新たなトラウマ体験者が!?😱怪奇漫画家・日野日出志(73歳)が絵本デビュー

ホラー漫画家として知られる日野日出志(73歳)さんが絵本デビューすることがわかりました。絵本のタイトルは『ようかい でるでるばあ!!』です。表紙とページの一部が公開されていますが、期待に胸が高鳴る方が多いのではないでしょうか。

日野日出志さんは、怪奇漫画家、ホラー漫画家として1967年のデビューし、『蔵六の奇病』『地獄変』など数多くの怪奇や叙情的な世界を表現し、ホラー漫画界の重鎮として人気を確立しています。

今回の絵本は、2歳から5歳の子供向けと表記があるのですが、ファンでも充分にトラウマを味わえる内容となっていることが期待されます。

世代を超えて、日野日出志の放つ世界に新たなトラウマ体験者が生まれると思うと、胸熱ですね。発売は2019/6/27で、価格は1,296円です。楽しみですね。これを機に、日野日出志絵本をシリーズ化して欲しいですね。






公式Twitterでも、絵本の発売を告知されていますね。

『ようかい でるでるばあ!!』

ようかい でるでるばあ!!
寺井広樹
彩図社 (2019-06-27)
売り上げランキング: 772

日野日出志のこれまでの漫画作品

地獄変
グループ・ゼロ (2014-06-11)
日野日出志 泣ける!  怪奇漫画集
イカロス出版 (2018-05-14)
売り上げランキング: 182,365
蔵六の奇病
ゴマブックス株式会社 (2015-11-12)
地下室の虫地獄 (KCデラックス)
日野 日出志
講談社 (2017-08-23)
売り上げランキング: 81,714






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

世界的なデザイナー・彫刻家の五十嵐威暢... ニューヨーク近代美術館(MoMA)をはじめ、世界の美術館にコレクションされている作品を紹介する「五十嵐威暢と世界のコレクション」展。 本展では本年10月6日~11月25日に札幌芸術の森美術館で開催中の「五十嵐威暢の世界」展と連動し、実際に世界40か所ほどの美術館等にコレクションになっている、ポ...
日本写真史の入門書。写真家約70名の作品200余点収録した「日本写真史 1945-2017」が発売... 大型本「日本写真史 1945-2017 ヨーロッパからみた「日本の写真」の多様性」が青幻舎から2018/10/19に発売されます。本書は、写真評論家の飯沢耕太郎さん監修を務めたイギリスで生まれた日本写真史の入門書といえるもので、写真家約70名の作品200余点が掲載され、飯沢耕太郎さんが日本を代表する...
日本の伝統工芸士の巧みな技能が集結した舘鼻則孝の展覧会 「―NORITAKA TATEHANA RE... 9月に3日間限定で行いました展覧会、「NORITAKA TATEHANA RETHINKー舘鼻則孝と香りの日本文化ー」の大好評を受け、アーティストの舘鼻則孝は、2018年10月3日(水)から10月14日(日)の期間、「―NORITAKA TATEHANA RETHINK―THEORY OF THE ...
【日本初公開】ゴミか?芸術か?約100点を展示するバッドアート美術館展が11/22から開催... 「バッドアート美術館展」が2018年11月22日(木)~2019年1月14日(月・祝)の期間に東京ドームシティのGallery AaMo(ギャラリー アーモ)で開催されます。 バッドアート美術館とは、サマービル、ブルックライン、サウスウェイマスの3箇所に館が分けられている私設美術館で、「他のい...
【写真の撮り方】ノウハウを大公開!!「最高の一枚を写し出す写真術」が発売... 「こんな写真が撮れるのか」シリーズ第6弾である「物語と画作りで人を魅了する 最高の一枚を写し出す写真術」がインプレスから2019/1/11に発売されます。著者はフォトグラファーで文学研究者の別所隆弘さんです。別所隆弘さんは、この「こんな写真が撮れるのか」シリーズでなんども登場しているフォトグラファー...
銭湯マニア垂涎!!精密な俯瞰図で描く「銭湯図解」が発売... 小杉湯の番頭・イラストレーターで、ニュースサイトねとらぼの「えんやの銭湯イラストめぐり」でお馴染みの塩谷歩波(えんやほなみ)さんが著者の「銭湯図解」が2019/2/20に中央公論新社から発売されます。 本書は、「露天の王様」「銭湯建築のニューウェーブ」「泣きに行く銭湯」など、都内を中心に24軒...
     

SNSで更新情報を配信中!!