の期間にイラストレーター山本タカトさんの展覧会「TAKATO YAMAMOTO EXHIBITION -NOSFERATU-」が開催されます。 この展覧会は最新作品集「ノスフェラトゥ」刊行を記念したも...
絵本でとても有名なミヒャエル・ゾーヴァの非現実的な絵画世界... ドイツ、ベルリン生まれのMichael Sowa(ミヒャエル・ゾーヴァ)の絵画作品をご紹介。 ベルリン芸術大学を卒業後、美術教師を経て画家に。1995年、現代を的確に諷刺した画家に与えられるオラフ・グルブランソン賞受賞しています。 大ヒットしたフランス映画「アメリ」では、主人公の部屋に飾って...
「ギューチャン」こと篠原有司男のボクシング・ペインティング... こちらはアーティスト篠原有司男(愛称「ギューチャン」)(1932-)さんのボクシング・ペインティングです。 ボクシングペインティングとはボクシンググローブに絵の具を付けてキャンバス相手に殴るかのように描く描法のことで篠原有司男さんが作り出したオリジナルのアクションペインティングです。1960年...
     

SNSで更新情報を配信中!!