【展覧会】約9割が初公開!!「動物」をテーマとしたマイセンの展覧会が開催

ヨーロッパ初の硬質磁器製造に成功し1710年に王室磁器製作所設立を布告したドイツのマイセン磁器製作所の展覧会「マイセン動物園展」が新橋にあるパナソニック汐留美術館で2019年7月6日(土)〜9月23日(月・祝)の期間で開催されます。

展覧会のネーミング通り、この展覧会はマイセンの「動物」にテーマを絞った展覧会で、「ライネケのキツネ」や「猿の楽団」といった動物彫刻から壺や皿に描かれた動物まで、リアルでありながら可愛らしいマイセンの超絶的な技法による動物たちが一堂に会します。

約120点からなる出品作品の8割が彫像作品で、また、出品作品の約9割が初公開となっており、ほとんどが個人蔵なので次回公開は未定です。高級洋食器として知られるマイセンですがその技術力の高さは、彫像作品に良くあらわされていると言えるでしょう。マイセンの造形力の素晴らしさをぜひご堪能ください。






展覧会「マイセン動物園展」チラシ

マイセン動物園展

マイセン動物園展






マイセン 《猿の楽団》

ヨハン・ヨアヒム・ケンドラーとペーター・ライニッケ 1820~1920年頃 個人蔵
マイセン 《猿の楽団》

マイセン《スノーボール貼花装飾蓋付昆虫鳥付透かし壺》

ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー 1820~1920年頃 個人蔵
マイセン《スノーボール貼花装飾蓋付昆虫鳥付透かし壺》

マイセン《二匹の猫》

オットー・ピルツ 1834~1940年頃 個人蔵
マイセン《二匹の猫》

マイセン《ライネケのキツネ》

マックス・エッサー 1924~1934年頃 個人蔵
マイセン《ライネケのキツネ》

マイセン動物園展






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

海外にもコレクターが多く注目を集める城田圭介の展覧会が茅ヶ崎市美術館で開催... 写真と絵画を用いた独自な表現手法で知られ、海外にもコレクターが多く注目を集めているアーティスト、城田圭介の国内の美術館における初めての個展「城田圭介 -写真はもとより PAINT, SEEING PHOTOS-」が茅ヶ崎市美術館で2019年12月14日(土)〜2020年2月11日(火・祝)の期間...
【入場無料】河鍋暁斎の展覧会「We love 暁斎」が銀座で開催(11/8〜)... 河鍋暁斎の展覧会「We love 暁斎」が銀座の銀座の画廊、秋華洞(しゅうかどう)で、2019年11月8日(金)〜17日(日)の期間に開催されます。入場無料、期間中無休ですので、この機会にご覧ください。 関連の記事はこちら 【1】奇想の天才絵師・河鍋暁斎の描いた幽霊画 【2】河鍋暁斎の...
「考える。益子の新しい伝統に向けて」展... ATELIER MUJI GINZA Gallery1では、MASHIKO Productとの協働による「栗の木プロジェクト」をスタートします。 「栗の木プロジェクト」は、イタリアデザインの巨匠、エンツォ・マーリ(Enzo Mari 1932~)との対話から生まれた取り組みです。「目先...
「食事する姿」をテーマにした写真展「もぐもぐ展」を デザインフェスタギャラリー原宿で10月26、27... もぐもぐ展製作委員会は、グラビアアイドルの東雲(しののめ)うみさんをモデルとして、「食べ物、飲み物をもぐもぐすること」をテーマにした写真展「もぐもぐ展」を、デザインフェスタギャラリー原宿にて、2019年10月26日(土)、27日(日)に開催します。 これまでにない取り組みとして、展示写真のAR...
応挙に若冲、松園など幻のコレクションが展示!福田美術館開館記念 福美コレクション展開催!... 古来多くの貴族や文化人に愛され、芸術家たちがすぐれた作品を生み出す源泉となった嵯峨嵐山にて、福田美術館を2019年10月に開館することを記念して、「福美コレクション展」を開催いたします。 当館は「100年続く美術館」をコンセプトに、現代まで受け継がれてきた日本文化を次世代に伝え、さらなる発...
【展覧会】上村松園の代表作「序の舞」ほか、上村松園・上村松篁の母子2代の名作を一挙公開... 近鉄グループの文化事業である松伯美術館では、2019年10月26日(土)から11月24日(日)まで、開館25周年を記念し、特別展「上村 松園」「上村 松篁」「『日本画の心』展 ~真善美を求めて~」を開催します。 松伯美術館は1994年(平成6年)に、上村家からの作品寄贈と近畿日本鉄道株式会...
     

SNSで更新情報を配信中!!