「月の精の画家」と称したアウトサイダー・アーティスト。ゾンネンシュターンの幻想的な絵画世界


フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターン(Friedrich Schröder Sonnenstern)(1892-1982)は、リトアニアのティルジット近郊に、郵便配達夫の父の13人兄弟の第3子として生まれます。本名フリードリヒ・シュレーダー。

10歳の頃に非行少年や非行少女の保護・教化の目的で設けられた施設である感化院に入院、庭師の徒弟や農場で奉公をし、18歳の時に、放浪を始め、サーカス団でコメディアン、独立してキャバレーに出演しますが、精神病院に5ヶ月入院します。

兵役に服すも、再び精神病院に入院し、遺伝性欠陥、白痴、精神薄弱と診断され、治療不可能とみなされ釈放されています。その後、密輸業や占星術師、磁気療法士、オカルト教団の教祖、心霊術のサークルを主宰、男爵夫人の愛人などを経て、詐欺の為、38歳で6週間の拘禁刑となります。
1933年、バルト海沿岸の保養地で「奇蹟の塩」販売の代理店業を営みますが、その後、薬剤法違反、詐欺的医療行為、医薬品偽造で再度刑務所、その後、精神病院に入院します。

1939年、47歳頃より絵を描き始めてから、1947年、55歳の間に色鉛筆の作品を数百点を描き、1949年にシュプリンガー画廊が初期のデッサンを買取っています。その後、1952年、60歳の時にそのシュプリンガー画廊で初の展覧会、個展を開催します。

その後、他の画廊での個展を開催、雑誌の特集などに取り上げられ、1964年に東京の銀座にある青木画廊で初の日本初のゾンネンシュターン展が開催、1967年にはデュッセルドルフ市立美術館で回顧展が開催されました。1974年には再び日本の池袋西武美術館で展覧会が開催されます。

1982年、90歳で老衰のために亡くなっています。その1年後、バーゼルのアールブリュット・インターナショナル・コープレーションで生誕90周年を記念した大規模な回顧展が開催されます。

ゾンネンシュターンの作品には「月」をモチーフにした作品「月の射撃王」、「月の魔法の鳥」、「月の精の蛙」、「月の囚人たち」などがあり、ゾンネンシュターンという名前もまた、ドイツ語の「太陽(ゾンネ:Sonne)の星(Stern:シュターン)」からつけられてています。また、自分自身のことを「月の精の画家」と称しました。
ゾンネンシュターンはアウトサイダー・アート、もしくはアール・ブリュット(生の芸術)と呼ばれる分野に属されます。

    ゾンネンシュターン作品リスト

  • おんどりのいる形而上学
  • 実践
  • ブシケーと道化アモール:空気の釣り師のデーモンがブシケーをオリンポス山まで追っていく
  • 月の射撃王
  • ロバ追い
  • 道徳的性交渉または月の道徳的軽業師
  • ボームッヒェル、人生の長距離ランナー
  • 月の精の蛙






フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターン「おんどりのいる形而上学」 水溶性色鉛筆 1952年

フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターン「実践」 水溶性色鉛筆 1952年

フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターン「ブシケーと道化アモール:空気の釣り師のデーモンがブシケーをオリンポス山まで追っていく」1952年






フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターン「月の射撃王」 水溶性色鉛筆 1953年

フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターン「ロバ追い」 水溶性色鉛筆 1956年

フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターン「道徳的性交渉または月の道徳的軽業師」 水溶性色鉛筆 1956年

フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターン「ボームッヒェル、人生の長距離ランナー」 水溶性色鉛筆 1957年

フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターン「月の精の蛙」 水溶性色鉛筆 1958年






フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターンの作品集

ゾンネンシュターン (夢人館6)
岩崎美術社
売り上げランキング: 1,088,420

ゾンネンシュターン作品掲載元

FRIEDRICH SCHRODER-SONNENSTERN
Constructing New Realities: The Unique Vision of Artists with Schizophrenia
Творчество душевнобольных людей
FRIEDRICH SCHRÖDER-SONNENSTERN (1892 – 1982)
Friedrich Schröder Sonnenstern wiki

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

グラフィティを楽しむおばあちゃん達。ポルトガルの高齢者向けのプロジェクト「LATA 65」... ポルトガルのプロジェクト「LATA 65」は高齢者を対象にしたグラフィティやストリートアートの基礎を教えるワークショップです。 「LATA」はポルトガル語で「缶」を意味します。多くの高齢者が街のブロック塀にステンシルシートをかざしスプレーを吹きかけペイントしています。 おばあちゃん達がス...
108点を収録。美しすぎる銅版画家・小松美羽の画集が発売中... 版画家・小松美羽の画集「小松美羽 -20代の軌跡- 2004-2014」が12月6日に販売されました。「美しすぎる銅版画家」としてとても有名ですね。 この画集では30代を迎える記念として20代の作品をまとめています。銅版画の他にペイント、墨絵、ペン画、有田焼とのコラボレーションなど、小松美羽が...
羽毛がフワッ、フワッ。水彩絵具で鶏を描いた絵画作品... セルビアのアーティストEndre Penovácの水彩絵の具の「にじみ」で描いた作品を以前紹介しましたね。以下。ねこの毛を巧みに「にじみ」で描きつつも、動物の骨格を意識した描法に驚かされました。 絵の具の「にじみ」で描く猫 Endre Penovácは猫だけでなく、鶏も水彩絵具で描いてお...
【必見】2019年に絶対見逃せない要注目の展覧会[随時更新]... 絶対見逃せない!!オススメの展覧会を厳選して紹介します。人気画家の最新の個展、海外の美術館から来日する名作の数々を展示する展覧会など、どう考えても見逃せない展覧会をピックアップしています。 東京の展覧会や、また美術館や博物館が密集している上野の美術館、六本木近辺の美術館・ギャラリー情報またはイ...
空飛ぶ蒸気機関車に単眼の奇怪なセーラー服少女。画家・中村宏の代表作「円環列車」... 画家・中村宏の代表作と言える「円環列車・A-望遠鏡列車」、「円環列車・B-飛行する蒸気機関車」をご紹介します。これらの作品は1968、1968年に描かれた作品です。 構図やモチーフ、タイトル、どの要素を取っても不可解で不思議な絵です。この妖怪のようなセーラー服の少女達はどこに向かっているのでし...
【多重人格者】約20の人格が存在する解離性同一性障害者の女性が描く絵... イギリスのKim Noble(キム・ノーブル)(1960年生まれ)は解離性同一性障害(DID)を患っています。俗にいう多重人格障害です。それぞれの人格の独立性がとても強く、過去に類似例がないほど、重度の解離性同一性障害です。小説や映画で扱われることがよくあるので、ご存知の方も多いはず。 Kim...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る