【展示販売】横尾忠則、赤瀬川原平、宇野亜喜良など。「アングラ時代のポスター」が渋谷で開催

渋谷のBunkamura Galleryで「アングラ時代のポスター」が、2019年3月13日(水)~3月21日(木・祝)の期間で開催されます。

1960~70年代の高度成長期の日本において、寺山修司の「天井桟敷」、唐十郎の「状況劇場」などのアングラ実験演劇、暗黒舞踏の土方巽など、これまでにない反逆的・前衛的な潮流の波が次々に起こり、時にはその過激な表現はスキャンダルとして当時の社会に衝撃を与えました。そのムーブメントの一翼を担ったのがポスターの存在でした。これらのポスターは単なる公演の告知のみならず、時代を象徴し、あらゆる表現領域の先導的役割を果たしました。ポスター自体が発するメッセージは時代を超え今も輝き続けています。

今回展示されるポスター、特に草創期のアングラ演劇は数日間の公演のために作られたものが殆どで、刷られた数も非常に少ない貴重なポスターを販売する珍しい企画展になります。サイケデリックで派手な蛍光色をあしらったインパクトあるデザインや、今は閉館してしまった懐かしい劇場名など1枚1枚のポスターには見どころが満載です。

本展では1960~1970年代を背景に近代モダニズムに背を向け、そのエネルギッシュな時代を反映した希少かつ貴重なアングラ演劇のポスターを中心に展覧販売します。

アングラ時代のポスター






「ジョン・シルバー 愛の乞食篇」 劇団状況劇場/1970年 デザイン:平野甲賀 イラスト:金子國義

「腰巻お仙 忘却編」 劇団状況劇場/1966年 デザイン:横尾忠則

「人力飛行機 ソロモン」 演劇実験室◎天井棧敷/1974年 デザイン:横尾忠則 横尾ヤスエ

「唐十郎版 風の又三郎」 劇団状況劇場/1974年 デザイン:篠原勝之

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【必見】2019年に絶対見逃せない要注目の展覧会[随時更新]... 絶対見逃せない!!オススメの展覧会を厳選して紹介します。人気画家の最新の個展、海外の美術館から来日する名作の数々を展示する展覧会など、どう考えても見逃せない展覧会をピックアップしています。 東京の展覧会や、また美術館や博物館が密集している上野の美術館、六本木近辺の美術館・ギャラリー情報またはイ...
不条理世界全開!?カルトの帝王・デビッド・リンチがデザインしたダークで幻想的な皿... フランスの磁器ブランド「ベルナルド」がソフィ・カル、ジェフ・クーンズなどの有名アーティスト12組とコラボした展覧会「テーブルアート!展」が岐阜県現代陶芸美術館で10月22日(火)から開催されます。この「テーブルアート!展」ではデビッド・リンチがデザインした皿「広大な海」も出展されており要注目の展覧会...
なんと400点を展示!!アール・ヌーヴォーの代表的な画家ミュシャの展覧会が新宿で開催... 小田急百貨店新宿店でアルフォンス・マリア・ミュシャ(Alfons Maria Mucha)の展覧会「アルフォンス・ミュシャ展」が2018年12月26日(水)〜2019年1月7日(月)の期間で開催されます。 昨年の2017年3月にはミュシャが晩年の17年間をかけて描いた縦約6m、横約8mの20点...
入手困難な名作ポスター約50点を展示する「横尾忠則 POP UP SHOP≪ART TOUR≫」が9... 9/19(水)~9/25(火)の期間に美術家、グラフィックデザイナーの横尾忠則の「横尾忠則 POP UP SHOP ≪ART TOUR≫」が銀座三越 7階 ギャラリーで開催されます。 本展は「旅」をテーマに、今では入手困難なかつての名作ポスター作品約50点をはじめ、新作グッズも登場します。その...
【展覧会】黒澤明・没後20年。世界30ヵ国でデザインされた黒澤映画のポスターを展示... 2018年4月17日(火)〜9月23日(日)の期間で東京、京橋の国立映画アーカイブで「国立映画アーカイブ開館記念 没後20年 旅する黒澤明 槙田寿文ポスター・コレクションより」が開催されています。 本展は、黒澤明研究家・槙田寿文氏のコレクションから、世界30か国にわたる黒澤映画のポスター84点...
映画ファン必見。SF・怪獣映画のポスターが勢ぞろいする展覧会が東京国立近代美術館 フィルムセンターで... 「ポスターでみる映画史Part 3 SF・怪獣映画の世界」が東京国立近代美術館フィルムセンター 展示室(7階)で2018年1月4日(木)〜3月25日(日)の期間で開催されています。 本展は、「ポスターでみる映画史」シリーズの第3回目の展覧会で、SF・怪獣映画のポスターを主軸に、フィルムセンター...
     

SNSで更新情報を配信中!!