茅ケ崎市美術館で企画展「美術館まで(から)つづく道」が開催

茅ヶ崎市美術館で2019年7月14日(日)~9月1日(日)の期間に企画展「美術館まで(から)つづく道」が開催されます。

「美術館まで(から)つづく道」では、フィールドワークに参加した表現者が、実際に茅ヶ崎を歩いた体験をもとに創作し、視覚、聴覚、触覚、嗅覚などあらゆる感覚を用いて鑑賞する新たな作品を展開します。また、当館所蔵品の中から萬鐵五郎、小山敬三らによる茅ヶ崎を描いた作品も展示し、異なる時代を生きた表現者のイメージが交錯する場とします。

当館のまわりは、昔からの細い道が入り組んでいるため、「道に迷いやすい」と言われることがあります。
しかし、当館も参加する*MULPA(マルパ)というプロジェクトにおいて、ある弱視の方が、この複雑な美術館までの道のりを“むしろ迷路のように楽しんだ”と言ったのです。このことをきっかけに、私たちは次の試みをスタートさせました。当館周辺のエリアが抱える、道が複雑で分かりにくいという要素を、異なる認識、価値観から捉えることができ
ないだろうか︖そのヒントを探るべく、障害者やマイノリティと位置づけられることの多い人たちと取り組む*インクルーシブデザインの手法を用いたフィールドワークを、2018年から2019年にかけて連続的に行いました。

インクルーシブデザインとは、高齢者、障害者、外国人など多様な人々を、プロセスの最初から巻き込むデザイン手法のことです。

*マルパとは
(公財)かながわ国際交流財団の呼びかけにより、2016年より立ち上がったプラットフォーム型のアートプロジェクト。多様な人々・団体とつながりながら、定住外国人や障害のある方々の美術館へのアクセシビリティーを高めることが意識されている。
http://www.kifjp.org/mulpa/






展覧会「美術館まで(から)つづく道」チラシ

展覧会「美術館まで(から)つづく道」チラシ






展覧会「美術館まで(から)つづく道」展示作品

過去に開催されたフィールドワークの様子






開催期間:2019年7月14日(日)~9月1日(日)
場所:茅ヶ崎市美術館 展示室1・2・3
住所:神奈川県茅ヶ崎市東海岸北1-4-45

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

応挙に若冲、松園など幻のコレクションが展示!福田美術館開館記念 福美コレクション展開催!... 古来多くの貴族や文化人に愛され、芸術家たちがすぐれた作品を生み出す源泉となった嵯峨嵐山にて、福田美術館を2019年10月に開館することを記念して、「福美コレクション展」を開催いたします。 当館は「100年続く美術館」をコンセプトに、現代まで受け継がれてきた日本文化を次世代に伝え、さらなる発...
「食事する姿」をテーマにした写真展「もぐもぐ展」を デザインフェスタギャラリー原宿で10月26、27... もぐもぐ展製作委員会は、グラビアアイドルの東雲(しののめ)うみさんをモデルとして、「食べ物、飲み物をもぐもぐすること」をテーマにした写真展「もぐもぐ展」を、デザインフェスタギャラリー原宿にて、2019年10月26日(土)、27日(日)に開催します。 これまでにない取り組みとして、展示写真のAR...
【展覧会】上村松園の代表作「序の舞」ほか、上村松園・上村松篁の母子2代の名作を一挙公開... 近鉄グループの文化事業である松伯美術館では、2019年10月26日(土)から11月24日(日)まで、開館25周年を記念し、特別展「上村 松園」「上村 松篁」「『日本画の心』展 ~真善美を求めて~」を開催します。 松伯美術館は1994年(平成6年)に、上村家からの作品寄贈と近畿日本鉄道株式会...
【展覧会】可愛くて、ちょっぴりダークな不思議な世界。近未来(コンドウミク)の個展が中野で開催... 近 未来(コンドウ ミク)さんの個展「Alice in teeny slumber ~アリスのうたた寝~」が中野ブロードウェイ4Fにあるギャラリー リトルハイで2019年11月1日(金)~11月11日(月)(11月6日水曜休廊・12:00~19:00(最終日は17:00まで))の期間で開催されま...
【展覧会】「アート写真を身に纏って」 古着に作品を施して即売する写真展 若手フォトアーティストman... 2019年7月31日〜8月4日、大阪・江戶堀のギャラリー「BEATS GALLERAY」にて、若手フォトアーティスト manimanium(マニマニウム)の写真展「 nearly equal (ニアリーイコール)」を開催いたします。「手軽にアート写真を手にしてほしい」という想いから、同氏の人気作品...
【注目】2020年に向けてオリンピック・パラリンピックを振り返る!『Road to TOKYO!! ... 「東京2020オリンピック・パラリンピック」まであと1年を切り、いよいよ開幕が迫ってきました。 読売新聞社がこれまでに撮影した報道写真や号外、紙面のパネル約150点と、選手のユニホームや大会ポスターなど貴重な資料約130点で、東京1964大会からの各夏季大会を振り返る展覧会「Road to T...
     

SNSで更新情報を配信中!!