猫をモチーフにしたリアルなオーダーメイド・マスク「My Family(マイファミリー)」


「My Family(マイファミリー)」は、簡単に自分の家のペットに変身できる超リアルな生き物マスクの制作を行っています。この「My Family」では、完全オーダーメイドで、ご自身の家族、ペットの柄や癖などを再現しながら制作し、かなりリアルなマスクが制作されています。

価格は300,000円(税別)でとなっており、かなり高めではありますが、その制作過程と出来上がったクオリティを見ると、納得の価格といえます。制作しているのは、特殊造形工房91(キューイ)の特殊造形作家で、シワの一本一本にまでこだわっています。






こちらが完成した猫マスク

京都在住ベンガル猫のルイをモチーフにしています。

制作過程

最初に粘土で造形し、型を取ってマスクを制作していますね。かなり本格的。映画の特殊メイクアップのような工程ですね。

ペットによっては、受けてくれない場合もあるようですので、ご興味のある方は合同会社新藤倫佳企画事務のお問い合わせフォームより連絡してみてください。






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

北島敬三が90年代に撮影。写真展「ヘンリー・ダーガーの部屋」が新宿で2/20より開催... 新宿にあるエプソンイメージングギャラリーで2015年2月20日(金)〜2015年3月12日(木)の期間に「ヘンリー・ダーガーの部屋」という展覧会が開催されるようです。当サイトでも紹介したアウトサイダー・アーティストのヘンリー・ダーガー(1892〜1973)が人知れず制作に取り組んだシカゴの部屋、主の...
渾身の力作約30点。日本の伝統美を描く日本画家・智内兄助の展覧会が大阪で開催... 以前、当サイトでもご紹介した日本画家・智内兄助(ちないきょうすけ)さんの個展がギャルリーためなが大阪で開催されます。 和紙にアクリル絵具で描くという独特の技法で日本の伝統的な模様や花鳥風月の世界を作り出しています。 以前は女の子がモチーフとなっていることが多かったようですが、最新作はさら...
【世界初】何が書いてある分かる画期的な一冊。ダ・ヴィンチ「解剖手稿A」の人体デッサンを理解できる良書... 偉大な芸術家であり解剖学者のダ・ヴィンチが人生をかけて描いた人体素描集「レオナルド・ダ・ヴィンチの「解剖手稿A」人体の秘密にメスを入れた天才のデッサン」がグラフィック社から発売されています。 レオナルド・ダ・ヴィンチが筋肉と骨に焦点を当てて行った人体解剖の研究は、「解剖手稿A」としてイギリスの...
不気味でゾッとする。「死」を描いたポーランドの画家ベクシンスキーの独自世界... 不気味さと特有の世界観などからネットでは「見たら死ぬ」、「見ただけで呪われる」などと言われることがあるポーランド南東のサノク出身ズジスワフ・ベクシンスキー(Zdzisław Beksiński)(1929-2005)は、主に「死」をテーマとした絵画作品を多く残しています。 曽祖父は1863年に...
【展示販売】横尾忠則、赤瀬川原平、宇野亜喜良など。「アングラ時代のポスター」が渋谷で開催... 渋谷のBunkamura Galleryで「アングラ時代のポスター」が、2019年3月13日(水)~3月21日(木・祝)の期間で開催されます。 1960~70年代の高度成長期の日本において、寺山修司の「天井桟敷」、唐十郎の「状況劇場」などのアングラ実験演劇、暗黒舞踏の土方巽など、これまでにない...
文豪たちが愛した猫。貴重なポートレイトと逸話を収録した「文豪の猫」... 「文豪の猫」(価格1,728円)がにエクスナレッジから発売されています。500匹と暮らした文豪大佛次郎や、フロリダ州キーウェスト島の家に暮らすアーネスト・ヘミングウェイ、何匹もの猫と生活を共にしてきた「海辺のカフカ」や「1Q84」などで知られる村上春樹さんなどが猫と一緒の写真が掲載されています。 ...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る