展示販売会 「バック・トゥ・ザ 江戸絵画~若冲・蕭白・蘆雪・白隠~」開催!

加島美術で、2019年3月21日(木)~3月31日(日)にかけて「バック・トゥ・ザ 江戸絵画~若冲・蕭白・蘆雪・白隠~」展が開催されています。本展では、伊藤若冲、曽我蕭白、長澤蘆雪、白隠慧鶴など、江戸時代中期にその独創的な絵筆を揮った画家たちを中心に、数々の作品を展示販売いたします。作品点数約35点。観覧およびカタログは無料です。

江戸時代中期、権威や常識に囚われず、自らの絵筆でその道を切り拓いた画家たちがいました。彼らの作品の独自性や創造性はあまりに傑出し、現代の私たちの目にも斬新に映ります。その異形とも言える作品群の強い魅力は、300年の時空を超えた今もなお衰えることはありません。

これらの作品が持つ強いエネルギーや匂い立つような生々しさの正体を突き止めようと、眺めれば眺めるほど私たちは作品に引き込まれていきます。不思議な愛嬌を持つ可愛らしさ、時として放たれるグロテスクさ…。変幻自在の自由な発想で、彼らは美の常識に挑み続けました。時を超えて彼らのメッセージを受け取る私たちもまた、彼らと同じように自由な心で作品を楽しむべく本展を開催するものです。

もちろん気になる作品があればその場で購入可能!タイムマシーンに乗ったつもりで、型破りな江戸絵画の世界をぜひお楽しみください。






◆本展のみどころ

1. 新出作品を展示

展示会場では、カタログ未掲載の作品も展示します。今回初めてお目見えする作品ですのでお見逃しなく。

2. 貴重な作品の数々が展示ケースなしで味わえる

伊藤若冲、曽我蕭白、白隠慧鶴、長澤蘆雪らの作品が並ぶ空間はまさに「バック・トゥ 江戸」。その他にも円山應挙、鈴木其一、岩佐又兵衛、林十江の作品も出品されます。それらの作品が一堂に会する展示を無料で楽しんでいただける貴重な機会です。しかも、そのいずれもガラスケース越しではなく直接ご覧いただくことができますので、作品が持つ迫力を存分に楽しんでいただける展示会です。直接見ることでしか感じることのできない古い紙や墨が持つ独特の質感やその佇まいをぜひお楽しみください。

3. オリジナルカタログ配布

本展に登場する画家たちを楽しく紹介したオリジナルカタログを皆様に無料で配布。ご自宅で楽しみながら作品をお選びいただくことができます。カタログには現在「へそまがり日本美術」が人気を集めている、府中市美術館の金子信久先生の寄稿文も掲載。ぜひ、この機会にお申込みください。

伊藤若冲「海老図」

曽我蕭白「山水図」

長澤蘆雪「躑躅群雀図」






白隠慧鶴「布袋吹於福」

林十江 「虎独風直図」

◆開催概要

「バック・トゥ・ザ 江戸絵画~若冲・蕭白・蘆雪・白隠~」
Webページ : https://www.kashima-arts.co.jp/events/edo-kaiga/
日時 : 2019年3月21日(木)~2019年3月31日(日) 10時~18時 会期中無休
会場 : 加島美術
アクセス : 〒104-0031 東京都中央区京橋3-3-2
電話番号 : 03-3276-0700
参加費  : 入場無料






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

河鍋暁斎の展覧会がサントリー美術館で2/6から開催... 江戸時代の画家河鍋暁斎の展覧会「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」が2019年2月6日(水)~3月31日(日)の期間にサントリー美術館で開催されます。 河鍋暁斎については以前、紹介しておりますので、こちらをご覧ください。▶︎▶︎▶︎河鍋暁斎の最高傑作群...
約480点を一堂に展示。葛飾北斎の展覧会が六本木の森アーツセンターギャラリーで開催... 葛飾北斎の展覧会「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」が2019年1月17日(木)〜3月24日(日)の期間に森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ 森タワー52階)で開催されます。20歳のデビュー作から90歳の絶筆まで、本展に出品される作品数は約480件(会期中展示替えあり)にのぼり...
幽霊画が大集合。4年の歳月を経て「うらめしや~、冥途のみやげ」展が7/22より開催!!... 「うらめしや~、冥途のみやげ ―全生庵・三遊亭圓朝 幽霊画コレクションを中心に―」展が東京藝術大学大学美術館、地下2階展示室で開催されます。 幽霊画はとても人気で定期的に展覧会は開かれていますね。今回は東京、谷中にある全生庵に所蔵されている明治の噺家三遊亭圓朝ゆかりの幽霊画50幅が展示されます...
【必見】2019年に絶対見逃せない要注目の展覧会[随時更新]... 絶対見逃せない!!オススメの展覧会を厳選して紹介します。人気画家の最新の個展、海外の美術館から来日する名作の数々を展示する展覧会など、どう考えても見逃せない展覧会をピックアップしています。 東京の展覧会や、また美術館や博物館が密集している上野の美術館、六本木近辺の美術館・ギャラリー情報またはイ...
再評価の機運高まる耽美世界、 金子國義の回顧展が銀座で開催。 希少な初期の油彩作品を一堂に... 弥栄画廊 銀座店で、金子國義の回顧展を8月23日(金)~9月8日(日)の期間で開催します。 金子國義は1965年に澁澤龍彦との知遇を得て、銀座の青木画廊にて鮮烈なデビューを果たしました。その高評を決定付けたのは、1974年にイタリアのオリベッティ社から依頼された絵本『不思議の国のアリス』が挙げ...
「受胎告知」に発想を得た絵画「爆発するマリア」やガラス作品などの展示会を9~11月に銀座にて開催... 2019年9月27日(金)から10月12日(土)まで、「狩野宏明展 -爆発するマリア-」を開催いたします。狩野宏明は筑波大学で博士号を取得後、文化庁の海外研修でフィレンツェに2年間滞在、現在は制作をしながら奈良教育大学の准教授として活躍している大変優秀な作家です。 
 本展では、15世紀イタリア...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る