【展覧会】約9割が初公開!!「動物」をテーマとしたマイセンの展覧会が開催

ヨーロッパ初の硬質磁器製造に成功し1710年に王室磁器製作所設立を布告したドイツのマイセン磁器製作所の展覧会「マイセン動物園展」が新橋にあるパナソニック汐留美術館で2019年7月6日(土)〜9月23日(月・祝)の期間で開催されます。

展覧会のネーミング通り、この展覧会はマイセンの「動物」にテーマを絞った展覧会で、「ライネケのキツネ」や「猿の楽団」といった動物彫刻から壺や皿に描かれた動物まで、リアルでありながら可愛らしいマイセンの超絶的な技法による動物たちが一堂に会します。

約120点からなる出品作品の8割が彫像作品で、また、出品作品の約9割が初公開となっており、ほとんどが個人蔵なので次回公開は未定です。高級洋食器として知られるマイセンですがその技術力の高さは、彫像作品に良くあらわされていると言えるでしょう。マイセンの造形力の素晴らしさをぜひご堪能ください。






展覧会「マイセン動物園展」チラシ

マイセン動物園展

マイセン動物園展






マイセン 《猿の楽団》

ヨハン・ヨアヒム・ケンドラーとペーター・ライニッケ 1820~1920年頃 個人蔵
マイセン 《猿の楽団》

マイセン《スノーボール貼花装飾蓋付昆虫鳥付透かし壺》

ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー 1820~1920年頃 個人蔵
マイセン《スノーボール貼花装飾蓋付昆虫鳥付透かし壺》

マイセン《二匹の猫》

オットー・ピルツ 1834~1940年頃 個人蔵
マイセン《二匹の猫》

マイセン《ライネケのキツネ》

マックス・エッサー 1924~1934年頃 個人蔵
マイセン《ライネケのキツネ》

マイセン動物園展






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【10月12日〜】齋藤芽生「斎藤芽生とフローラの神殿」目黒区美術館... 2019年10月12日より目黒区美術館で画家齋藤芽生さんの展覧会「齋藤芽生とフローラの神殿」が開催されます。緻密な描写で独創的な世界観を描き続けてきた齋藤芽生さんの初期作品含む約100点の作品が一堂に会します。 さらに齋藤芽生さんの作品に加え、植物図鑑の至宝と言われる19世紀「フローラの神殿」...
【注目】BANKSY(バンクシー)の展覧会が2020年8月に開催!!... 覆面アーティストBANKSY(バンクシー)の展覧会『BANKSY展(仮称)』が2020年8月29日(土)~12月6日(日)の期間に、寺田倉庫 G1ビル(東京都品川区東品川 2-6-4)で、開催されます。本展は大阪にも巡回される予定で、詳しい発表が待たれます。 あの “シュレッタ...
【必見】2019年に絶対見逃せない要注目の展覧会[随時更新]... 絶対見逃せない!!オススメの展覧会を厳選して紹介します。人気画家の最新の個展、海外の美術館から来日する名作の数々を展示する展覧会など、どう考えても見逃せない展覧会をピックアップしています。 東京の展覧会や、また美術館や博物館が密集している上野の美術館、六本木近辺の美術館・ギャラリー情報またはイ...
【展覧会】遊び絵の世界を堪能!!遊び心あふれる浮世絵111点が集結!!... 2019年9月7日(土)~11月4日(月・休)に期間に神奈川県茅ヶ崎市にある茅ヶ崎市美術館(展示室1・2・3)で展覧会「江戸の遊び絵づくし」が開催されます。 町人文化が花開いた江戸時代、浮世絵は大いに人気を博しました。浮世絵といえば、美人画、役者絵、名所絵という印象を持たれがちですが、様々...
清水寺・非公開寺院で開催中の桑田卓郎展「日々」、 音羽山清水寺(京都市)で8月25日(日)まで開催中... 音羽山清水寺(所在地:京都市東山区)では、8月25日(日)まで、春秋の一般公開を除いては非公開の塔頭寺院「成就院」と、「経堂」を会場に現代アートの展覧会を開催中です。 作家は桑田 卓郎氏。伝統的な陶芸の技術に、大胆な造形、ポップな色使いで現代的な感覚を加えた作品は、「一度見ると忘れられない」圧...
200点以上を一挙公開。凶悪犯罪者たちの作品を展示「シリアルキラー展」... 銀座のヴァニラ画廊では、ジョン・ウェイン・ゲイシーをはじめ、エド・ゲイン、テッド・バンディ、ヘンリー・リー・ルーカス、伝記映画も公開されたロニー・クレイ等、世界各国の凶悪犯罪を犯したシリアルキラーたちの作品展「シリアルキラー展」が2016年6月9日(火)から7月10日(日)の期間で開催されます。 ...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る