世界的銅版画家・中林忠良の代表的作品約100点を一堂に展示。O美術館企画展を10月18日(金)から開催

公益財団法人品川文化振興事業団(所在地:東京都品川区、理事長:中川原史恵)は、「O(オー)美術館」(東京都品川区、館長:鳥山玲)において、10月18日(金)から期間限定で世界的銅版画家 中林忠良の代表的作品約100点を一堂に展示する「中林忠良銅版画展―腐蝕の旅路―」を開催いたします。

中林忠良氏は、品川区大井山中町(現・大井3丁目)で生まれ、幼少期を品川区で過ごしました。本展覧会では、代表的作品約100点を展示する他、腐蝕銅版画の作品成立過程や素材・道具へのこだわり、そこから派生する社会的貢献や教育スタンス、印象派有縁のフランス渡来プレス機やミュージシャンコーネリアス・小山田圭吾氏との関わりなど人間・中林忠良の存在が持つ多面的な魅力と影響力を紹介いたします。






「中林忠良銅版画展―腐蝕の旅路―」チラシ

中林忠良『囚われる日々V』






O美術館外観

中林忠良

■概要
期間: 令和元年10月18日(金)~11月20日(水) 期間中無休
    10:00~18:30(最終入館 18:15)
    ※18日(金)10:00~レセプション・内覧会 13:00~一般公開
会場: O美術館(大崎駅前/東京都品川区大崎1-6-2 大崎ニューシティ2F)
    JR線・りんかい線大崎駅(北改札口・東口)下車徒歩1分
    東急バス(大井町駅-渋谷駅)大崎駅下車徒歩1分
内容: 東京藝術大学絵画科油画専攻入学当時の油彩画に始まり
    版画との運命的な出会い、60余年に及ぶ創作の代表作品約100点を
    時間軸に沿って展示する。会場はテーマごとに8つのゾーンに分類。
    中林氏の創作表現の変遷を辿る。
主催: 品川区/公益財団法人品川文化振興事業団
入場: 無料
HP : http://www.shinagawa-culture.or.jp/o-art_2019

■中林忠良 略歴
1937年 東京府品川区大井山中町に生まれる
1959年 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻入学
1963年 東京藝術大学卒業 東京藝術大学大学院美術研究科版画専攻 入学
1965年 東京藝術大学大学院修了
1973年 第四回版画グランプリ展でグランプリ受賞
1975年 文部省派遣在外研究員としてパリ国立美術学校、
    ハンブルグ造形芸術大学で研修(~76年)
1986年 ソウル国際版画ビエンナーレ国際大賞受賞
1989年 東京藝術大学教授就任
2003年 紫綬褒章を受章
2014年 瑞宝中綬章を受章
現在  東京藝術大学名誉教授、大阪芸術大学客員教授、
    京都造形芸術大学客員教授、日本美術家連盟常任理事、
    日本版画協会理事

■展示
テーマごとに8つのゾーンに分類。中林氏の創作表現の変遷を辿る展示内容となっています。

A はじめの一歩 1960-1966
油画と銅版画 銅版画事始め 岐路を超えて

B 一里塚 青春の軌跡 1971-1975
試行錯誤の連鎖 社会・思念・版との格闘から自己表現へ

C 原点への回帰 1976-1977
浮遊感の払拭 存在への自覚 薬剤による疾患と克服

D 逍遥と拾い物 1974-
文学と色彩・言葉への傾斜 自然への挨拶

E 覚醒の視線 1988-1992
立ち位置への道程 地との対峙 初源への憧憬

F 自然との交感 2004-2016
黒と白の相克と調和 二律背反の形象化 3.11 自然の前で

G 地よ光よ 2016-
光よ、もっと光よ 彼方の水音 風の奏で 再び腐蝕への階(きざはし)

H 日本の銅版画を道標として 1972-
反省と見直し 素材へのまなざし アニミズム 継承と発展


■映像上映
品川区広報番組「しながわのチ・カ・ラ」(10分) 制作:品川区 2019年9月
「版画の技法と表現―銅版画」(24分) 制作:町田市立国際版画美術館 1986年


■アーティストギャラリートーク
【第1回】中林忠良氏による作品解説
日時:2019年10月26日(土) 14:00~15:30

【第2回】中林忠良氏と李美那氏によるクロストーク「腐蝕の内と外:制作の契機を聞く」
日時:2019年11月1日(金) 18:30~20:00

<参加方法※事前申し込み制>
申し込み方法:メール、ファックス、電話
       (1)住所 (2)氏名 (3)電話番号 (4)参加希望日 を明記
定員    :先着 約50人※空きがあれば当日も受付


■李美那氏プロフィール
1966年東京生まれ。静岡県立美術館、神奈川県立近代美術館の学芸員を経て、現在は東京藝術大学大学院グローバル・アート・プラクティス専攻准教授。


■O美術館概要
名称  : O美術館
館長  : 鳥山玲
展示室 : 約365m2・最大壁面長約129m
所在地 : 〒141-0032 東京都品川区大崎1-6-2 大崎ニューシティ2F
設立  : 1987年(昭和62年)年4月
事業内容: 美術館運営、企画展実施
URL   : http://www.shinagawa-culture.or.jp/


■事業団概要
名称  : 公益財団法人品川文化振興事業団
理事長 : 中川原史恵
所在地 : 〒140-0001 東京都品川区東大井5-18-1
設立  : 1986年(昭和61年)2月
事業内容: 品川区における文化芸術・生涯学習の振興に関する事業
URL   : http://www.shinagawa-culture.or.jp/

もう一つの彩月―絵とことば
中林 忠良
玲風書房
売り上げランキング: 1,035,236
中林忠良の銅版画 (アート・テクニック・ナウ)
中林忠良
河出書房新社
売り上げランキング: 1,273,897
Cornelius×Idea: Mellow Waves
Cornelius×Idea: Mellow Waves

posted with amazlet at 19.08.01
誠文堂新光社
売り上げランキング: 50,689

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【展覧会】遊び絵の世界を堪能!!遊び心あふれる浮世絵111点が集結!!... 2019年9月7日(土)~11月4日(月・休)に期間に神奈川県茅ヶ崎市にある茅ヶ崎市美術館(展示室1・2・3)で展覧会「江戸の遊び絵づくし」が開催されます。 町人文化が花開いた江戸時代、浮世絵は大いに人気を博しました。浮世絵といえば、美人画、役者絵、名所絵という印象を持たれがちですが、様々...
263点を展示。画業の全貌を紹介した展覧会「芳年-激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」... 練馬区美術館で2018年8月5日(日)~9月24日(月・休)の期間に幕末から明治前期にかけて活動した浮世絵師、月岡芳年の展覧会「芳年ー激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」が開催されます。 本展は、西井正氣氏がコレクションする選りすぐりの作品263点が展示され、月岡芳年の画業の全貌を紹介した展覧会と...
デヴィッド・リンチの版画展が渋谷ヒカリエで1/18から開催。新作の版画を展示... 「デヴィッド・リンチ版画展」が渋谷ヒカリエにある8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Galleryで、2018年1月18日(木)〜2月12日(月)の期間で開催されます。 「イレイザーヘッド」や「ロスト・ハイウェイ」、「マルホランド・ドライブ」など数々の名作を世に送り出して...
残した作品は僅か30点。銅版画家・清原啓子の没後30年を記念した展覧会... 「没後30年 銅版画家 清原啓子」展が八王子市夢美術館で2017/11/11(土)~2017/12/14(木)の期間で開催されます。 清原啓子(1955-1987)は31歳という若さでこの世を去り、残した作品は僅か30点。本展では全作品と未発表の資料に加え、影響を受けたギュスターヴ・モロー、オ...
【展覧会】上村松園の代表作「序の舞」ほか、上村松園・上村松篁の母子2代の名作を一挙公開... 近鉄グループの文化事業である松伯美術館では、2019年10月26日(土)から11月24日(日)まで、開館25周年を記念し、特別展「上村 松園」「上村 松篁」「『日本画の心』展 ~真善美を求めて~」を開催します。 松伯美術館は1994年(平成6年)に、上村家からの作品寄贈と近畿日本鉄道株式会...
【10月12日〜】齋藤芽生「斎藤芽生とフローラの神殿」目黒区美術館... 2019年10月12日より目黒区美術館で画家齋藤芽生さんの展覧会「齋藤芽生とフローラの神殿」が開催されます。緻密な描写で独創的な世界観を描き続けてきた齋藤芽生さんの初期作品含む約100点の作品が一堂に会します。 さらに齋藤芽生さんの作品に加え、植物図鑑の至宝と言われる19世紀「フローラの神殿」...
     

SNSで更新情報を配信中!!