【展覧会】『山口蓬春 新日本画創造への飽くなき挑戦』が8月7日(水)より高島屋日本橋・大阪会場にて順次開催!

夏休みのお出かけは美術展で日本の伝統美を感じてみませんか。大正、昭和の画壇で新しい日本画の創造に力を尽くした山口蓬春(やまぐちほうしゅん)画伯の足跡をたどる回顧展「山口蓬春展 新日本画創造への飽くなき挑戦」が、8月7日(水)~19日(月)日本橋髙島屋、8月28日(水)~9月9日(月)大阪高島屋で開催されます。

初期から晩年までの代表作を集めた展示は、山口蓬春が常に新しい画風に挑み続け、新日本画の創造を目指してきたことが感じられます。

今回、山口蓬春の代表作である、「望郷」の本画・小下絵・小下図が初めて3作品同時展示されます。また、初期~晩年にかけての代表作を中心に50点ほどの作品が展示される他、蓬春が制作にうちこんだ画室の再現コーナーも設置されます。日本画の新しい描き方に常に挑戦し続けた山口蓬春の姿勢と、今も色あせない造形感覚をぜひ感じてください。

山口蓬春展 新日本画創造への飽くなき挑戦|高島屋






山口蓬春「望郷」 1953年(昭和28年)

山口蓬春「佐与利」 1951年(昭和26年)

山口蓬春「夏影」 1963年(昭和38年)

展覧会の動画






■山口蓬春の展覧会の詳細

会期・会場:
・日本橋髙島屋 S.C.本館 8階ホール
2019年8月7日 (水)~19日(月) 午前10時~午後7時(午後7時30分閉場)
※最終日8月19日(月)は午後5時30分まで(午後6時閉場)

・大阪髙島屋 7階グランドホール
2019年8月28日(水)~9月9日(月) 午前 10時~午後7時30分(午後8時閉場)
※8月30(金)・31日(土)は午後8時まで(午後8時30分閉場)
※最終日9月9日(月)は午後4時30分まで(午後5時閉場)

■入 場 料:
大人800円、大学・高校生600円、中学生以下無料
※前売り券はローソンチケットにて、お求めいただけます。

■URL:
https://www.takashimaya.co.jp/store/special/event/hoshun.html

山口蓬春の作品集

アサヒグラフ別冊 第28号 美術特集:山口蓬春
山口蓬春
朝日新聞出版
売り上げランキング: 902,296
現代日本の美術〈5〉鏑木清方,山口蓬春 (1976年)
座右宝刊行会
集英社
売り上げランキング: 896,021
特別展 山口蓬春 新日本画への軌跡 <図録>
編集-山口蓬春記念館松 木理沙、岡田修子。 渋谷松濤美術館 瀬尾典昭。
山口蓬春美術館 渋谷区立松濤美術館
売り上げランキング: 2,036,645

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【必見】2019年に絶対見逃せない要注目の展覧会[随時更新]... 絶対見逃せない!!オススメの展覧会を厳選して紹介します。人気画家の最新の個展、海外の美術館から来日する名作の数々を展示する展覧会など、どう考えても見逃せない展覧会をピックアップしています。 東京の展覧会や、また美術館や博物館が密集している上野の美術館、六本木近辺の美術館・ギャラリー情報またはイ...
再評価の機運高まる耽美世界、 金子國義の回顧展が銀座で開催。 希少な初期の油彩作品を一堂に... 弥栄画廊 銀座店で、金子國義の回顧展を8月23日(金)~9月8日(日)の期間で開催します。 金子國義は1965年に澁澤龍彦との知遇を得て、銀座の青木画廊にて鮮烈なデビューを果たしました。その高評を決定付けたのは、1974年にイタリアのオリベッティ社から依頼された絵本『不思議の国のアリス』が挙げ...
「受胎告知」に発想を得た絵画「爆発するマリア」やガラス作品などの展示会を9~11月に銀座にて開催... 2019年9月27日(金)から10月12日(土)まで、「狩野宏明展 -爆発するマリア-」を開催いたします。狩野宏明は筑波大学で博士号を取得後、文化庁の海外研修でフィレンツェに2年間滞在、現在は制作をしながら奈良教育大学の准教授として活躍している大変優秀な作家です。 
 本展では、15世紀イタリア...
世界的銅版画家・中林忠良の代表的作品約100点を一堂に展示。O美術館企画展を10月18日(金)から開... 公益財団法人品川文化振興事業団(所在地:東京都品川区、理事長:中川原史恵)は、「O(オー)美術館」(東京都品川区、館長:鳥山玲)において、10月18日(金)から期間限定で世界的銅版画家 中林忠良の代表的作品約100点を一堂に展示する「中林忠良銅版画展―腐蝕の旅路―」を開催いたします。 
 中林忠...
「不思議の国のアリス展」が全国巡回。シュヴァンクマイエルに清川あさみ、アーサー・ラッカム 、草間彌生... イギリスの作家ルイス・キャロル(Lewis Carroll )(1832-1898)の「不思議の国のアリス」は、1865年に出版されてからすでに150年以上の月日が流れてもなお絶えることなく読み継がれている物語です。多くの人々に、また多くのアーティストやクリエイターに影響を与え続けています。すでに1...
【10/12〜】日本画家・栗原永輔の個展「闇の中の光」が孔雀画廊で開催... 10/12(月・祝)〜10/18(日)の期間で日本画家・栗原永輔の個展「闇の中の光」が孔雀画廊にて開催されます。 前回、開催された個展では赤々とした龍たちが黄色い線光は火花のように描かれていました。迫力ある画面と線描がとても印象的でした。 今回は、向日葵がモチーフとなっており、龍の力強さ...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る