「月の精の画家」と称したアウトサイダー・アーティスト。ゾンネンシュターンの幻想的な絵画世界

フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターン(Friedrich Schröder Sonnenstern)(1892-1982)は、リトアニアのティルジット近郊に、郵便配達夫の父の13人兄弟の第3子として生まれます。本名フリードリヒ・シュレーダー。

10歳の頃に非行少年や非行少女の保護・教化の目的で設けられた施設である感化院に入院、庭師の徒弟や農場で奉公をし、18歳の時に、放浪を始め、サーカス団でコメディアン、独立してキャバレーに出演しますが、精神病院に5ヶ月入院します。

兵役に服すも、再び精神病院に入院し、遺伝性欠陥、白痴、精神薄弱と診断され、治療不可能とみなされ釈放されています。その後、密輸業や占星術師、磁気療法士、オカルト教団の教祖、心霊術のサークルを主宰、男爵夫人の愛人などを経て、詐欺の為、38歳で6週間の拘禁刑となります。
1933年、バルト海沿岸の保養地で「奇蹟の塩」販売の代理店業を営みますが、その後、薬剤法違反、詐欺的医療行為、医薬品偽造で再度刑務所、その後、精神病院に入院します。

1939年、47歳頃より絵を描き始めてから、1947年、55歳の間に色鉛筆の作品を数百点を描き、1949年にシュプリンガー画廊が初期のデッサンを買取っています。その後、1952年、60歳の時にそのシュプリンガー画廊で初の展覧会、個展を開催します。

その後、他の画廊での個展を開催、雑誌の特集などに取り上げられ、1964年に東京の銀座にある青木画廊で初の日本初のゾンネンシュターン展が開催、1967年にはデュッセルドルフ市立美術館で回顧展が開催されました。1974年には再び日本の池袋西武美術館で展覧会が開催されます。

1982年、90歳で老衰のために亡くなっています。その1年後、バーゼルのアールブリュット・インターナショナル・コープレーションで生誕90周年を記念した大規模な回顧展が開催されます。

ゾンネンシュターンの作品には「月」をモチーフにした作品「月の射撃王」、「月の魔法の鳥」、「月の精の蛙」、「月の囚人たち」などがあり、ゾンネンシュターンという名前もまた、ドイツ語の「太陽(ゾンネ:Sonne)の星(Stern:シュターン)」からつけられてています。また、自分自身のことを「月の精の画家」と称しました。
ゾンネンシュターンはアウトサイダー・アート、もしくはアール・ブリュット(生の芸術)と呼ばれる分野に属されます。

    ゾンネンシュターン作品リスト

  • おんどりのいる形而上学
  • 実践
  • ブシケーと道化アモール:空気の釣り師のデーモンがブシケーをオリンポス山まで追っていく
  • 月の射撃王
  • ロバ追い
  • 道徳的性交渉または月の道徳的軽業師
  • ボームッヒェル、人生の長距離ランナー
  • 月の精の蛙






フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターン「おんどりのいる形而上学」 水溶性色鉛筆 1952年

フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターン「実践」 水溶性色鉛筆 1952年

フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターン「ブシケーと道化アモール:空気の釣り師のデーモンがブシケーをオリンポス山まで追っていく」1952年






フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターン「月の射撃王」 水溶性色鉛筆 1953年

フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターン「ロバ追い」 水溶性色鉛筆 1956年

フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターン「道徳的性交渉または月の道徳的軽業師」 水溶性色鉛筆 1956年

フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターン「ボームッヒェル、人生の長距離ランナー」 水溶性色鉛筆 1957年

フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターン「月の精の蛙」 水溶性色鉛筆 1958年






フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターンの作品集

ゾンネンシュターン (夢人館6)
岩崎美術社
売り上げランキング: 1,088,420

ゾンネンシュターン作品掲載元

FRIEDRICH SCHRODER-SONNENSTERN
Constructing New Realities: The Unique Vision of Artists with Schizophrenia
Творчество душевнобольных людей
FRIEDRICH SCHRÖDER-SONNENSTERN (1892 – 1982)
Friedrich Schröder Sonnenstern wiki

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【必見】2019年に絶対見逃せない要注目の展覧会[随時更新]... 絶対見逃せない!!オススメの展覧会を厳選して紹介します。人気画家の最新の個展、海外の美術館から来日する名作の数々を展示する展覧会など、どう考えても見逃せない展覧会をピックアップしています。 東京の展覧会や、また美術館や博物館が密集している上野の美術館、六本木近辺の美術館・ギャラリー情報またはイ...
「不思議の国のアリス展」が全国巡回。シュヴァンクマイエルに清川あさみ、アーサー・ラッカム 、草間彌生... イギリスの作家ルイス・キャロル(Lewis Carroll )(1832-1898)の「不思議の国のアリス」は、1865年に出版されてからすでに150年以上の月日が流れてもなお絶えることなく読み継がれている物語です。多くの人々に、また多くのアーティストやクリエイターに影響を与え続けています。すでに1...
今なお衝撃的。イマジネーションと情念の世界、メキシコの女性画家フリーダ・カーロの作品【10選】... メキシコを代表する画家、フリーダ・カーロ(Frida Kahlo)さんの作品を特にインパクトが強い作品を集めていたいと思います。フリーダ・カーロといえば、特徴ある自画像を思い出す方が多いと思いますが、生涯200点以上の作品を残し半分以上が自画像だったそうです。 絵を描くようになったのは父親の影...
ベクシンスキの増補版作品集「ベクシンスキ作品集成 I ver.1.2」が発売... ポーランド幻想絵画の巨匠ベクシンスキ。50年代~70年代の全盛期を中心にアートワークを集成。2017年に発売された「新装版 ベクシンスキ作品集成I」に図版1点を追加した増補版「ベクシンスキ作品集成 I ver.1.2」が2019/7/19に河出書房新社から発売されます。 ポーランド南東のサノク...
描くことへの執着と透徹した精神性が滲み出た写実作品。高島野十郎作の「蝋燭」「からすうり」... 高島野十郎(1890〜1975年)の作品をご紹介します。【「蝋燭」の画家】という愛称が付けられるほど高島の「蝋燭」という作品は有名です。 この火のともった蝋燭はずっと見ていたくなる、高島氏の心が投影されているような、生命の灯火に似た作品です。画壇とも一切関わらず「俗世」で「世捨て」を貫き、修行...
【超写実的】光と影が美しい。鉛筆で描かれた超リアルな絵画作品... 真っ暗な暗闇から人物が浮き出るように出現する絵を描く、イタリア、バロック絵画の巨匠ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョはとても有名ですね。国立西洋美術館でもカラヴァッジョ展が開催され一躍話題となったことは記憶に新しいと思います。 【傑作約10点】イタリアの天才画家カラヴァッジョの作品が...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る