至極のコレクションが一斉に展示!!【国宝】曜変天目茶碗が3館同時公開

国宝に指定されている曜変天目茶碗3点が同時期の展覧会で展示されます。滋賀県甲賀市のMIHO MUSEUM、東京の静嘉堂文庫美術館奈良国立博物館の3館で3月から6月の間の会期中に一斉に展示されます。それぞれの会期は以下。

滋賀県甲賀市:MIHO MUSEUMで2019年3月21日~5月19日
静嘉堂文庫美術館:2019年4月13日~6月2日
奈良国立博物館:2019年4月13日(土)~6月9日(日)

曜変天目茶碗とは、天目釉と呼ばれるうわぐすりの鉄釉をかけて焼かれたの天目茶碗の中でも最上級の茶碗のことをいい、中国福建省の窯で作られたとされている作者不明の国宝です。

MIHO MUSEUMで展示される曜変天目茶碗は、通常非公開であり、鑑賞できる機会は稀で、筑前黒田家の菩提寺、大徳寺の塔頭龍光院に初世住侍江月宗玩以来伝わったものです。

静嘉堂文庫美術館の曜変天目茶碗は、通称「稲葉天目」と呼ばれる曜変天目茶碗で現存する曜変天目茶碗の中でも最高の物とされ、元は徳川将軍家の所蔵で、徳川家光が病に伏せる春日局に下賜(かし)したことから、その子孫である淀藩主稲葉家に伝わっています。

藤田美術館所蔵の奈良国立博物館で展示される曜変天目茶碗は、徳川家康が所蔵し、これを譲り受けた水戸徳川家、藤田家を経て今日に伝えられた国宝中の国宝で、これまで数度しか館外に出たことのない至極のコレクションの一つです。






「大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋(はそうあい)」

「日本刀の華 備前刀」

国宝の殿堂 藤田美術館展






天目 てのひらの宇宙 (別冊『炎芸術』)
阿部出版 (2018-12-10)
売り上げランキング: 96,458

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【ジャパン・ルネサンス】「新版画」に情熱をかけた男たち。川瀬巴水と吉田博の木版画展が開催... 長野県東御(とうみ)市にある東御市出身の画家丸山晩霞の作品や愛用品を収蔵・展示する丸山晩霞記念館(まるやまばんかきねんかん)で「川瀬巴水・吉田博木版画展」が2015/11/7(土)~2016/1/31(日)の期間に開催されます。 明治30年前後から昭和時代に描かれた木版画、浮世絵の近代化、復興...
濱直史の個展「美しすぎる立体切り絵!」が中野ブロードウェイで開催... 中野のブロードウェイセンター4FにあるGALLERY リトルハイで濱直史(はまなおふみ)の個展「美しすぎる立体切り絵!」が開催されます。 切り絵した紙を、折り、重ね、組み立てることにより立体的な作品に仕上げた「立体切り絵」。濱のその独自の技術により生み出された作品は、どれもがとても美しく繊細で...
茅ケ崎市美術館で企画展「美術館まで(から)つづく道」が開催... 茅ヶ崎市美術館で2019年7月14日(日)~9月1日(日)の期間に企画展「美術館まで(から)つづく道」が開催されます。 「美術館まで(から)つづく道」では、フィールドワークに参加した表現者が、実際に茅ヶ崎を歩いた体験をもとに創作し、視覚、聴覚、触覚、嗅覚などあらゆる感覚を用いて鑑賞する新たな作...
10/14から日本画家・栗原永輔の個展「炎」がギャラリーKINGYOにて開催... 10/14(火)〜10/19(日)の期間で日本画家・栗原永輔の個展「炎」が文京区の千駄木にあるギャラリーKINGYOにて5年ぶりに開催されます。下の作品は今回の展覧会のDMにもなっている「狂瀾怒濤(It rages. )」という作品です。渦巻く黄色い線光は火花のようで怒り狂った龍の迫力を伝えます。制...
【10/12〜】日本画家・栗原永輔の個展「闇の中の光」が孔雀画廊で開催... 10/12(月・祝)〜10/18(日)の期間で日本画家・栗原永輔の個展「闇の中の光」が孔雀画廊にて開催されます。 前回、開催された個展では赤々とした龍たちが黄色い線光は火花のように描かれていました。迫力ある画面と線描がとても印象的でした。 今回は、向日葵がモチーフとなっており、龍の力強さ...
生誕300年。伊藤若冲の展覧会が東京都美術館が4/22より開催。... 東京都美術館で2016/4/22(金)~5/24(火)の期間に江戸の画家、伊藤若冲の展覧会「生誕300年 若冲展」が開催されます。 京都、相国寺に所蔵されている「釈迦三尊像」、宮内庁三の丸尚蔵館の「動植綵絵」30幅など初期から晩年の代表作品が集結する東京初の大回顧展となっています。また「百犬図...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る