【展覧会】バウハウスの活動を写真やプロダクトで紹介「Archives: Bauhaus 展」

ATELIER MUJI GINZA Gallery2で、6月28日(金)~9月23日(月)の88日間「Archives: Bauhaus 展」という展覧会が開催されます。

ドイツのみならず、世界各地に今もなお強い影響を与えているバウハウス。ワイマールに先進的な総合芸術学校バウハウスが1919年に創立されてから100年という時を経て、その精神や活動の知られざる一面や、現在に受け継がれているその潮流を写真やプロダクトで紹介します。

ギャラリートーク「Archives:Bauhaus」や、ワークショップ「How to use the Egg Coddler ― エッグコドラーを使った料理教室 ― 」や、写真家若木信吾さんによるワークショップ「Visual Study: Bauhaus and Photography ― バウハウス的写真編集の楽しみ方 ― 」などのイベントも開催されますので、チェックしてみてください。

今年は、ワイマールに先進的な総合芸術学校バウハウスが1919年に創立されてから100年目にあたります。

第一次大戦の敗戦を期に、ドイツでは芸術と産業の融合を目指す気運が醸成され、やがて国ではなく個である芸術家や建築家などが連携し主導してバウハウスに結実しました。それは産業革命後に欧州で加速する大衆文化の課題を解決し、新しい時代への理想の追求でもありました。世界政治が混迷を極める当時、新しい社会の拡張性を目指したバウハウスは1933年に閉校します。その活動は2つの世界大戦に挟まれた14年間という短い期間ではありましたが、ドイツのみならず世界各地に今なお強い影響を与えています。

ATELIER MUJI GINZA Gallery2 では、デザインにまつわる重要な記録を保存・活用し、未来へ伝達する試みとしてのシリーズ:Archivesにてバウハウスを取り上げます。

モダンデザインの潮流の中で、多様な領域を横断する学校教育というユニークな形式で革新を目指したバウハウス。この1世紀に私たちに何を与え、未来に何をもたらすのでしょうか。この問いは、今を生きる私たちにバトンが引き継がれています。
ATELIER MUJI GINZA






■基本情報

展覧会名:Archives: Bauhaus 展
会期:2019年6月28日(金)~9月23日(月)※店舗休館の場合は、それに準じます。
時間:10:00~21:00
会場:無印良品銀座6F ATELIER MUJI GINZA Gallery2(入場無料)
主催:無印良品
企画協力:有限会社ランドスケーププロダクツ
グラフィックデザイン:下田理恵
施工:株式会社東京スタデオ
企画・運営:株式会社良品計画 生活雑貨部 企画デザイン担当・無印良品銀座 ATELIER MUJI GINZA
所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座3-3-5 無印良品銀座6F ATELIER MUJI GINZA Gallery2






バウハウスとはなにか
阿部祐太
阿部出版 (2018-01-20)
売り上げランキング: 272,637
バウハウスの人々――回想と告白
みすず書房
売り上げランキング: 714,983

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

10/14から日本画家・栗原永輔の個展「炎」がギャラリーKINGYOにて開催... 10/14(火)〜10/19(日)の期間で日本画家・栗原永輔の個展「炎」が文京区の千駄木にあるギャラリーKINGYOにて5年ぶりに開催されます。下の作品は今回の展覧会のDMにもなっている「狂瀾怒濤(It rages. )」という作品です。渦巻く黄色い線光は火花のようで怒り狂った龍の迫力を伝えます。制...
【10/12〜】日本画家・栗原永輔の個展「闇の中の光」が孔雀画廊で開催... 10/12(月・祝)〜10/18(日)の期間で日本画家・栗原永輔の個展「闇の中の光」が孔雀画廊にて開催されます。 前回、開催された個展では赤々とした龍たちが黄色い線光は火花のように描かれていました。迫力ある画面と線描がとても印象的でした。 今回は、向日葵がモチーフとなっており、龍の力強さ...
生誕300年。伊藤若冲の展覧会が東京都美術館が4/22より開催。... 東京都美術館で2016/4/22(金)~5/24(火)の期間に江戸の画家、伊藤若冲の展覧会「生誕300年 若冲展」が開催されます。 京都、相国寺に所蔵されている「釈迦三尊像」、宮内庁三の丸尚蔵館の「動植綵絵」30幅など初期から晩年の代表作品が集結する東京初の大回顧展となっています。また「百犬図...
銀座に復活。ドール収集家による「マリアの心臓人形大博覧会」が7月の【金・土・日・祝】のみ開催... 「マリアの心臓」は片岡佐吉がプロデュースした日本人形、西洋アンティークドール、現代作家人形の展覧会を中心に開催していたギャラリーです。渋谷区神南1丁目にあったのですが、2011年に閉館し、京都の大原に移転しました。 その「マリアの心臓」が2016年7月の金土日祝のみの開催とした展覧会「マリアの...
【必見】2019年に絶対見逃せない要注目の展覧会[随時更新]... 絶対見逃せない!!オススメの展覧会を厳選して紹介します。人気画家の最新の個展、海外の美術館から来日する名作の数々を展示する展覧会など、どう考えても見逃せない展覧会をピックアップしています。 東京の展覧会や、また美術館や博物館が密集している上野の美術館、六本木近辺の美術館・ギャラリー情報またはイ...
【展覧会】約9割が初公開!!「動物」をテーマとしたマイセンの展覧会が開催... ヨーロッパ初の硬質磁器製造に成功し1710年に王室磁器製作所設立を布告したドイツのマイセン磁器製作所の展覧会「マイセン動物園展」が新橋にあるパナソニック汐留美術館で2019年7月6日(土)〜9月23日(月・祝)の期間で開催されます。 展覧会のネーミング通り、この展覧会はマイセンの「動物」にテー...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る