まさに超絶技巧。幕末・明治の金工師・正阿弥勝義の精緻過ぎる美術工芸品

正阿弥勝義(しょうあみかつよし)(1832~1908)の作品をご紹介します。正阿弥勝義は幕末~明治時代に活躍した金工師です。写実的な表現と精緻な彫金、豊かな質感表現で上品な作風が特徴的です。

正阿弥勝義の生きた時代は、金工師には厳しい時代で、明治維新の影響で金工師と藩主との雇用関係は解消され生活の保障がなくなりました。また、廃刀令により刀装具の
受注もなくなってしまいます。その中で、花瓶や香炉、彫像などを制作するに至ります。

万国博覧会に新しく、人々の度肝を抜く高い技術の作品を発表し、国内だけでなく、欧米でも非常に高い評価を得ることに成功しています。

まるで本物のような蝉や蛙。素晴らしいの一言です。1点の制作期間は半年から1年。長い時は、数年の歳月がかけられることもあるそうです。ぜひご覧ください。

以下のサイトにも多くの作品が紹介されていますので、合わせてご覧ください。

「幕末・明治の超絶技巧」 泉屋博古館分館 [旅行]
君は超絶技巧を観たか!悶絶正阿弥勝義






柘榴に蝉蓋付飾器

群鶏図香炉(ぐんけいずこうろ)

群鶏図香炉

群鶏図香炉 拡大






鮟鱇花瓶

蓮葉に蛙皿






 
 
 

2013年2月13日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

「考える。益子の新しい伝統に向けて」展... ATELIER MUJI GINZA Gallery1では、MASHIKO Productとの協働による「栗の木プロジェクト」をスタートします。 「栗の木プロジェクト」は、イタリアデザインの巨匠、エンツォ・マーリ(Enzo Mari 1932~)との対話から生まれた取り組みです。「目先...
愛くるしい表情が堪らん。羊毛フェルトで作られた小さな動物たちが可愛い。ギュッとしたい... 羊毛フェルトを素材に針で刺しまるめて作る人形は「フェルティングドール」とも呼ばれており、手芸コーナーに行くと初心者向けにキットが販売されたりもしています。 サンクトペテルブルクに住むアーティストTatyanaが作るフェルティングドールは実によくできていて、表情の作り込み、特に目にガラスが使用さ...
清水寺・非公開寺院で開催中の桑田卓郎展「日々」、 音羽山清水寺(京都市)で8月25日(日)まで開催中... 音羽山清水寺(所在地:京都市東山区)では、8月25日(日)まで、春秋の一般公開を除いては非公開の塔頭寺院「成就院」と、「経堂」を会場に現代アートの展覧会を開催中です。 作家は桑田 卓郎氏。伝統的な陶芸の技術に、大胆な造形、ポップな色使いで現代的な感覚を加えた作品は、「一度見ると忘れられない」圧...
至極のコレクションが一斉に展示!!【国宝】曜変天目茶碗が3館同時公開... 国宝に指定されている曜変天目茶碗3点が同時期の展覧会で展示されます。滋賀県甲賀市のMIHO MUSEUM、東京の静嘉堂文庫美術館、奈良国立博物館の3館で3月から6月の間の会期中に一斉に展示されます。それぞれの会期は以下。 滋賀県甲賀市:MIHO MUSEUMで2019年3月21日~5月19日 ...
イタリアの天才。甲冑師Filippo Negroliの超絶技巧... Filippo Negroli(フィリッポ・ネグロリ)(1510–1579)はイタリア、ミラノの甲冑師です。彼の父ジャン・ジャコモ・ネグロリ率いるネグロリ一家、弟ジョバンバッティスタとフランチェスコによる集団で、フィリッポはハンマーで金属加工しデザインする彫金の技術に長けていました。 当時から...
すべて1点もの。宇宙が広がるガラス・アクセサリー作品「宇宙ガラス」が驚愕の美しさ。... ガラス作家の戸水賢志さんが制作するペンダントトップ「宇宙ガラス」が驚愕の美しさです。戸水賢志さんの作る「宇宙ガラス」はすべてハンドメイドの1点もの。素材は耐熱ガラスを基本に、24金や純金などが使われています。軽くて丈夫、傷もつきにくく、メンテナンスの必要もないそうですよ。 「+α」で販売されて...
     

SNSで更新情報を配信中!!