ウィーン幻想派アリク・ブラウアーの絵画世界

Arik Brauer(アリク・ブラウアー)(1929-)は、オーストリア生まれの画家で、ウィーン幻想派というオーストリアのウィーンに集まって古典絵画技法(油絵の具とテンペラを併用した混合技法)を再建させた一派の一人です。

幼い頃にナチスの迫害を受け、強制労働を強いられています。1945年からはウィーン美術アカデミーに入学し、1951年までウィーン美術アカデミーで、アルバート・パリ・ギュータースローやロビン・クリスチャン・アンデルセンの元で学び、1948年に創設された「ウィーン幻想派」のメンバーになります。メンバーにはArik Brauer(アリク・ブラウアー)の他にErnst Fuchs(エルンスト・フックス)、ヴォルフガング・フッター、Rudolf Husner(ルドルフ・ハウズナー)アントン・レームデンなどの画家がいました。

画家としてだけでなく、詩人、ダンサー、歌手、およびステージデザイナーなど幅広く活動し、また、1951年から1954年の間にヨーロッパとアフリカを自転車で旅するという大胆な旅行を行っています。
元々は、アリク(Arik)ではなく、エーリヒ(Erich)でしたが、結婚を機に名をドイツ語のエーリヒ(Erich)からヘブライ語で「神のライオン」を意味するアリク(Arik)に変更しています。

描かれている風景の中の人物やものなどが浮遊したり、風景の中を漂っており、発光するかの様な色彩が特徴的です。






アリク・ブラウアー

アリク・ブラウアー

アリク・ブラウアー

アリク・ブラウアー

アリク・ブラウアー

アリク・ブラウアー

アリク・ブラウアー

アリク・ブラウアー

アリク・ブラウアー

Arik Brauer

wiki






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【山下清】「裸の大将」で有名な放浪画家が貼絵で描いた花火... こちらはテレビドラマでとても有名な画家・山下清(1922〜1971)の花火をモチーフにした作品です。一瞬のきらめきを放つ花火がとても好きだったようで多くの花火の作品を描いています。これらの作品群は貼絵などの技法を使って描かれています。1925年3歳の時に、高熱を伴う風邪により軽度の知的障害・言語障害...
不気味でゾッとする。「死」を描いたポーランドの画家ベクシンスキーの独自世界... 不気味さと特有の世界観などからネットでは「見たら死ぬ」、「見ただけで呪われる」などと言われることがあるポーランド南東のサノク出身ズジスワフ・ベクシンスキー(Zdzisław Beksiński)(1929-2005)は、主に「死」をテーマとした絵画作品を多く残しています。 曽祖父は1863年に...
【連続殺人犯】300人以上を殺害したヘンリー・リー・ルーカスが描いた絵... ヘンリー・リー・ルーカス(Henry Lee Lucas)(1936〜2001)はアメリカの約3000件の殺害を自供した連続殺人犯です。14歳ではじめての17歳の少女を殺害し、性的虐待を受けていた売春婦である母親の喉をナイフで切り裂いて殺害しています。母親からの性的虐待の影響で、幻聴に苛まれ、乖離症...
【10月12日〜】齋藤芽生「斎藤芽生とフローラの神殿」目黒区美術館... 2019年10月12日より目黒区美術館で画家齋藤芽生さんの展覧会「齋藤芽生とフローラの神殿」が開催されます。緻密な描写で独創的な世界観を描き続けてきた齋藤芽生さんの初期作品含む約100点の作品が一堂に会します。 さらに齋藤芽生さんの作品に加え、植物図鑑の至宝と言われる19世紀「フローラの神殿」...
【必見】2019年に絶対見逃せない要注目の展覧会[随時更新]... 絶対見逃せない!!オススメの展覧会を厳選して紹介します。人気画家の最新の個展、海外の美術館から来日する名作の数々を展示する展覧会など、どう考えても見逃せない展覧会をピックアップしています。 東京の展覧会や、また美術館や博物館が密集している上野の美術館、六本木近辺の美術館・ギャラリー情報またはイ...
【多重人格者】約20の人格が存在する解離性同一性障害者の女性が描く絵... イギリスのKim Noble(キム・ノーブル)(1960年生まれ)は解離性同一性障害(DID)を患っています。俗にいう多重人格障害です。それぞれの人格の独立性がとても強く、過去に類似例がないほど、重度の解離性同一性障害(多重人格)です。小説や映画で扱われることがよくあるので、ご存知の方も多いはず。 ...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る