ウィーン幻想派アリク・ブラウアーの絵画世界

Arik Brauer(アリク・ブラウアー)(1929-)は、オーストリア生まれの画家で、ウィーン幻想派というオーストリアのウィーンに集まって古典絵画技法(油絵の具とテンペラを併用した混合技法)を再建させた一派の一人です。

幼い頃にナチスの迫害を受け、強制労働を強いられています。1945年からはウィーン美術アカデミーに入学し、1951年までウィーン美術アカデミーで、アルバート・パリ・ギュータースローやロビン・クリスチャン・アンデルセンの元で学び、1948年に創設された「ウィーン幻想派」のメンバーになります。メンバーにはArik Brauer(アリク・ブラウアー)の他にErnst Fuchs(エルンスト・フックス)、ヴォルフガング・フッター、Rudolf Husner(ルドルフ・ハウズナー)アントン・レームデンなどの画家がいました。

画家としてだけでなく、詩人、ダンサー、歌手、およびステージデザイナーなど幅広く活動し、また、1951年から1954年の間にヨーロッパとアフリカを自転車で旅するという大胆な旅行を行っています。
元々は、アリク(Arik)ではなく、エーリヒ(Erich)でしたが、結婚を機に名をドイツ語のエーリヒ(Erich)からヘブライ語で「神のライオン」を意味するアリク(Arik)に変更しています。

描かれている風景の中の人物やものなどが浮遊したり、風景の中を漂っており、発光するかの様な色彩が特徴的です。






アリク・ブラウアー

アリク・ブラウアー

アリク・ブラウアー

アリク・ブラウアー

アリク・ブラウアー

アリク・ブラウアー

アリク・ブラウアー

アリク・ブラウアー

アリク・ブラウアー

Arik Brauer

wiki






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【必見】2019年に絶対見逃せない要注目の展覧会[随時更新]... 絶対見逃せない!!オススメの展覧会を厳選して紹介します。人気画家の最新の個展、海外の美術館から来日する名作の数々を展示する展覧会など、どう考えても見逃せない展覧会をピックアップしています。 東京の展覧会や、また美術館や博物館が密集している上野の美術館、六本木近辺の美術館・ギャラリー情報またはイ...
「不思議の国のアリス展」が全国巡回。シュヴァンクマイエルに清川あさみ、アーサー・ラッカム 、草間彌生... イギリスの作家ルイス・キャロル(Lewis Carroll )(1832-1898)の「不思議の国のアリス」は、1865年に出版されてからすでに150年以上の月日が流れてもなお絶えることなく読み継がれている物語です。多くの人々に、また多くのアーティストやクリエイターに影響を与え続けています。すでに1...
今なお衝撃的。イマジネーションと情念の世界、メキシコの女性画家フリーダ・カーロの作品【10選】... メキシコを代表する画家、フリーダ・カーロ(Frida Kahlo)さんの作品を特にインパクトが強い作品を集めていたいと思います。フリーダ・カーロといえば、特徴ある自画像を思い出す方が多いと思いますが、生涯200点以上の作品を残し半分以上が自画像だったそうです。 絵を描くようになったのは父親の影...
ベクシンスキの増補版作品集「ベクシンスキ作品集成 I ver.1.2」が発売... ポーランド幻想絵画の巨匠ベクシンスキ。50年代~70年代の全盛期を中心にアートワークを集成。2017年に発売された「新装版 ベクシンスキ作品集成I」に図版1点を追加した増補版「ベクシンスキ作品集成 I ver.1.2」が2019/7/19に河出書房新社から発売されます。 ポーランド南東のサノク...
描くことへの執着と透徹した精神性が滲み出た写実作品。高島野十郎作の「蝋燭」「からすうり」... 高島野十郎(1890〜1975年)の作品をご紹介します。【「蝋燭」の画家】という愛称が付けられるほど高島の「蝋燭」という作品は有名です。 この火のともった蝋燭はずっと見ていたくなる、高島氏の心が投影されているような、生命の灯火に似た作品です。画壇とも一切関わらず「俗世」で「世捨て」を貫き、修行...
【超写実的】光と影が美しい。鉛筆で描かれた超リアルな絵画作品... 真っ暗な暗闇から人物が浮き出るように出現する絵を描く、イタリア、バロック絵画の巨匠ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョはとても有名ですね。国立西洋美術館でもカラヴァッジョ展が開催され一躍話題となったことは記憶に新しいと思います。 【傑作約10点】イタリアの天才画家カラヴァッジョの作品が...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る