ウィーン幻想派アリク・ブラウアーの絵画世界

Arik Brauer(アリク・ブラウアー)(1929-)は、オーストリア生まれの画家で、ウィーン幻想派というオーストリアのウィーンに集まって古典絵画技法(油絵の具とテンペラを併用した混合技法)を再建させた一派の一人です。

幼い頃にナチスの迫害を受け、強制労働を強いられています。1945年からはウィーン美術アカデミーに入学し、1951年までウィーン美術アカデミーで、アルバート・パリ・ギュータースローやロビン・クリスチャン・アンデルセンの元で学び、1948年に創設された「ウィーン幻想派」のメンバーになります。メンバーにはArik Brauer(アリク・ブラウアー)の他にErnst Fuchs(エルンスト・フックス)、ヴォルフガング・フッター、Rudolf Husner(ルドルフ・ハウズナー)アントン・レームデンなどの画家がいました。

画家としてだけでなく、詩人、ダンサー、歌手、およびステージデザイナーなど幅広く活動し、また、1951年から1954年の間にヨーロッパとアフリカを自転車で旅するという大胆な旅行を行っています。
元々は、アリク(Arik)ではなく、エーリヒ(Erich)でしたが、結婚を機に名をドイツ語のエーリヒ(Erich)からヘブライ語で「神のライオン」を意味するアリク(Arik)に変更しています。

描かれている風景の中の人物やものなどが浮遊したり、風景の中を漂っており、発光するかの様な色彩が特徴的です。






アリク・ブラウアー

アリク・ブラウアー

アリク・ブラウアー

アリク・ブラウアー

アリク・ブラウアー

アリク・ブラウアー

アリク・ブラウアー

アリク・ブラウアー

アリク・ブラウアー

Arik Brauer

wiki






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

お尻!お尻!お尻!父親の死後、発見された数多くの「尻画」に家族が仰天。「青木昌三作品集」が絶賛発売中... 「わたしのいない高校」などで知られる小説家・青木淳悟さんの父である青木昌三氏(享年70歳)の絵画作品集「青木昌三作品集」がBOOTHから発売されています。 2015年2月に亡くなった青木淳悟さんの父・青木昌三氏は元々、画家ではなく、作品集に掲載されているのは、死後、青木昌三氏の隠れ部屋から...
海外にもコレクターが多く注目を集める城田圭介の展覧会が茅ヶ崎市美術館で開催... 写真と絵画を用いた独自な表現手法で知られ、海外にもコレクターが多く注目を集めているアーティスト、城田圭介の国内の美術館における初めての個展「城田圭介 -写真はもとより PAINT, SEEING PHOTOS-」が茅ヶ崎市美術館で2019年12月14日(土)〜2020年2月11日(火・祝)の期間...
【入場無料】河鍋暁斎の展覧会「We love 暁斎」が銀座で開催(11/8〜)... 河鍋暁斎の展覧会「We love 暁斎」が銀座の銀座の画廊、秋華洞(しゅうかどう)で、2019年11月8日(金)〜17日(日)の期間に開催されます。入場無料、期間中無休ですので、この機会にご覧ください。 関連の記事はこちら 【1】奇想の天才絵師・河鍋暁斎の描いた幽霊画 【2】河鍋暁斎の...
😱怖い映画が勢ぞろい!!10/12から武蔵野館で「リング」、「学校の怪談」、「犬神家... 東京の新宿にある老舗の映画館、武蔵野館は2020年で100周年を迎えます。この100周年を記念して10月に「東洋の恐怖と、西洋の絶叫」と題した映画の上映イベントが開催されます。 10月12日に「吸血鬼ノスフェラトゥ」、10月13日に「学校の怪談」、10月14日に「リング」、10月15、16日に...
【展覧会】上村松園の代表作「序の舞」ほか、上村松園・上村松篁の母子2代の名作を一挙公開... 近鉄グループの文化事業である松伯美術館では、2019年10月26日(土)から11月24日(日)まで、開館25周年を記念し、特別展「上村 松園」「上村 松篁」「『日本画の心』展 ~真善美を求めて~」を開催します。 松伯美術館は1994年(平成6年)に、上村家からの作品寄贈と近畿日本鉄道株式会...
「#名画で学ぶ主婦業」が最高。笑えるし、あるある過ぎるwww... ハッシュタグ「#名画で学ぶ主婦業」が最高に面白いです。ボッティチェリやジョット、マンテーニャ、エドガー・ドガ、喜多川歌麿に原田直次郎など西洋絵画から浮世絵まで古今東西、様々な名作が投稿されています。 「わかるわ〜〜ww」、「うちもいつも、その状態になります(笑)」、「その絶望感痛いほどわかりま...
     

SNSで更新情報を配信中!!