【マンモス展】ロシアから驚愕のニュース。世界初の大発見! 氷河期の動物の遺体から液体の血液と尿を採取!

企画展「マンモス展」が2019年6月7日(金)から日本科学未来館にて開幕致します。2005年に「愛・地球博」で初公開され大きな話題となった『ユカギルマンモス』の冷凍標本をはじめ、近年、ロシアで発掘された世界初公開を含むマンモスや古代の動物たちの冷凍標本が世界最大規模で展示されます。

この度、ロシア連邦サハ共和国にあるロシア北東連邦大学北方応用生態研究所から、驚くべきニュースが発表されました。

「マンモス展」は、マンモスだけじゃない!血液と尿が採取された「古代仔ウマ」完全体冷凍標本の世界初公開決定!

昨年8月、本企画展とロシア北東連邦大学北方応用生態研究所が合同で編成した調査隊が、サハ共和国ベルホヤンスク地区バタガイカ・クレーターの永久凍土より冷凍状態で発見された「仔ウマ」の現地調査を行いました。その後の調査・解剖の結果、この「仔ウマ」は約42,000年前の個体であり、世界唯一の古代ウマの「完全な遺体」であることが判明。さらに、ロシア北東連邦大学北方応用生態研究所での解剖の結果、古生物学史上初となる「液体の血液と尿」の採取に成功しました。

ロシア北東連邦大学北方応用生態研究所マンモスミュージアムのグレゴリエフ館長(生物学準博士)によると「解剖すると、内臓が全て良い状態で残っていました。心臓の血管から液体の血液のサンプルを採取しました。42,000年もの間、凍結した状態だったことと、埋まっていた環境が特に好条件だったおかげで、このような状態が保たれていました。筋肉組織は生きていた時の元々の赤味を帯びた色でした。これまで世界で発見されてきた氷河期の動物の中でも、最高の保存状態であると言えます。

グリゴリエフ館長は、この個体の保存状態は、明らかな外部損傷がなく、極めて例外的であり、「古生物学の標本がこのような状態で見つかることは非常に稀です。発見されても、どこか欠けているか、ほんの一部か、あるいは体が大きく変形しているか、ミイラ化がかなり進んでいるか、そういったものがほとんどです。この仔ウマの毛は栗色で、尻尾とたてがみは黒です。毛は頭と足、そして胴体の一部に残っていました。これも、小さな学術的発見の一つです。これまでに見つかってきたウマはどれも毛が残っていませんでした」と話しています。

今回、世界的な新発見となった「仔ウマ」完全体冷凍標本が、企画展「マンモス展」で世界で初公開・初展示されることが決定しました。是非、ご期待ください。

人類の先史の時代から存在し、悠久の時を経て発掘されたマンモスと最先端の生命科学。本展は時空を超えた2つの出会いを通じて、来場された皆様に「生命とは何か」を考えるきっかけを提供するとともに、古生物学や進化生物学も含む生命科学・生物学における学問のジャンルを超えた「知の探究」と「科学の未来」への興味をかき立てる企画展です。











◇タイトル  企画展「マンモス展」
◇会  期  2019年6月7日(金)~11月4日(月・休) 
◇開館時間 10:00~17:00(入場は閉館の30分前まで)
◇会  場  日本科学未来館 1階 企画展示ゾーン(東京・お台場)
      (所在地:〒135-0064 東京都江東区青海2-3-6)
◇休 館日  火曜日(ただし、7/23、30、8/6、13、20、27、10/22は開館)
◇主  催  日本科学未来館/フジテレビジョン/読売新聞社
◇協  力  ロシア連邦サハ共和国、サハ共和国科学アカデミー、

       ロシア北東連邦大学北方応用生態研究所、

       近畿大学生物理工学部、近畿大学先端技術総合研究所、

       野尻湖ナウマンゾウ博物館
◇後  援  文部科学省、東京臨海高速鉄道、ゆりかもめ
◇オフィシャルサイト www.mammothten.jp 
◇一般お問い合わせ TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)全日/8:00~22:00
◇入場料  大人(19歳以上):1,800円 (1,600円) 中人(小学生~18歳):1,400円 (1,300円) 小人(4歳~小学生未満):900円 (800円)






※( ) 内の料金は前売り、8名以上の団体料金 
※常設展もご覧いただけます 
※ドームシアターは別料金(要予約) 
※3歳以下は無料、障害者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料 
※会場の混雑状況により入場整理券の配布、または入場を規制する場合がございます
福岡・名古屋・大阪にて巡回展開催!

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【必見】2019年に絶対見逃せない要注目の展覧会[随時更新]... 絶対見逃せない!!オススメの展覧会を厳選して紹介します。人気画家の最新の個展、海外の美術館から来日する名作の数々を展示する展覧会など、どう考えても見逃せない展覧会をピックアップしています。 東京の展覧会や、また美術館や博物館が密集している上野の美術館、六本木近辺の美術館・ギャラリー情報またはイ...
清水寺・非公開寺院で開催中の桑田卓郎展「日々」、 音羽山清水寺(京都市)で8月25日(日)まで開催中... 音羽山清水寺(所在地:京都市東山区)では、8月25日(日)まで、春秋の一般公開を除いては非公開の塔頭寺院「成就院」と、「経堂」を会場に現代アートの展覧会を開催中です。 作家は桑田 卓郎氏。伝統的な陶芸の技術に、大胆な造形、ポップな色使いで現代的な感覚を加えた作品は、「一度見ると忘れられない」圧...
200点以上を一挙公開。凶悪犯罪者たちの作品を展示「シリアルキラー展」... 銀座のヴァニラ画廊では、ジョン・ウェイン・ゲイシーをはじめ、エド・ゲイン、テッド・バンディ、ヘンリー・リー・ルーカス、伝記映画も公開されたロニー・クレイ等、世界各国の凶悪犯罪を犯したシリアルキラーたちの作品展「シリアルキラー展」が2016年6月9日(火)から7月10日(日)の期間で開催されます。 ...
【祝🎊】45人の金魚姫を収録。イラストレーターいわたきぬよの『金魚姫図鑑-金魚擬人化... イラストレーターいわたきぬよさんの『金魚姫図鑑-金魚擬人化イラスト集-』が2019/8/13にパイインターナショナルより発売されます。いわたきぬよさんの作品は以前、当サイトでも紹介させていたき、とても反響の大きかったイラストレーターです。以下。 絶妙に可愛い。金魚を擬人化して描いたイラストレー...
再評価の機運高まる耽美世界、 金子國義の回顧展が銀座で開催。 希少な初期の油彩作品を一堂に... 弥栄画廊 銀座店で、金子國義の回顧展を8月23日(金)~9月8日(日)の期間で開催します。 金子國義は1965年に澁澤龍彦との知遇を得て、銀座の青木画廊にて鮮烈なデビューを果たしました。その高評を決定付けたのは、1974年にイタリアのオリベッティ社から依頼された絵本『不思議の国のアリス』が挙げ...
至極のコレクションが一斉に展示!!【国宝】曜変天目茶碗が3館同時公開... 国宝に指定されている曜変天目茶碗3点が同時期の展覧会で展示されます。滋賀県甲賀市のMIHO MUSEUM、東京の静嘉堂文庫美術館、奈良国立博物館の3館で3月から6月の間の会期中に一斉に展示されます。それぞれの会期は以下。 滋賀県甲賀市:MIHO MUSEUMで2019年3月21日~5月19日 ...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る