「月の精の画家」と称したアウトサイダー・アーティスト。ゾンネンシュターンの幻想的な絵画世界


フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターン(Friedrich Schröder Sonnenstern)(1892-1982)は、リトアニアのティルジット近郊に、郵便配達夫の父の13人兄弟の第3子として生まれます。本名フリードリヒ・シュレーダー。

10歳の頃に非行少年や非行少女の保護・教化の目的で設けられた施設である感化院に入院、庭師の徒弟や農場で奉公をし、18歳の時に、放浪を始め、サーカス団でコメディアン、独立してキャバレーに出演しますが、精神病院に5ヶ月入院します。

兵役に服すも、再び精神病院に入院し、遺伝性欠陥、白痴、精神薄弱と診断され、治療不可能とみなされ釈放されています。その後、密輸業や占星術師、磁気療法士、オカルト教団の教祖、心霊術のサークルを主宰、男爵夫人の愛人などを経て、詐欺の為、38歳で6週間の拘禁刑となります。
1933年、バルト海沿岸の保養地で「奇蹟の塩」販売の代理店業を営みますが、その後、薬剤法違反、詐欺的医療行為、医薬品偽造で再度刑務所、その後、精神病院に入院します。

1939年、47歳頃より絵を描き始めてから、1947年、55歳の間に色鉛筆の作品を数百点を描き、1949年にシュプリンガー画廊が初期のデッサンを買取っています。その後、1952年、60歳の時にそのシュプリンガー画廊で初の展覧会、個展を開催します。

その後、他の画廊での個展を開催、雑誌の特集などに取り上げられ、1964年に東京の銀座にある青木画廊で初の日本初のゾンネンシュターン展が開催、1967年にはデュッセルドルフ市立美術館で回顧展が開催されました。1974年には再び日本の池袋西武美術館で展覧会が開催されます。

1982年、90歳で老衰のために亡くなっています。その1年後、バーゼルのアールブリュット・インターナショナル・コープレーションで生誕90周年を記念した大規模な回顧展が開催されます。

ゾンネンシュターンの作品には「月」をモチーフにした作品「月の射撃王」、「月の魔法の鳥」、「月の精の蛙」、「月の囚人たち」などがあり、ゾンネンシュターンという名前もまた、ドイツ語の「太陽(ゾンネ:Sonne)の星(Stern:シュターン)」からつけられてています。また、自分自身のことを「月の精の画家」と称しました。
ゾンネンシュターンはアウトサイダー・アート、もしくはアール・ブリュット(生の芸術)と呼ばれる分野に属されます。

    ゾンネンシュターン作品リスト

  • おんどりのいる形而上学
  • 実践
  • ブシケーと道化アモール:空気の釣り師のデーモンがブシケーをオリンポス山まで追っていく
  • 月の射撃王
  • ロバ追い
  • 道徳的性交渉または月の道徳的軽業師
  • ボームッヒェル、人生の長距離ランナー
  • 月の精の蛙






フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターン「おんどりのいる形而上学」 水溶性色鉛筆 1952年

フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターン「実践」 水溶性色鉛筆 1952年

フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターン「ブシケーと道化アモール:空気の釣り師のデーモンがブシケーをオリンポス山まで追っていく」1952年






フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターン「月の射撃王」 水溶性色鉛筆 1953年

フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターン「ロバ追い」 水溶性色鉛筆 1956年

フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターン「道徳的性交渉または月の道徳的軽業師」 水溶性色鉛筆 1956年

フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターン「ボームッヒェル、人生の長距離ランナー」 水溶性色鉛筆 1957年

フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターン「月の精の蛙」 水溶性色鉛筆 1958年






フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターンの作品集

ゾンネンシュターン (夢人館6)
岩崎美術社
売り上げランキング: 1,088,420

ゾンネンシュターン作品掲載元

FRIEDRICH SCHRODER-SONNENSTERN
Constructing New Realities: The Unique Vision of Artists with Schizophrenia
Творчество душевнобольных людей
FRIEDRICH SCHRÖDER-SONNENSTERN (1892 – 1982)
Friedrich Schröder Sonnenstern wiki

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

ヘンリー・ダーガーが遺した超大作。誰にも知られず60年以上描き続けた物語「非現実の王国で」... アウトサイダー・アーティストのHenry Joseph Darger Jr.(ヘンリー・ジョセフ・ダーガー・ジュニア)、略してヘンリー・ダーガー(Henry Darger)(1892-1973)はアメリカのイリノイ州シカゴで生まれます。4歳の時に妹を出産した母は、出産した際に感染症にかかり死亡、生ま...
サングラスの映り込みを描いた超リアルな絵画作品シリーズ「Reflections」... こちらはアーティストSimon Hennesseyの超リアルな絵画作品シリーズ「Reflections」です。ただでさえ、眼鏡やサングラスをかけている人物は描きにくいのに、このアーティストはそれが描きたいが為に目とサングラスに接近してリアルに描いています。 サングラスには有名な建物や風景が写り...
【空想建築】実在しない静かに佇む建造物を描いた野又穫の絵画作品... こちらは実在しない建造物を描く画家・野又穫(Nomata Minoru)の絵画作品です。一度見ると忘れられない不思議な魅力がある作品ですね。 伊坂幸太郎の「モダンタイムス」の表紙にも使われています。また、石田衣良の「ブルータワー」という作品の表紙も使われています。 野又穫(Nomat...
不気味でゾッとする。「死」を描いたポーランドの画家ベクシンスキーの独自世界... 不気味さと特有の世界観などからネットでは「見たら死ぬ」、「見ただけで呪われる」などと言われることがあるポーランド南東のサノク出身ズジスワフ・ベクシンスキー(Zdzisław Beksiński)(1929-2005)は、主に「死」をテーマとした絵画作品を多く残しています。 曽祖父は1863年に...
【押さえておくべき名作・23選】過去200年で歴史を揺るがした衝撃的で革新的な芸術作品... 美術史の中で名を残す革新的な芸術作品をご紹介します。年代的には過去200年、1800年初頭から選出されています。 Paddle8というオークションハウスのキューレーターが選出したもので、とても参考になるので是非ご覧下さい。どの作品も有名なもので憶えておいて損はしないと思います。 ...
顔で埋め尽くされる画面。統合失調症の画家Edmund Monsiel(エドムンド・モンシエル)の濃密... ポーランドのアーティストEdmund Monsiel(エドムンド・モンシエル)(1897–1962)は統合失調症のアーティストです。統合失調症とは幻聴、幻覚、異常行動などを伴う認知能力、思考、知覚、感情、言語、自己と他者の感覚、これらの他人との歪みによって特徴付けられる症状を持つ精神障害の一つで、(...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る