戦争による「破壊」を象徴。画家ルドルフ·シュリヒターの作品「盲目のカ」

Rudolf Schlichter(ルドルフ·シュリヒター)(1890-1955)は1890年にドイツのカルフで生まれ、1955年ミュンヘンで亡くなっています。新即物主義(New Objectivity)という第一次世界大戦後に勃興した美術運動のメンバーの1人です。ルドルフ·シュリヒターも同様ですが、ナチスの台頭とともに退廃芸術として迫害を受けます。

ルドルフ·シュリヒターのこの作品「盲目のカ」は、「破壊」を象徴しています。目を覆うほどの鉄のマスクをかぶった中央の兵士は軍神マルス。視野は限定され物事を判断する材料が何一つないというよりかは、まったく何も見えていません。正しいことが何であるかのさえわからなくなっている状況を表しています。そして、絶壁の淵まで来ています。

右腕には三角定規がはめられており、手には大きな金槌、左手には短い剣を持っています。左のふくらはぎには戦争の象徴である脛当て、膝間接部分にはマルスの象徴である雄羊の頭部が見えています。腹部には、醜いクリチャーたちがへばりつき、内臓を食い散らかしています。巨人は、まるでそのことに気づいていないようです。

1937年に戦争を的確に予言し、描いたこの作品で、ルドルフ·シュリヒターはナチス当局から警告を受けて、17点の作品を没収され、1939年には作品の展示が禁止されています。

ビジュアル的なインパクトがとても強く、また、描かれたすべてのものに意味が込められ、象徴的に描かれた情熱というか、執念みたいなものが画面がから滲み出ていますね。一度見たら忘れられない強さがある作品です。






Rudolf Schlichter(ルドルフ·シュリヒター)「盲目のカ(Blind Power)」 カンヴァスに油彩、179x100cm

盲目のカ

拡大






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【必見】2019年に絶対見逃せない要注目の展覧会[随時更新]... 絶対見逃せない!!オススメの展覧会を厳選して紹介します。人気画家の最新の個展、海外の美術館から来日する名作の数々を展示する展覧会など、どう考えても見逃せない展覧会をピックアップしています。 東京の展覧会や、また美術館や博物館が密集している上野の美術館、六本木近辺の美術館・ギャラリー情報またはイ...
豊かなイマジネーションの世界。ポーランドの画家Jacek Yerkaが描くのシュールレアリスム絵画... ポーランド出身の画家Jacek Yerka(ヤチェク・イェルカ)の作品はルネ・マグリットやサルバドール・ダリを彷彿とさせるシュールレアリスム絵画です。 イマジネーション溢れる不思議な風景や生き物と都市、住居などを融合させた絵を描いています。こんな世界があるなら行ってみたいと思えるようなファンタ...
水彩画の「にじみ」や「はね」を使って描かれたスーパーヒーロー達... アーティストのBluleは水彩絵の具を使って様々なスーパーヒーローを描いています。 水彩画の技法である「にじみ」や「はね」を効果的に使いざっくりとではありますが、特徴を巧みに捉えています。「ハルク」「ソー」「ウルヴァリン」「キャプテンアメリカ」などのアメコミヒーローの他にも、「R2-D2」「孫...
日本画家・笹本正明が描く耽美で妖艶な幻想的世界... 日本画家・笹本正明さんの絵画をご紹介します。描かれている人物のほとんどが美しき女性や子どもであることは神話性や物語性などを感じさせます。一角獣や蝶、人形や黒猫など登場するモチーフは象徴的であり、意味深で優美な世界がその作品から見て取れます。全体を覆う煌びやかな表情はこの世ではない、非現実的な空間を描...
【絵を描く】驚くべき進歩。上達の過程を年齢別に比較した画像に愕然... 絵の上達ぶりを年齢で追った画像を紹介。まさに見張る上達ぶり。それぞれで上達の過程や段階などはもちろん違いますが、好きで描き、惜しみない努力と苦労があったことは結果を見ればわかりますね。 結果と過程を見るとその年代でどんな作品が好きになって、どんな作品に影響されたのかがわかります。ただ上手になる...
まるで宇宙。石を描いているのに石には見えない超リアルな絵画... 1947年に生まれアメリカのメイン州の画家Alan Mageeはアクリル絵の具と油絵の具でかなりリアルな石の絵を描きます。リアルなことにも驚きなのですが、描かれた石の構成が素晴らしい。 明らかに、ただの石ではなく、1つ1つの石が惑星や宇宙の一部分かのような神秘的なものを感じさせます。石の表面に...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る