ビアズリーの怪奇的幻想作品。25歳で夭折した光と闇の魔術師

オーブリー・ビアズリー(Aubrey Vincent Beardsley)(1872-1898)はイギリスの南東部の街ブライトンで1872年に生まれます。幼い頃から音楽の才能があり、7歳頃から絵を描き始めています。8歳頃から肺結核の兆候が現れますが、当時は、まだ治療法が確立されていないため、肺結核の症状に悩まされます。

グラマースクール卒業後、16歳でロンドンにある測量事務所の事務員として働きながら絵を描き続けていました。店主フレデリック・エヴァンズのショーンズ・アンド・エヴァンズ書店に通っていたことで、店主はビアズリーの才能を知り、「アーサー王の死」の挿絵画家を探していた出版社のJ・M・デントに、ビアズリーを紹介しました。19歳でその「アーサー王の死」の挿絵の仕事を依頼され、それを機に画業により生計を立てます。「アーサー王の死」での仕事の報酬は事務員の給与の3倍にあたる250ポンドでした。

17歳の頃から病状が悪化しています。その後、1894年22歳の時に発表されたオスカー・ワイルドの戯曲「サロメ」の挿絵の仕事で話題を集め、「サロメ」と同時に進行していた「イエロー・ブック」の美術編集を担当し、これもまた評判となっています。次から次へと仕事が舞い込む人気作家となり、一躍時代の寵児となります。

25歳になるとさらに肺結核が進行し、制作に支障をきすようになります。南フランスのマントンに保養のために赴きますが、同年の1898年25歳という若さで亡くなっています。

同時代的には、25歳で亡くなった1898年にはグスタフ・クリムト率いるウィーン分離派の第一回目の展覧会が開催されています。25歳という若さで亡くなり、そして、絵を描いた期間はわずか数年という短い期間でこれだけの傑作を残したことに驚きを隠せませんね。






    作品リスト

  • 楽劇「ジークフリート」第二幕
  • ペル・メル・マガジン
  • 「アーサー王の死」第一巻口絵
  • ふくらはぎからの誕生「本当の物語」挿絵(未使用)
  • 孔雀の裳裾「サロメ」挿絵
  • 踊り手への褒美「サロメ」挿絵
  • クライマックス「サロメ」挿絵
  • 「サヴォイ」創刊号表題

オーブリー・ビアズリー 楽劇「ジークフリート」第二幕 ペン、インク、淡彩 1892年 ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館

ビアズリー

オーブリー・ビアズリー 新改宗者、魔術はどのように彼に示されたか「ペル・メル・マガジン」 1893年

オーブリー・ビアズリー 探し求めていた獣に出会うアーサー王「アーサー王の死」第一巻口絵 ペン、インク、淡彩 1893-1894年 ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館

ビアズリー

オーブリー・ビアズリー ふくらはぎからの誕生「本当の物語」挿絵(未使用) 1894年 ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館

ビアズリー

オーブリー・ビアズリー 孔雀の裳裾「サロメ」挿絵 1894年 ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館

ビアズリーの代表作として有名なサロメのエピソードは新約聖書に伝えられています。洗礼者ヨハネは、ユダヤのへデロ王が死んだ兄弟の妻であったヘロディアと結婚したことを避難した為に、ヘロデ王に捕らえられていました。ある宴の席で、ヘロディアと前夫との娘であるサロメが見事な舞を踊ったので、ヘロデ王は欲しいものをなんでも与えることを約束した。サロメは、洗礼者への恨みを抱くヘロディアにそそのかされて、王にヨハネの首を所望。ヘロデ王は困惑しながらも、約束を守ってヨハネを斬首させました。この物語を脚色したのがオスカー・ワイルドです。
ビアズリー「サロメ」

オーブリー・ビアズリー  踊り手への褒美「サロメ」挿絵 1894年 ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館

オーブリー・ビアズリー  クライマックス「サロメ」挿絵 1894年 ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館

ビアズリー「サロメ」






オーブリー・ビアズリー  「サヴォイ」創刊号表題紙デザイン 1896年

オーブリー・ビアズリー  エドガー・アラン・ポー「モルグ街の殺人」挿絵 1894-1895年

オーブリー・ビアズリー  エドガー・アラン・ポー「黒猫」挿絵 1894-1895年






この記事の参考文献、及び作品集

ビアズリー怪奇幻想名品集 (ToBi selection)
冨田 章
東京美術
売り上げランキング: 252,210
オーブリー・ビアズリー―世紀末、異端の画家 (小さな美術館)
河村 錠一郎 島田 紀夫
河出書房新社
売り上げランキング: 508,890
オーブリー・ビアズリー
パイインターナショナル
売り上げランキング: 376,232

ビアズリーのポスターはこれがおすすめ

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【必見】2019年に絶対見逃せない要注目の展覧会[随時更新]... 絶対見逃せない!!オススメの展覧会を厳選して紹介します。人気画家の最新の個展、海外の美術館から来日する名作の数々を展示する展覧会など、どう考えても見逃せない展覧会をピックアップしています。 東京の展覧会や、また美術館や博物館が密集している上野の美術館、六本木近辺の美術館・ギャラリー情報またはイ...
「不思議の国のアリス展」が全国巡回。シュヴァンクマイエルに清川あさみ、アーサー・ラッカム 、草間彌生... イギリスの作家ルイス・キャロル(Lewis Carroll )(1832-1898)の「不思議の国のアリス」は、1865年に出版されてからすでに150年以上の月日が流れてもなお絶えることなく読み継がれている物語です。多くの人々に、また多くのアーティストやクリエイターに影響を与え続けています。すでに1...
今なお衝撃的。イマジネーションと情念の世界、メキシコの女性画家フリーダ・カーロの作品【10選】... メキシコを代表する画家、フリーダ・カーロ(Frida Kahlo)さんの作品を特にインパクトが強い作品を集めていたいと思います。フリーダ・カーロといえば、特徴ある自画像を思い出す方が多いと思いますが、生涯200点以上の作品を残し半分以上が自画像だったそうです。 絵を描くようになったのは父親の影...
ベクシンスキの増補版作品集「ベクシンスキ作品集成 I ver.1.2」が発売... ポーランド幻想絵画の巨匠ベクシンスキ。50年代~70年代の全盛期を中心にアートワークを集成。2017年に発売された「新装版 ベクシンスキ作品集成I」に図版1点を追加した増補版「ベクシンスキ作品集成 I ver.1.2」が2019/7/19に河出書房新社から発売されます。 ポーランド南東のサノク...
描くことへの執着と透徹した精神性が滲み出た写実作品。高島野十郎作の「蝋燭」「からすうり」... 高島野十郎(1890〜1975年)の作品をご紹介します。【「蝋燭」の画家】という愛称が付けられるほど高島の「蝋燭」という作品は有名です。 この火のともった蝋燭はずっと見ていたくなる、高島氏の心が投影されているような、生命の灯火に似た作品です。画壇とも一切関わらず「俗世」で「世捨て」を貫き、修行...
【超写実的】光と影が美しい。鉛筆で描かれた超リアルな絵画作品... 真っ暗な暗闇から人物が浮き出るように出現する絵を描く、イタリア、バロック絵画の巨匠ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョはとても有名ですね。国立西洋美術館でもカラヴァッジョ展が開催され一躍話題となったことは記憶に新しいと思います。 【傑作約10点】イタリアの天才画家カラヴァッジョの作品が...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る