また現れた!!人々を困惑させる奇妙すぎるオブジェ作品「Quasi」

以前、ご紹介したニュージランド出身のアーティストRonnie Van Hout(ロニー・バン・ハウト)(1962-)の作品「Quasi」(2016年)が、今度はニュージーランドのウェリントン市立美術館(The City Gallery Wellington)の屋上に出現しました。

2016年からChristchurch Art Gallery(クライストチャーチ・アートギャラリー)に設置されたインスタレーション作品ですが、今月の19日からウェリントン市立美術館に設置されることになりました。

やはり、ウェリントン市立美術館でも「一体何なの?」、「悪夢」、「恐ろしい」、「とても不気味」と声があがっていますが、また逆に、「恐ろしいけど大好き!」、歓迎している声も上がっており、賛否両論が巻き起こっています。

何度みても奇妙なオブジェですね・約5mの高さでフランス・ロマン主義の詩人、小説家で、「レ・ミゼラブル」で有名なヴィクトル・ユーゴーの「ノートルダム・ド・パリ」のせむし男カジモド(Quasimodo)から着想を得ているようです。タイトルの「Quasi」はカジモドから来ているようです。

3年間、この屋上に展示されます。次は、日本にも来て欲しいですね!

関連の記事はこちら

【1】芸術的再構成。骨を3Dプリンターで印刷して美しく組み上げた不気味な美しさを持つ作品
【2】「死」の象徴。頭蓋骨をモチーフにした現代アート作品まとめ
【3】飛び出した肉片を連想させる。動物の剥製を使ったグロテスクなアート作品
【4】電子部品で現代的曼陀羅を表現したアート作品「Technological mandala」
【5】ファンジー感溢れるブックカバーが素敵。これは魔法を唱えたくなる!






相変わらずの出で立ちには脱帽ですね。貫禄が増して見えるのは、気のせいではないと思います(笑)

待機中の「Quasi」さん

ヘリコプターで搬入される「Quasi」さん






Christchurch Art Gallery(クライストチャーチ・アートギャラリー)に設置された光景






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

お値段は約3万円!!スタジオジブリ×竹谷隆之による究極の王蟲フィギュアが発売... スタジオジブリ×竹谷隆之による究極の『王蟲』が2019年9月30日(月)から予約開始され、株式会社千値練(せんちねる)から2020年4月に発売されます。 宮崎駿監督による「風の谷のナウシカ」に登場する「王蟲」フィギュアがタケヤ式自在置物となり、32,000円(税別)で販売され、サイズは全長...
【展覧会】可愛くて、ちょっぴりダークな不思議な世界。近未来(コンドウミク)の個展が中野で開催... 近 未来(コンドウ ミク)さんの個展「Alice in teeny slumber ~アリスのうたた寝~」が中野ブロードウェイ4Fにあるギャラリー リトルハイで2019年11月1日(金)~11月11日(月)(11月6日水曜休廊・12:00~19:00(最終日は17:00まで))の期間で開催されま...
【必見】2019年に絶対見逃せない要注目の展覧会[随時更新]... 絶対見逃せない!!オススメの展覧会を厳選して紹介します。人気画家の最新の個展、海外の美術館から来日する名作の数々を展示する展覧会など、どう考えても見逃せない展覧会をピックアップしています。 東京の展覧会や、また美術館や博物館が密集している上野の美術館、六本木近辺の美術館・ギャラリー情報またはイ...
清水寺・非公開寺院で開催中の桑田卓郎展「日々」、 音羽山清水寺(京都市)で8月25日(日)まで開催中... 音羽山清水寺(所在地:京都市東山区)では、8月25日(日)まで、春秋の一般公開を除いては非公開の塔頭寺院「成就院」と、「経堂」を会場に現代アートの展覧会を開催中です。 作家は桑田 卓郎氏。伝統的な陶芸の技術に、大胆な造形、ポップな色使いで現代的な感覚を加えた作品は、「一度見ると忘れられない」圧...
折り紙から盆栽が!?美しい和の立体切り絵!濱直史の展覧会「和ンダフル!~BONSAI ORIGAMI... 濱直史(はま なおふみ)さんの個展「和ンダフル!~BONSAI ORIGAMI~」が中野ブロードウェイ4Fにあるギャラリーリトルハイで2019年9月13日(金)~9月24日(火)(9月18日水曜休廊)の期間に開催されます。 切り絵した紙を、折り、重ね、組み立てることにより立体的な作品に仕上げた...
【展覧会】企画展Vol.37身近にあったジャポニスムとアール・デコ ~アダチヨシオコレクシォンより~... 2019年4月16日(火)~2019年7月31日(水)の期間に東京の目黒区にあるアクセサリーミュージアムで、「企画展 Vol.37 身近にあったジャポニスムとアール・デコ ~アダチヨシオ コレクシォンより~」が開催されています。 「ジャポニスム」「アール・デコ」 この言葉を聞いてどのような...
     

SNSで更新情報を配信中!!