「受胎告知」に発想を得た絵画「爆発するマリア」やガラス作品などの展示会を9~11月に銀座にて開催

2019年9月27日(金)から10月12日(土)まで、「狩野宏明展 -爆発するマリア-」を開催いたします。狩野宏明は筑波大学で博士号を取得後、文化庁の海外研修でフィレンツェに2年間滞在、現在は制作をしながら奈良教育大学の准教授として活躍している大変優秀な作家です。

本展では、15世紀イタリアの画家フランチェスコ・デル・コッサの「受胎告知」に発想を得て作品を制作しています。狩野は「受胎告知」を画集で眺めていた時、大天使ガブリエルの身振りが、何かのボタンを押しているように見えたといい、ガブリエルのその行為をきっかけに、画中に描かれた聖母マリアが大爆発を起こす、というヴィジョンの着想を得たようです。副題ともなっている《爆発するマリア》には、決して破壊や暴力といった爆発ではなく、想像的で生命力を持った爆発を意味しています。また、《ボタンを押すガブリエル》は「選択」と「賭け」の象徴とし、唯一の現実を生み出すと同時に、無数の可能世界を生み出す分岐点となるこの「選択」と「賭け」を肯定的に表現することができないか試みています。

「私は《ボタンを押すガブリエル》と《爆発するマリア》を主なモチーフとした本展の作品群において、様々な課題を抱えながらも日々の「選択」と「賭け」によって、無数の可能世界の中からこの唯一の現実世界を協働して作り上げている生命の躍動と連関を表すことを試みている」という狩野の大作を含む約15点の新作展です。
















この記事に興味のある方はこちらもオススメです

2/22(土)【猫の日】スタート!!台湾の猫描き作家「チン・ペイイ個展」が開催... 銀座にある画廊、秋華洞(しゅうかどう)で2020年2月22日(土)~3月4日(水)の期間に台湾の猫描き作家「チン・ペイイ個展」が開催されます。 猫と暮らし、猫を描く-。東洋一の猫描き作家、チン・ペイイ(陳 珮怡)待望の個展。愛猫との暮らしから紡ぎ出される様々な猫の表情。細密に描かれた絨毯と...
【展覧会】 パリが生んだ苦悩の画家 モーリス・ユトリロが描く美しくも哀愁漂うパリの風景画などを展示!... モーリス・ユトリロ(1883-1955)の没後65年を記念し、「没後65年 モーリス・ユトリロ展」が、下記の日程で各地で開催されます。 2020年3月4日(水)~15日(日) 日本橋髙島屋 2020年3月18日(水)~4月6日(月) 京都髙島屋 2020年5月23日(土)~6月8日(月...
【展覧会】日米の「夢二式美人」が初対面! 「生誕135年 竹久夢二展 ―幻想の美 秘められた謎―」... 大正ロマンを象徴する詩人画家・竹久夢二。生誕135年・没85年を記念した展示会が2020年3月4日(水)~15日(日)京都髙島屋、3月18日(水)~30日(月)横浜高島屋、4月8日(水)~4月19日(日)大阪髙島屋、5月13日(水)~5月25日(月)日本橋髙島屋で開催されます。 竹久夢二は...
【展覧会】若冲に、夢チューです!『京都の若冲とゆかりの寺-いのちの輝き-』 髙島屋 京都・大阪会場に... 日本美術ブームを牽引する江戸時代の奇想の画家・伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)。没後220年を記念して、若冲が生涯のほとんどを過ごした京都に伝わる作品を一堂に集めた展覧会、「京都の若冲とゆかりの寺-いのちの輝き-」が以下の日程で開催されます。 京都髙島屋:2020年1月4日(土)~20日(月...
海外にもコレクターが多く注目を集める城田圭介の展覧会が茅ヶ崎市美術館で開催... 写真と絵画を用いた独自な表現手法で知られ、海外にもコレクターが多く注目を集めているアーティスト、城田圭介の国内の美術館における初めての個展「城田圭介 -写真はもとより PAINT, SEEING PHOTOS-」が茅ヶ崎市美術館で2019年12月14日(土)〜2020年2月11日(火・祝)の期間...
【入場無料】河鍋暁斎の展覧会「We love 暁斎」が銀座で開催(11/8〜)... 河鍋暁斎の展覧会「We love 暁斎」が銀座の銀座の画廊、秋華洞(しゅうかどう)で、2019年11月8日(金)〜17日(日)の期間に開催されます。入場無料、期間中無休ですので、この機会にご覧ください。 関連の記事はこちら 【1】奇想の天才絵師・河鍋暁斎の描いた幽霊画 【2】河鍋暁斎の...
     

SNSで更新情報を配信中!!