戦争による「破壊」を象徴。画家ルドルフ·シュリヒターの作品「盲目のカ」


Rudolf Schlichter(ルドルフ·シュリヒター)(1890-1955)は1890年にドイツのカルフで生まれ、1955年ミュンヘンで亡くなっています。新即物主義(New Objectivity)という第一次世界大戦後に勃興した美術運動のメンバーの1人です。ルドルフ·シュリヒターも同様ですが、ナチスの台頭とともに退廃芸術として迫害を受けます。

ルドルフ·シュリヒターのこの作品「盲目のカ」は、「破壊」を象徴しています。目を覆うほどの鉄のマスクをかぶった中央の兵士は軍神マルス。視野は限定され物事を判断する材料が何一つないというよりかは、まったく何も見えていません。正しいことが何であるかのさえわからなくなっている状況を表しています。そして、絶壁の淵まで来ています。

右腕には三角定規がはめられており、手には大きな金槌、左手には短い剣を持っています。左のふくらはぎには戦争の象徴である脛当て、膝間接部分にはマルスの象徴である雄羊の頭部が見えています。腹部には、醜いクリチャーたちがへばりつき、内臓を食い散らかしています。巨人は、まるでそのことに気づいていないようです。

1937年に戦争を的確に予言し、描いたこの作品で、ルドルフ·シュリヒターはナチス当局から警告を受けて、17点の作品を没収され、1939年には作品の展示が禁止されています。

ビジュアル的なインパクトがとても強く、また、描かれたすべてのものに意味が込められ、象徴的に描かれた情熱というか、執念みたいなものが画面がから滲み出ていますね。一度見たら忘れられない強さがある作品です。






Rudolf Schlichter(ルドルフ·シュリヒター)「盲目のカ(Blind Power)」 カンヴァスに油彩、179x100cm

盲目のカ

拡大






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

魔術的リアリズム。不思議な感覚に陥るロブ・ゴンソルブスのイリュージョン絵画... カナダのアーティストRob Gonsalves(ロブ・ゴンソルブス)の絵画作品をご紹介。画家としてだけでなく建築家としての経歴もあるようでそれが絵の中にも現れていますね。現実世界から非現実世界へ変貌遂げている作風はまるで魔法のようです。それにしても不思議な絵ですね。左右、上下、目が移動させる...
ビアズリーの怪奇的幻想作品。25歳で夭折した光と闇の魔術師... オーブリー・ビアズリー(Aubrey Vincent Beardsley)(1872-1898)はイギリスの南東部の街ブライトンで1872年に生まれます。幼い頃から音楽の才能があり、7歳頃から絵を描き始めています。8歳頃から肺結核の兆候が現れますが、当時は、まだ治療法が確立されていないため、肺結核の...
【山下清】「裸の大将」で有名な放浪画家が貼絵で描いた花火... テレビドラマでとても有名な画家・山下清(1922〜1971)の花火をモチーフにした作品をご紹介。一瞬のきらめきを放つ花火がとても好きだったようで多くの花火の作品を描いています。これらの作品群は貼絵などの技法を使って描かれています。日本洋画界の重鎮で洋画家・梅原龍三郎も山下清のことを高く評価したそうで...
細密描写と鮮烈な色彩。ウィーン幻想派ルドルフ・ハウズナーの絵画作品... ウィーン幻想派は第ニ次大戦後の1960年代にウィーンを中心に始まった幻想絵画のグループで、ここで紹介するのは、ウィーン幻想派の中心人物であるRudolf Husner(ルドルフ・ハウズナー)の絵画作品です。 細密な描写と色彩豊かな絵画はとても有名で、無意識下の世界を魔術的ともいえる徹底した写実主義...
奇怪で奇妙。ウィーン幻想派の代表的画家エルンスト・フックスの禍々しい絵画作品... 1950年前後、ウィーン幻想派というオーストリアのウィーンに集まって古典絵画技法(油絵の具とテンペラを併用した混合技法)を再建させた一派がありました。そのウィーン幻想派の中の1人で、Rudolf Husner(ルドルフ・ハウズナー)と並んで代表的な画家で、中心人物のErnst Fuchs(エルンスト...
日本の人々を描いたCarl Randall(カール・ランダル)の作品シリーズ「日本の肖像」... Carl Randall(カール・ランダル)は、大和日英基金および文部科学省の奨学生として、日本で2006〜2009年東京藝術大学美術学部絵画科修士課程を、2009〜2012年には東京藝術大学美術学部絵画科を卒業してます。東京に在住している間に、多くの日本をテーマ、主に人物に焦点を当てた作品...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る